長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

オー くわばらくわばら !

千年に一度の巨大地震の世紀になる?

東日本大震災規模とされる平安時代の貞観(じょうがん)地震(869年)や
関東直下型地震東海・東南海・南海地震の3連動とみられる仁和(にんな)地震など
9世紀に起きた地震が、阪神大震災(平成7年)以降の地震の状況と酷似していることが、
産業技術総合研究所の寒川(さんがわ)旭・招聘(しょうへい)研究員(地震考古学)
の分析でわかった。
近い将来に首都圏直下型や3連動型地震が起きる可能性が高いとの見解を示し、
「千年に一度の巨大地震の世紀になるかもしれない」と警鐘を鳴らす。

寒川氏は、古代以降の文献史料とともに、各地の遺跡で発掘された地割れや
液状化現象による噴砂などの地震痕跡を調査。9世紀前半に関東北部や
東北などでマグニチュード(M)7前後の地震が相次いだ後、
貞観地震が発生していることを確認した。

貞観地震は当時の歴史書「日本三代実録」に、
「海は猛(たけ)り吼(ほ)え、津波が怒濤のように多賀城下に押し寄せ、
千人がおぼれ死んだ」と記述。
当時の海岸から約5キロ内陸の多賀城跡(宮城県多賀城市)周辺では
道路が寸断された跡が見つかり、
仙台市などでは津波で運ばれた堆積物もあった。

878年には関東南部でM7以上の直下型地震が発生。
887年の仁和地震では、日本三代実録に「都(京都)の建物は倒壊し、
圧死する者多数。海岸には海潮(津波)が押し寄せ、無数の人がおぼれ死んだ。
大阪湾岸も津波被害が甚大だった」と記録。
東海から四国にかけて甚大な被害があったという。
[PR]
by kfujiken2 | 2011-08-28 06:46 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ