長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

「糖尿病」ってどんな病気?  その③

【恐ろしい合併症】

糖尿病の恐ろしい点は、適切な治療をせずに高血糖の状態を放っておくことで、
全身に様々な合併症が現れるところです。
中でも代表的なのが、網膜症・腎症・神経障害で、糖尿病の3大合併症と言います。

◆ 糖尿病性網膜症

  高血糖によって血行が悪くなり、眼底にある網膜の毛細血管に障害が起こります。
  眼底出血、硝子体出血、網膜剥離などにより段々視力が低下し、
  更に進行すると失明の恐れもあります。初期のうちは殆ど自覚症状がないので、
  気付いた時は手遅れというケースもあります。

◆ 糖尿病性腎症

  高血糖が続くと、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が傷つき、
  腎臓のろ過機能が悪化します。発見が遅れると腎機能が低下し、
  やがて人工透析を受ける必要が出て来ます。
  現在、新たに人工透析導入の原因となる疾患の第一位が糖尿病性腎症です。

◆ 糖尿病性神経障害

  合併症の中で最も早く現れる症状で、高血糖のために神経が侵されて起こります。
  神経には運動神経系、感覚神経系、自律神経系の3種類の神経があるため、
  手足の痺れや痛み、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、皮膚の潰瘍、壊死、
  筋肉の萎縮、筋肉の低下や胃腸の不調、ED(性機能障害)など症状は色々。
  進行すると治療が難しいので、気付いたら直ぐに治療を始めます。

◆ その他の合併症

  この他に発生頻度は少ないのですが、意識が薄れて昏睡に陥る糖尿病性昏睡、
  細菌やウィルスに対する抵抗力が弱り、風邪や肺結核と言った各種感染症に
  かかりやすくなるなど、多くの合併症があります。
  もう一つ忘れてはならないのが動脈硬化症。
  3大合併症は直接死因に結び付くことは少ないのです。
  動脈硬化症は死因に繋がります。心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を
  引き起こす原因は動脈硬化症であり、糖尿病患者が動脈硬化症になる確率は、
  糖尿病患者でない人の2倍以上とリスクが大きいのです。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-03 14:29 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ