長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

住みよい街とはどんな街・・・ その② 5つのカテゴリー

全てを完ぺきに満たす街というのはないけれど...

どんな街が住みよいなのか、という問題は、
どんな街に住みたいか、ということにも密接に関係していると思います。
例えば、子育てをしやすい街なのか、生活するのに便利な街なのか、
自然が多い街なのか、安心・安全な街なのか、などなど。。。

街にはそれぞれ特色があり、全てを完ぺきに満たす街、
というのは残念ながら存在しないでしょう。
とはいえ、理想に近い街というのは存在すると思います。


東洋経済が発表する「住みよさランキング」では、
総合評価とともに、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の
5つのカテゴリーにおいてもランキングを行っている。


下松市は、東洋経済新報社の全都市「住みよさランキング2010年版」で
中国・四国地方で1位、全国で41位です。
臨海工業都市として発展した下松市は、
近年は大型ショッピングモールが相次ぎ開業し、
隣接する周南市や光市などを含めた商圏の中心に成長、
「利便度」では全国6位とトップクラスにあることが貢献している。

d0061579_841845.jpg


ただし、2009年度は全国18位でしたから、大幅に下がっています。
2010年度は、2009年度と比較して、
「安心度」の順位下落が総合評価の下落に大きく影響しているのがわかります。

d0061579_8431722.jpg


◆ 「安心度」は、病院・一般診療所病床数(人口当たり)、
介護老人福祉施設・介 護老人保健施設定員数(65歳以上人口当たり)、
出生数(15~49歳女性人口当た り)が算出指標になります。
さらなるランキングアップを目指すには、
医療・介護・少子化対策の充実が課題となります。

d0061579_8465517.jpg


まさしく「独自」の指標ですね~
住みやすさの指標が全く的を得ていないから、実感と全く違う傾向になっている・・・

[PR]
by kfujiken2 | 2011-09-25 08:54 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ