長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

東京大学の教授が、とんでもない事を発表した!

首都圏で4年以内に大地震の可能性70%

東日本大震災から1年近く経った今もまだその傷が癒えない日本にとって、
衝撃的な研究結果が23日発表された。
ネオン瞬く都心も含めた南関東地域で4年以内に大地震が発生する可能性が
70%というのだ。
東京大学地震研究所の平田直教授(観測地震学)らが、
マグニチュード(M)7級の首都直下型地震が発生する確率は
4年以内で70%とする衝撃の研究結果をまとめた。
これまで政府の地震調査研究推進本部(地震本部)は
地震発生確率を30年以内に70%程度としてきたが、
マグニチュード(M)9という日本史上最大の東日本大震災で
地震活動が活発化したため、発生リスクが大幅に高まったというのだ。

4年で70%といえば、今後30年で88%とされる東海地震の発生確率よりも高い。
首都圏は今後4年以内に、3・11とは比べものにならない被害に見舞われてしまうのか。

東京大学地震研究所によれば、1つの地域における大地震の起きる確率と
小規模地震(M3~6)の発生回数は比例する。
つまり、小規模地震の頻度が高いほど、壊滅的な大地震が発生する確率が増すことになる。

気象庁の観測データに基づき、地震研は、3月11日以来、
M6以下の地震の発生回数が今も首都圏で5倍以上に増えたと報告している。
3月11日から11年末までに日本で発生したM5以上の地震は合計577回で、
気象庁が観測した1996年~ 2011年末までの年平均回数の約4倍だ。

※ 南関東とは、利根川以南である中南部地域一帯
   (千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県)1都3県域を指す場合が多い。

[PR]
by kfujiken2 | 2012-01-29 07:10 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ