長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

養命酒製造株式会社が、面白いテレビCMをしています。

健康知識として「上手に年齢を重ねる東洋医学の知恵」と題して、
女は7の倍数、男は8の倍数の年齢は、健康に大切なキーワードなのだそうです。


d0061579_6444476.jpg

d0061579_6451281.jpg


『黄帝内経(こうていだいけい)』

いまから二千年前に書かれた、東洋医学の教科書ともいえる文献『黄帝内経(こうていだいけい)』には、
「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢で、からだに変化が訪れると記されています。

これは成長や加齢にともなう体調の周期的変化を、多くの経験則からまとめた知見で、
現代人とも多くの一致点がみられます。

女性は7の倍数、男性は8の倍数が「節目の年齢」。その年齢になったら病気の手前とされる
「未病(みびょう)」の症状がないか、自分や家族の健康状態をよく知ることが大切です。

●節目年齢には個人差がありますので、表示の年齢はあくまでも目安です。

黄帝内経による人の体の変化では、女性は49歳で閉経を迎えるとあります。
現代の女性の一般的な閉経年齢も50歳前後でほとんど変わりません。
女性の体が28歳、男性が32歳でピークを迎えるという点においても、現代の医学的な認識とほぼ同じで、
医学が日進月歩している現代においても、二千年前の体の変化が当てはまることが分かります。

【東洋医学に見る「老化」の2つの流れ】

東洋医学では、「老化」の状態を2つの流れで捉えています。
1つは、「陽(よう)から陰(いん)」への流れです。古代中国では万物を「陰」と「陽」に分けて様々な現象を捉えてきました。
この陰陽論は医学にも用いられ、東洋医学では、新陳代謝が活発で、
体が熱を発することができる状態を「陽」、体の一部または全部の新陳代謝が低下し、
体が冷えて寒さに弱くなる状態を「陰」と考えています。

もう1つの流れは、「実(じつ)から虚(きょ)」への流れで す。
「実」とは、体格がよく、積極的で疲れにくく、胃腸が強い状態のことをいい、
一方、「虚」は華奢な体格や水太り、消極的で疲れやすく、胃腸が弱い状態のことを指しています。

歳をとるに従い、誰でも「陽から陰」、「実から虚」に向かっていくと考えられています。
その背景には、体の臓器そのものの機能が衰えることと、それぞれの調整力が低下することが関係しています。
d0061579_6414022.jpg
d0061579_6425187.jpg
d0061579_6555780.jpgd0061579_6563322.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2012-05-30 08:38 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ