長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

なぜ秋になると葉は赤く染まるのか

今年も紅葉の季節がやってきた。
秋になると耳にする「紅葉前線」や「紅葉狩り」。いずれの言葉にも,赤く色づいた葉を意味する
「紅葉」が入っている。しかし色づくのは赤色だけではない。
読み方は同じだが,黄色く色づいた葉を意味する「黄葉」も秋を象徴するものだ。
それぞれを代表するのは,紅葉ではモミジ,黄葉ではイチョウであろう。

葉の色が赤や黄にかわるのは,落葉する前におきる,葉の老化現象の一つであると考えられている。それでは,なぜ老化すると色がかわるのだろうか?


d0061579_126283.jpg


そもそも,なぜ多くの植物の葉は若いときは緑色をしているのだろうか。
これは,葉の中にある「葉緑体」が行う光合成と関係がある。光合成とは,光を利用して,二酸化炭素と水から,糖をつくりだすことである。光の中でも,植物が使うのは赤色や青色の光である。
残った緑色の光は,使われずに葉の表面で反射してしまう。
そのため,私たちの目には葉が緑色に見えるのだ。
 
光を受け取ったり反射したりしているのは,葉緑体にある「クロロフィル」という色素である。
葉の老化が進むと,クロロフィルは分解されていきます。クロロフィルの分解が進むと葉の緑色は
薄まる。
そのかわり,葉に含まれていた別の色素の色が目立つようになる。
それが,黄色の光を反射する「カロテノイド」色素だ。

d0061579_1216672.jpg


若い葉に含まれているクロロフィルの量はカロテノイドの約8倍多いため,春から夏の間は,
黄色はかくされていて見えない。老化が進むといずれの色素も分解されるが,カロテノイドの方が
分解速度が遅いため,葉はだんだんと黄色に変化する。イチョウの葉はこうして色づくのだ。

では,モミジの赤色も最初はクロロフィルにかくされていたのだろうか?
実はそうではない。赤色は,新たにゼロからつくりだされるのだ。
つくりだされるのは,「アントシアン」という色素である。糖やアミノ酸から合成され,
細胞内の「液胞」という袋にためられる。

[PR]
by kfujiken2 | 2012-11-14 12:20 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ