長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

エロティックな映画 「愛のコリーダ」

昭和史に残る「阿部定事件」を題材に、男女の愛欲の極限を描く。
早い話が、惚れた男と愛欲に溺れ、その果てに男を殺し男性器を切り取った
という有名な昭和の猟奇事件です。


d0061579_8452881.jpg


日本初のハードコア撮影(要するに疑似ではなく、本番をしている)という事も有り、
当初からスキャンダル含みの映画でした。日本でも『芸術かワイセツか』と論争になり、
三一書房から出版された書籍『愛のコリーダ』は、わいせつ図画販売・同幇助の疑いで
告発されたりと、色々と物議をかもしました。

残念な事に日本では“問題部分”に大幅なカットとボカシが入れられた、
いまいちよく分からない映画という印象のものでの公開となりました。
もっとも本編の8割がセックスシーンであったりもするので、
内容よりもスケベ心で観た人には、そんなもので十分、だったのかなという気はします。

[PR]
by kfujiken2 | 2013-01-16 08:49 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ