長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

没後50年 松林桂月展 ‐水墨を極め、画中に詠う

お盆休み利用して久し振りに【山口県立美術館】に行って来ました。
以前は年に数回観に行っていたのですが、ここ6~7年雑用が多くその気になれなかった!


郷土が生んだ日本南画界の重鎮「松林桂月」

d0061579_6173791.jpg

d0061579_620428.jpg


松林桂月は、1876年萩に生まれ、明治・大正・昭和を生きた近代日本画の巨匠です。
格調高く気品あふれるその作品は、早くから画壇に認められ、
人々の圧倒的な支持を得ました。
なかでもニューヨーク万博に出品された「春宵花影」は絶賛され、
近代日本画を代表する傑作のひとつに数えられています。
他の追随を許さない高度な水墨技術。独特の叙情的な作風。
文化勲章を受章した天才日本画家の、豊かな芸術世界を堪能しました。


d0061579_6204489.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2013-08-20 06:21 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ