長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

映画「OYAKO」下松市での撮影はじまる

アメリカ人写真家ブルース・オズボーンさんが手掛ける映画「OYAKO(おやこ)」が、
21日下松市でクランクインし、出演者らの記者会見した。
「OYAKO」は神奈川県在住のオズボーンさんが日本の親子をテーマに製作しているもので、
ドキュメンタリーやショートムービーなどで構成される。
下松市での撮影は下松フィルム・コミッションが誘致したもので、
ショートムービーには俳優だけでなく、多くの下松市民が出演する。
物語の中心人物となる「家族の母親役」を演じるのは下松市末武在住の競艇選手・佐々木裕美さん(33)、息子役には長男の凱君(8)がキャスティングされた。
佐々木「どんな風な作品に仕上がるのが楽しみ。自然体で出来れば良いと思っている」と話した。
21日は市内笠戸島の旧深浦中学校で撮影が行われた。
ショートムービーは一度は離れ離れになっていた父親と子どもの再開を通して崩壊しかけていた親子の再生を描くもので撮影には地元の小学生らも参加。
下松での撮影は26日まで行われ9月下旬にクランクアップ、11月下旬には全国公開に先駆けてムービックス周南で封切られる。


25日には、友達の農園【21世紀フラワーファーム】でも撮影があります。

http://www.asahi.com/area/yamaguchi/articles/SEB201308210016.html

http://news24.jp/nnn/news8703902.html


[PR]
by kfujiken2 | 2013-08-22 07:28 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ