長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

赤字国債が1000兆円以上・・・あなたならどうする???

赤字国債が1000兆円以上ある日本がディフォルト(財政破綻)したら・・・
終戦直後の二の舞になるでしょう???


あなたは日本政府が終戦直後のインフレに、とった政策を知っていますか? 何と何と~~~ 驚いたことに新円切替と預金封鎖なんです。

d0061579_11542963.gif


要約しますと・・・
【戦後に行われた預金封鎖と新円切替】

今から半世紀以上前、昭和21年2月17日に突如として預金封鎖と新円切替が実施されました。
この日に突然、政府がすべての銀行を封鎖し、個人法人を問わず預金引き出し制限を掛けました。これが預金封鎖です。
さらに今までの旧紙幣を使用を禁止され、旧紙幣に印紙を貼った新円だけが使用を許されることになります。これが新円切替です。
旧紙幣の預金は完全に封鎖され、新円のみを世帯主が300円、家族が100円しか出金することができませんでした。これにより、いくら旧紙幣で預金してようがその資産はほぼゼロになり、
政府がコントロールした額のお金しか手にすることができなくなったのです。

d0061579_1155941.jpg


戦後の日本が預金封鎖をやらなければいけなかった理由は3つあります。
太平洋戦争で積み上がった政府借金の帳消し、戦後復興予算の捻出、所得格差の是正です。

第二次世界大戦中の日本政府の借入金総額は国家財政の約9倍に達していた。
戦争中は統制経済と戦時国債の個人購入で資金を吸収することで戦争時の
インフレーション傾向を抑えていたが、敗戦でこの仕組みが崩壊し、
インフレーション傾向が一気に表面化した。

敗戦6ヶ月後の 21年2月に突如、新円切替と預金封鎖及び資産没収のための
財産調査が行われ、旧円は約3週間にうちに新円に交換しないと無価値になって
しまうことや交換した新円は預金する事が義務づけられた。預金封鎖後は毎月の
生活費しか引き下ろせないこととなった。

d0061579_1262513.jpg


日銀が発行紙幣を大幅に増やした事もあって、さらに急速にインフレが進み、
農産物などは殆ど物々交換でしか入手出来ない状況となった。それらにより、
戦時国債等は紙切れ同然になり、0.1%以下といわれる米ドルを持っていた
人を除いて、ほぼ100%の人が殆どの財産を失った。
  
その後、5年間は大不況とインフレとが同時に起こるスタグフレーション状態となり、
治安の悪化や社会混乱が続き、食料不足から多数の餓死者も出た。その5年間で、
小売物価が、物によって違うが、敗戦時の約100倍となるというハイパーインフレに
みまわれた。


※ ハイパーインフレとは
急激にインフレが進むことです。通常であれば、1年間のインフレ率は1パーセント
から3パーセントです。ですが、ハイパーインフレになると、このインフレ率が
100パーセントとか200パーセントになります。


昭和25年に朝鮮戦争が勃発し、アメリカの政策が、日本をソ連や中国など東側国
との間の砦とする方針に変化して、日本に大支援し始め、日本のスタグフレーションは
終了した。


※ スタグフレーションとは
財政・金融政策により景気が過熱し過ぎてインフレーションが進行し、企業・家計の
経済活動を委縮させ、経済成長率が停滞する状況である。雇用や賃金が減少する中で、
物価の下落ではなく物価の上昇が発生してしまい(通常、雇用や賃金が減少すると
物価の下落が発生する)、収入が減るうえ貨幣や預貯金の実質価値まで低下するため
生活が苦しくなる。


※ 新円切替とは
第二次世界大戦の敗戦に伴い、物資不足に伴う物価高及び戦時中の金融統制の
歯止めが外れたことから現金確保の為の預金引き出し集中の発生、
また一方で政府も軍発注物資の代金精算を強行して実施したことなどから、
市中の金融流通量が膨れ上がり、激しいインフレが発生した対策が背景としてある。
この時同時に事実上の現金保有を制限させるため、発表翌日の17日より預金封鎖し、
従来の紙幣(旧円)は強制的に銀行へ預金させる一方で、1946年3月3日付けで
旧円の市場流通の差し止め、一世帯月の引き出し額を500円以内に制限させる等の
金融制限策を実施した。これらの措置には、インフレ抑制(通貨供給量の制限)
とともに、財産税法制定・施行のための、資産差し押さえ・資産把握の狙いもあった。
このとき従来の紙幣(旧円)の代わりに新しく発行されたのがA百円券をはじめとする
A号券、いわゆる新円である。
インフレの抑制にある程度成果はあったものの、抑えきることはできなかった。
そのため市民が戦前に持っていた現金資産は国債等債券同様にほぼ無価値になった。


預金封鎖はピンチであると同時にチャンスでもあるのです。円の価値が下落するインフレの
時代においては、実物資産の価値が相対的に上昇します。
特に戦後では円の価値が下落したために外貨や不動産の価値が大きく上昇し、
それらを保有していた人たちは逆に資産を増やしたそうです。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-02-01 12:10 | コラム | Comments(1)
Commented by デフォルトを心配する日本国民 at 2015-08-29 17:00 x
日本がディフォルト(財政破綻)すると仮定すれば、日本円で持たないで、外国の資産に移動することを実行するしかない
たとえば 海外紙幣にする、金にする、土地資産にする、株に投資する、その他海外リートに投資する。
などに今から準備を怠らないようにすること。
ブログトップ