長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

大人の女性のバイブル『娚の一生』(おとこのいっしょう)を観て来ました

またまた漫画が原作で、西炯子原作の女性の共感を呼んだ人気コミックです。

自分は幸せになれないと思い込んでいた女性と、恋愛を拒み家庭を得ることはないと、
信じ込んでいた52歳の中年大学教授のラブストーリーとの触れ込みですが、
私には渡辺順一の原作かと勘違いする程、「足キス」「床ドン」など
大胆なラブシーンが評判だから、男と女のドローとした関係の映画かと思っていたが・・・


d0061579_9301763.jpg


あにはからんや 素直に「好き」と言葉にできない、縮こまった女の心を
ゆっくり暖めて溶かしていく過程において、彼が選んだのがこの選択肢なのである。
無理矢理キスをするのでもなく、抱き寄せるのでもない・・・
唇に最も遠い足先からそっと触れていく、大人ならではの斬新かつ新しい愛情表現を
体感しました。
人間味溢れる映画です。


d0061579_9461992.jpg


「練習やと思うて、僕と恋愛してみなさい」と女性のハートを鷲掴みにする
口説き文句ってあ~~~~~りですか?
そもそも「娚の一生」の「娚」が難字で、読めない! 
「娚」という字を調べてみると、「読み:めおと」・・・
つまり、「娚(おとこ)」は当て字なのです。



[PR]
by kfujiken2 | 2015-02-16 09:42 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ