長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

萩毛利藩の防府に存在する休憩・宿泊所だった英雲荘 (三田尻御茶屋)

三田尻御茶屋は、萩往還の終点にあたり、承応3年(1654)萩藩2代
藩主毛利綱広によって設置された萩藩の公館で、藩主の参勤交代や
領内巡視時の休憩や宿泊等、また迎賓に使用されました。
七卿落ちの宿泊所にもなり、近代以降は旧毛利家本邸完成前の住居だった。
萩往還は、萩城下唐樋から三田尻御茶屋までの約53kmの街道で、
大名の参勤交代の道として整備され、また日本海側と瀬戸内海側とを
結ぶ道として、多くの人々に利用されました。


d0061579_9334079.jpg

d0061579_9335990.jpg

d0061579_9341472.jpg

d0061579_9354819.jpg


昭和14年(1939)毛利家から防府市に寄付され、防府に縁が深く、
晩年をこの地で過ごした7代藩主毛利重就の法名から「英雲荘」と
命名されました。
今回の保存修理工事では、建物の各部分については、
それぞれが建設された時代(江戸、明治、大正)にあわせて復元し、
全体としては明治~大正期の姿に整備しています。


本館を構成する主な棟は、江戸時代に建てられた「大観楼棟」、
明治時代に建てられた「奥座敷棟」、大正時代に建てられた
「玄関棟」と「台所棟」に区分される。
三田尻茶屋に現存する建造物では最古のものである「大観楼棟」は、
かつては2階から海が見える眺望だったことから付けられた名前である。


d0061579_9422140.jpg

d0061579_9454378.jpg

奥座敷棟の部屋です。

大観楼棟と二階にある2部屋ある内部です。

d0061579_10254418.jpg

d0061579_9551876.jpg


振り返って見ますと・・・こんなに派手な入口です。
d0061579_9561913.jpg


外から眺める奥座敷棟と2階の大観楼棟です。
d0061579_104436.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2015-03-20 10:07 | 歴史 | Comments(0)
ブログトップ