長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

日本国憲法ってわかりますか?

衆議院憲法審査会で安全保障関連法案について、
合憲だ違憲だと激論しているが・・・


日本国憲法は日本語でふだん使われていない単語が、むやみに使用されているから
難しい!!!憲法ってむずかしい、法律ってむずかしい そういう声をよく聞きます。
日本人の99%は、「日本国憲法をよく知っているか?」と、尋ねられたら、
「日本国憲法というものが存在することは知っているが、それ以上のことは知らない」
という回答になるのではないでしょうか。
残念ながら日本国憲法は、普通の日本人にとって縁遠いもののひとつです。


大日本帝国憲法と日本国憲法のできるまでの経緯を、
少し勉強しましょう。
 


▼ 大日本帝国憲法は、当時の藩閥政府が、当時の欧米列強の国力に日本が追いつくようにと、当時君権が強い帝政であったドイツ憲法を模範として制定されたものです。 ▼


d0061579_15512211.jpg


1882年(明治15年)3月、参議・伊藤博文らは政府の命をうけてヨーロッパに渡り、
ドイツ系立憲主義の理論と実際について調査を始めた。
伊藤博文は、ベルリン大学のルドルフ・フォン・グナイスト、ウィーン大学の
ロレンツ・フォン・シュタインの両学者から、「憲法はその国の歴史・伝統・文化に
立脚したものでなければならないから、いやしくも一国の憲法を制定しようという
からには、まず、その国の歴史を勉強せよ」というアドバイスをうけた。
翌1883年(明治16年)に伊藤らは帰国し、井上毅に憲法草案の起草を命じ、
井上毅は、政府の法律顧問であったドイツ人・ロエスレルやアルバート・モッセなどの
助言を得て起草作業を行い、1887年(明治20年)5月に憲法草案を書き上げた。
この草案を元に、伊藤、井上、伊東巳代治、金子堅太郎らが検討を重ね、草案をまとめた。

1889年(明治22年)2月11日、明治天皇より「大日本憲法発布の
詔勅(しょうちょく)」が出されるとともに大日本帝国憲法が発布され、
大日本帝国憲法は第1回帝国議会が開会された1890年(明治23年)
11月29日に施行された。


d0061579_15532495.jpg


▼ 日本国憲法は、連合国軍総司令部(GHQ)の指示のもと、日本政府が若干の修正を
加えて制定されたものです。 ▼


1945年(昭和20年)、日本は太平洋戦争(第二次世界大戦)に敗北し、
連合国軍総司令部(GHQ)からポツダム宣言を受諾しました。
ポツダム宣言とは日本に軍国主義排除、民主主義、基本的人権の尊重を確立せよ
という内容のものでした。
ポツダム宣言の内容の一つである、国民主権を政府(ときの内閣・幣原喜重郎内閣)は
とても嫌がりました。政府は天皇主権のままにしたかったのです。
そこで、松本蒸治国務大臣を委員長とする憲法問題調査委員会を開いて
松本案を作成しGHQに提案したが、その内容が明治憲法と、ほとんど変わらない
内容だったため、GHQはマッカーサー3原則(マッカーサーノート)を提示しました。
その内容は天皇主権を否定するものでした。
マッカーサー3原則をもとに日本国憲法が制定された。


※ マッカーサー3原則(マッカーサーノート)

◆ 天皇は国家の元首の地位にある。皇位は世襲される。
天皇の職務および権能は、憲法に基づき行使され、憲法に表明された
国民の基本的意思に応えるものとする。
◆ 国権の発動たる戦争は、廃止する。
日本は、紛争解決のための手段としての戦争、さらに自己の安全を
保持するための手段としての戦争をも、放棄する。
◆ 日本の封建制度は廃止される。
貴族の権利は、皇族を除き、現在生存する者一代以上には及ばない。


日本国憲法は1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行されました。
[PR]
by kfujiken2 | 2015-06-12 16:23 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ