長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

勝手なことを言うギリシャ!!! 一体どうする気だろう?

EUがギリシャに「8日までに改革案を提出」を求めたがが・・・

EUには残るが、公的債務の返済負担の3割軽減を要求するほか、
2年間の新たな金融支援を求めるでは、答えにならない。 (´∩`。)グスン
 
ギリシャの公的債務の合計は、3130億ユーロ(約43兆8000億円)。
その内訳の一部は最大の債権者の欧州金融安定ファシリティー(EFSF)は
1309億ユーロ、国際通貨基金(IMF)は約200億ユーロ、
欧州中央銀行(ECB)約\35億ユーロ、ユーロ圏諸国は529億ユーロ等です。


d0061579_16182087.jpg

d0061579_16184532.jpg

EU(欧州連合加盟国)です

ギリシャの「ユーロ脱退」が信憑性を持って語られ始めているが、
果たして、ギリシャはユーロから脱退するのだろうか。
「ユーロ」はEU(欧州連合)の経済通貨同盟で用いられている単一通貨だ。
適用除外となっている英国とデンマークを除き、EU加盟国では、
すべての国にこの通貨の導入が義務付けられている。EUに加盟しなくとも、
ユーロだけを導入することもできる。現在、23カ国に導入されており、
このうち17カ国がEU加盟国だ。

では、ギリシャはこれから離脱できるのかと言えば、実はユーロには離脱規定がない。
しかし、離脱できないわけではない。ギリシャがEUを脱退することで、
ユーロからの離脱は可能になる。だが、結論から言えば、ギリシャがユーロ=EUから
離脱する可能性はほぼゼロに近いだろう。その理由をいくつか挙げてみよう。


まず、ユーロから離脱するということは、ギリシャは新通貨に切り替えることになる。
そもそもギリシャ経済に対して信頼性が低いため、新通貨の価値は非常に低いものとなる。現在、ギリシャ国民はユーロで預金を行っているわけで、そのユーロが紙くず同然と
なるかもしれない新通貨に切り替わることを望まない。当然、預金を引き出し、
ドルや円、あるいは金などに避難させようとするだろう。


これに対して、ギリシャ政府は預金凍結措置を取るだろうが、それ以前に、
例えばユーロ離脱の話が真実味を帯びた時点で、パニック的な預金解約が発生する。
ギリシャ全土の銀行で"取り付け騒ぎ"が起き、銀行が破綻し、ギリシャ経済も完全に
破綻する可能性がある。これは、決して悪夢ではない。


d0061579_16235594.jpg


日本が戦後に実施した預金封鎖と新円切替の二の舞になる!!!

詳しい事は 【赤字国債が1000兆円以上・・・あなたならどうする???】  をご覧下さい。


仮に、離脱がうまくいったとしても、新たな通貨(例えば、新ドラクマ)の価値は
大きく毀損するだろう。それまで、1ユーロで買えた卵が、5億新ドラクマでも
購入できないようなハイパーインフレが発生する可能性がある。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-07-08 16:32 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ