何年振りかなぁ~ 冠梅園と冠天満宮散策

場所や樹により開花の差がありますが、見頃ではないですかね~
梅の里(冠梅園)には100種、約2000本の梅の木があります。

d0061579_10401478.jpg

d0061579_10405337.jpg



丘陵を上りきると、冠山総合公園内が見渡せ、光市街地、瀬戸内海も展望できる。
眺めはとても良い場所なんだけど、高い場所なだけに日が陰るとかなりの寒い!!

d0061579_10471892.jpg
d0061579_10474480.jpg
d0061579_11042174.jpg
d0061579_11132037.jpg
d0061579_11135488.jpg
冠梅園と冠天満宮は赤い橋で繋がっています
d0061579_11162168.jpg
冠天満宮は旧国道188号に面して大きな鳥居・広場があり、そこから石段を登っていきます。元々は、光井の地にあることから「光井天満宮」と称されていました。
菅原道真公(845~903年)が学問の神様として祀られており、多くの人々に崇拝されています。
道真公は学者の家系で幼少より学問に秀で長じて学徳高く文章(もんじょう)博士となられ、 宇多天皇の御信任篤く右大臣に任じられましたが藤原氏のざん言により太宰権帥に左遷されました。
筑紫へ下向の際、風波をさけて今の光市の戸仲の浦に立ち寄られた時に、百姓の神太夫(じんだゆう)が手厚くもてなしたお礼として冠を脱いで神太夫に与えられました。
d0061579_10514534.jpg
d0061579_10521052.jpg
冠石神殿境内神社
d0061579_10545303.jpg
d0061579_10554353.jpg
延喜元年(901)菅原道真公が筑紫の配所へ海路下向の折、風波をさけて戸仲の浦へ上陸された。
この時、村の神太夫親子が我家へ伴い奉り一両日のお泊りの間、心からお慰めした。 菅公のお悦びはひとしおで、出船にあたり別れを惜しまれ、形見にと召されたる御冠を脱ぎ与えられた。
その後、夢のお告げによって承平5年(935)祠を建てて、菅公をお祀りした。
この冠石は、その時の冠を収め奉ったところと伝えられる。


幸せを願って・・・
d0061579_11033619.jpg







[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-01 11:10 | | Comments(0)