山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅

最新のコメント

>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新の記事

幻の下松藩邸
at 2017-11-08 13:07
陽気につられて紅葉狩り
at 2017-11-01 16:18
深睡眠(しんすいみん)とは
at 2017-10-29 10:02
乃木希典と児玉源太郎
at 2017-10-24 12:12
ドローン女子
at 2017-10-18 11:53

ブログジャンル

歴史
中国

画像一覧

北浦(長門・萩・津和野)をピンポイントで散策 Part3

長門市を後にし萩市に向かう・・・
昔、通った本州西端を周回している国道191号は、JR山陰本線と並行し部分的に峠越えの区間もあったかも知れないが、海岸沿いのルートだった様に記憶している・・・
萩・三隅道路が2008年 - 2011年に開通し、山口県長門市三隅中から山口県萩市椿に至る延長15.2kmの高規格幹線道路で、山陰自動車道に並行する国道191号線の自動車専用道路だがトンネルばかりです。
国道262号線を北に進み、国道191号線(北浦街道)の弘法寺前の交差点を左折し萩博物館前の駐車場に
到着しました。萩博物館と北の総門は時間が無いのと、昨年萩を訪れた時見学したので今回パス!


萩城跡の外堀(南側より)
d0061579_914142.jpg

萩城跡外堀は、萩城三の丸(堀内)と城下町を分ける堀で、堀幅は、江戸時代の初めには20間
(約40m)でしたが、堀端に町屋が造られて、14間(約28m)、8間(約16m)と狭まりました。今回の整備は、堀幅が8間の時代を基本に行ったそうです。


次の観光ポイントは、萩城跡の外堀から5分足らずで行ける全長250m、幅員3mの道 の 「菊屋横町」
旧萩城の外堀から外側に広がる城下町は、町筋は碁盤目状に区画され、中・下級の武家屋敷が軒を連ねていた。現在でも町筋はそのままに残り、往時の面影をとどめている。御成道に面して藩の豪商、江戸屋、伊勢屋、菊屋の商家が並んでいたため、横町には、それぞれの名が残されている。藩の豪商・菊屋家をはじめ、幕末の風雲児・高杉晋作の誕生地、第26代総理大臣・田中義一の誕生地がある。晴れた日には、太陽の光が反射してまぶしいほどの白いなまこ壁の美しいこの横町は「日本の道百選」の一つに選ばれている。

d0061579_9184636.jpg
d0061579_9201562.jpg







































※ 御成道(おなりみち)とは:藩主が参勤の際に通ったことから「御成道」とも呼ばれる
萩往還 をいう。



「萩・明倫学舎」を見学したかったのだが、津和野のお稲荷さんに寄ってお札を貰って帰ろうと思っていたので時間的に無理でした。次回の楽しみに残しておきました・・・


「郡司鋳造所遺構広場」~大砲を製造した鋳造所跡~


郡司家は萩藩の鋳造師(ちゅうぞう=金属を加熱・溶解し、これに形を持たせた鋳造に流し込み凝固させ、
所定の形状の製品を作る金属の加工技術です)で、江戸時代を通じて鍋・犂先(すきさき)などの生活用具
だけでなく、大きな様式大砲など兵器に至るまで、多様な銅・鉄製品を鋳造しました。

郡司家が鋳造した大砲は、下関戦争が原因でほぼ行方不明になっています。文久3年(1863年)に
長州藩は下関海峡を通過する外国船を3度にわたり攻撃したのですが、イギリス・フランス・オランダ・
アメリカ、そして四国の連合艦隊は、翌年の元治元年(1864年)に下関沿岸砲台に報復攻撃。これに
より各砲台は壊滅状態に。それぞれの砲台は破壊もしくは戦利品として持ち帰ったため、国内はもちろん
欧米にもわずかな数しか残っていません。ちなみに下関戦争では24ポンド砲や32ポンド砲が使用されて
います。


大砲のレプリカが展示してあります。

d0061579_9351266.jpg


郡司鋳造所跡の説明板
d0061579_9422552.jpg


左からブロックごとに拡大します。
d0061579_9491467.jpg

d0061579_949495.jpg

d0061579_950553.jpg


下の写真(上の説明版の真中)のように3つの窯で銅や鉄を溶かし、真ん中の鋳型に流して固めていたとされています。実は今までどのような方法で大砲を作っていたのか分かっていなかったのですが、平成12年(2000年)に山口県埋蔵文化財センターが行った発掘調査により、石組や大砲鋳造遺構をはじめ、実際に使用された鋳型も多数発見。これらの情報を合わせると、写真のように鋳造していたと考えられるそうです。実際に発掘された郡司鋳造所関連のものは、萩博物館に展示されており、山口県の有形文化財に指定されています。

d0061579_9593587.jpg


郡司鋳造所については世間的に知られていないのか、萩においては他の観光地の方が魅力なのか、休日にあったにもかかわらず人はほとんどいませんでした。やはり実際に使用された現物でないと観光客の方は魅力を感じないのだろうか。松陰神社のすぐ側にあるので(徒歩2~3分)足を運ぶのもいいのではないかと思います。
[PR]
by kfujiken2 | 2017-08-30 10:09 | 未分類 | Comments(0)