山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

by fujiken

下松に雪舟の弟子によって造られた名庭・池泉観賞式庭園がある   その③

~ 江戸時代前期の名庭・旧内藤家庭園~ その③

2.旧内藤家屋敷跡と庭園の場所

 米泉湖沿いに県道41号下松鹿野線を北に進み、下松市下谷より県道139号三瀬川下松線を直進。
米川部落を過ぎ「滝の口親水公園」バス停を過ぎると、次に「大将軍山登山口」バス停がある。右手に
末武川の上流に架かっている後山橋を渡たると、旧内藤家屋敷跡と大将軍山登山口案内板がある。
車で900mの案内が書いてある。瀬戸後山に登る途中に三叉路に分かれた所に看板があります。
そこを右折すると右側に大将軍山登山口と左側に旧内藤家屋敷跡があります。


【下松市米川周辺の地図】
d0061579_168320.jpg


【末武川の上流に架かっている後山橋】
d0061579_1610163.jpg


【後山橋を渡った三叉路】
d0061579_1612492.jpg


【後山の林道に行く道案内】

d0061579_16145735.jpg


【瀬戸後山に登る途中の三叉路を右折】
d0061579_1617599.jpg


【旧内藤家屋敷跡と大将軍登山口】
d0061579_16201850.jpg


の看板を南に20m坂道を登ると、旧内藤家屋敷跡に着きます。
d0061579_16385671.jpg


次回は内藤氏の歴史と題して、内藤家系図をご覧頂きながら調べることが
出来た範囲でございますが、始祖内藤盛遠から23代当主・内藤元宣まで
簡単に系譜を紹介致します。

[PR]
by kfujiken2 | 2017-12-05 16:49 | 歴史 | Comments(0)