長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

「出口のない海」

「出口のない海」って映画が撮影していたのを聞いた事ありますか?
昨年より山口県の各地で撮影されていたんです。
人間魚雷「回天」って 勿論観た事もないだろうが・・・
聞いた事はあるでしょう???
その人間魚雷の発射基地が 我が町の近くにあるんですよ・・・
それを題材にした映画が 「出口のない海」なんです。
d0061579_11441066.jpg

d0061579_11461331.jpg


「半落ち」「チルソクの夏」「四日間の奇蹟」「カーテンコール」を監督した
1958年1月8日生まれ 下関出身の 日本アカデミー賞 最優秀作品賞を受賞した
下関が誇る映画監督・佐々部清監督が撮影しています。

歌舞伎俳優の市川海老蔵(27)が主演でスクリーンデビュー

海老蔵演じる主人公・並木浩二は脚光浴びた甲子園の元優勝投手。
大学進学後、不運にもひじを痛め、思い通りの投球ができない挫折を味わいながら
「魔球」完成の夢を捨てようとはしない。
その一方、時代は日米開戦、太平洋戦争が始まり、並木は次第に自責の念にかられ、
海軍入りを志願。いとおしい恋人を残し、脱出装置のない人間魚雷「回天」に乗り込むことを
自らの意思で選択する。胴直径1メートル、1人乗りの狭くて暗い艦内。
生と死、正気と狂気のはざまで若者は何を思うのか…。
実際に回天に乗っているような錯覚にとらわれる緊迫感で
読者を引き込んだ原作が、スクリーンでいかに描かれるか期待しております。
d0061579_11485131.jpg

d0061579_1151178.jpg

d0061579_11515047.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2006-05-25 11:53 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ