2017年 04月 11日 ( 1 )

錦帯橋散策

4月8日の早朝から霧雨が降る中を、昼近くになったら晴れることを期待して、
車で国道2号線を東に向かって走り、高森を過ぎ岩国に入ると前方に春霞(はるがすみ)がかかり、山あいは見えにくい状態でした。
桜見物が目的だが、見物客が多く駐車場の確保に苦労することを覚悟し、
毎年見ている花見より視点を変え、錦帯橋の展望に重点を置き歩きました。


画像をクリックすると大きな画像になります。

d0061579_1521515.jpg
d0061579_1531548.jpg





























吉香公園の堀に面して立つ錦雲閣は大変風情があり、まるで一幅の日本画を見るようです。

d0061579_1555876.jpg


岩国徴古館の前にあり、吉香公園の堀の土手に咲く古木の吉野桜です。

d0061579_151049.jpg


対岸に遊覧船が浮かび、川面に桜が写る画像は絵になります。
d0061579_15151181.jpg


さて橋の裏面はどうなっているのでしょう!!! ここまで春霞が入り込んでいます。
d0061579_15215991.jpg

d0061579_15221596.jpg


吉香 鵜の里(きっこう うのさと)は、3月30日に完成した錦帯橋のう飼で活躍する
『鵜』の新しい飼育施設です。
金網越しに鵜の様子やトレーニングなどを見学できる飼育スペースです。

d0061579_15243432.jpg


お食事タイムです。飼育者が口に魚を放り込んでいます。
d0061579_15245716.jpg


岩国を後にし、しだれ桜で有名な平生町の般若寺に行ってみました。
巨木ではありませんが見事なしだれ桜です。春霞に包まれている桜はどう表現したらいいのでしょう?

d0061579_15324052.jpg


仁王門の真ん中に夕陽の沈むお寺で有名らしいですが、霧にむせぶ仁王門は神秘的で崇高な感じがしました。
d0061579_15381327.jpg


終わりになりましたが、金剛力士像の阿形(あぎょう)・吽形(うんぎょう)で閉じることに致します。
d0061579_1548211.jpg
d0061579_1549099.jpg
[PR]

by kfujiken2 | 2017-04-11 15:49 | 風景 | Comments(0)