カテゴリ:花( 35 )

何年振りかなぁ~ 冠梅園と冠天満宮散策

場所や樹により開花の差がありますが、見頃ではないですかね~
梅の里(冠梅園)には100種、約2000本の梅の木があります。

d0061579_10401478.jpg

d0061579_10405337.jpg



丘陵を上りきると、冠山総合公園内が見渡せ、光市街地、瀬戸内海も展望できる。
眺めはとても良い場所なんだけど、高い場所なだけに日が陰るとかなりの寒い!!

d0061579_10471892.jpg
d0061579_10474480.jpg
d0061579_11042174.jpg
d0061579_11132037.jpg
d0061579_11135488.jpg
冠梅園と冠天満宮は赤い橋で繋がっています
d0061579_11162168.jpg
冠天満宮は旧国道188号に面して大きな鳥居・広場があり、そこから石段を登っていきます。元々は、光井の地にあることから「光井天満宮」と称されていました。
菅原道真公(845~903年)が学問の神様として祀られており、多くの人々に崇拝されています。
道真公は学者の家系で幼少より学問に秀で長じて学徳高く文章(もんじょう)博士となられ、 宇多天皇の御信任篤く右大臣に任じられましたが藤原氏のざん言により太宰権帥に左遷されました。
筑紫へ下向の際、風波をさけて今の光市の戸仲の浦に立ち寄られた時に、百姓の神太夫(じんだゆう)が手厚くもてなしたお礼として冠を脱いで神太夫に与えられました。
d0061579_10514534.jpg
d0061579_10521052.jpg
冠石神殿境内神社
d0061579_10545303.jpg
d0061579_10554353.jpg
延喜元年(901)菅原道真公が筑紫の配所へ海路下向の折、風波をさけて戸仲の浦へ上陸された。
この時、村の神太夫親子が我家へ伴い奉り一両日のお泊りの間、心からお慰めした。 菅公のお悦びはひとしおで、出船にあたり別れを惜しまれ、形見にと召されたる御冠を脱ぎ与えられた。
その後、夢のお告げによって承平5年(935)祠を建てて、菅公をお祀りした。
この冠石は、その時の冠を収め奉ったところと伝えられる。


幸せを願って・・・
d0061579_11033619.jpg







[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-01 11:10 | | Comments(0)

花めぐり

何も予定の無い文化の日(3日)、花の少ないこの時季に花の撮影にでも行ってみようと
「やまぐちフラワーランド」に行って来ました。
残念なことに冬の花壇へと衣替えの時季に入り、秋花の多くは終わっていました。


管理事務所前のベコニアが出迎えてくれ、入口を入ると四季折々の花をのせた24個のゴンドラが回転する
フラワーランドのシンボルが目に入ります。


d0061579_16204874.jpg

d0061579_1621916.jpg


大仏ヘアーを「螺髪(らほつ)」というそうですが、葉牡丹が正しく大仏ヘアーの様に、ユニークなデザインで植えられています。
d0061579_1622212.jpg


「ロックガーデン」はコニファーと呼ばれる針葉樹ですかね? 色彩、樹形など綺麗です。
d0061579_16253931.jpg


全長約50mの階段状花壇「ボーダーガーデン」は深紅のサルビアで艶やかです。
d0061579_16263514.jpg


帰りに冠山総合公園で「秋のばら祭」を開催しているので寄ってみました。
残念なことに10月22日から開催しているので、時既に遅しとでも言いますか枯れ落ちたり、
花びらが傷んでいたり見頃を超えていました。
花の撮影は難しいですね!!!  花の見頃は8分咲きですよね~

d0061579_16292955.jpg

d0061579_1629442.jpg

d0061579_16295885.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-11-05 16:31 | | Comments(0)

黄色一色の「ひまわりロードフェスタ」

夏到来!ということで昨日「萩市むつみのひまわりロード」に行って来ました。
その数なんと10万本! この密集感が見ていて感動です。


d0061579_9562765.jpg

d0061579_959303.jpg


【むつみひまわりロード】は山口県内で屈指のひまわりの名所として有名です。
ひまわりの開花のシーズンには、萩市むつみの伏馬山の裾野に広がる水田を利用した
3ヘクタールの敷地に咲いたひまわりを見ることができます。ヒマワリの数は10万本にも及び、
見渡す限りの黄色い花が夏の空の下で揺れる光景は圧巻です。


d0061579_1023095.jpg

d0061579_1015321.jpg


クローズアップで・・・

d0061579_10141117.jpg


みんな「前へならえ」をしています 011.gif050.gif
d0061579_1020871.jpg


すねた横顔はどうかな???
d0061579_10245562.jpg


あなたよりスタイルが良く、背が高いでしょう!!!
d0061579_10265486.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-08-01 10:28 | | Comments(0)

パワースポット 阿弥陀寺

10年振りに防府の阿弥陀寺に、あじさいを観に行きました。
今回は趣を変え余りアジサイの画像は撮影せず、アジサイ以外のものを撮って来ました。


まず驚いたのは、仁王門に仁王像がない!!!
山門の改修のため仁王像は、国宝保管の収蔵庫に仮に安置されてるそうです。

d0061579_11143947.jpg

僭越ながら私が描いた【絵手紙】です
d0061579_11253053.jpg


十年一昔といいますが記憶っていい加減なものです・・・
観音橋を渡り中門までの石段が、こんなに長かったかなぁ~ ?

d0061579_11272224.jpg


阿弥陀寺の開祖である奈良の東大寺の再建を託された俊乗房重源上人が、
よく腰かけていたと言われる「霊石(れいせき)」、
阿弥陀寺建立のきっかけとなった「影向石(ようこういし)」など、霊験あらたかです。
d0061579_11451156.jpg

d0061579_11453015.jpg


夏椿・別名シャラノキ(娑羅の木)
仏教で聖木とされる沙羅双樹(さらそうじゅ)にちなんだ名前ですが、
夏に清楚な花を咲かせ、涼しげな風情が好まれます。朝に開花し、夕方には落花する一日花です。

d0061579_11553781.jpg


最後に倉庫にありました10年前の珍しい紫陽花の画像を、
少々お見せしましょう (/照\)恥ずかしっ

d0061579_1222211.jpg
d0061579_12225263.jpg
d0061579_12255110.jpg
d0061579_12244524.jpg
d0061579_12271450.jpg
d0061579_12273443.jpg
d0061579_12275823.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-06-18 12:29 | | Comments(0)

今年も行って来ました・・・周南市栗屋の吉祥院の大ツツジ

周南市栗屋の吉祥院の入門です。
d0061579_1573930.jpg


徳山百樹のひとつだそうですが、そろそろ満開かな?
樹齢は約100年とのことですが、複数株ではないんです・・・
一株の枝が地面に着いてそこからまた枝が伸びているそうです。
私が測った訳ではありませんが、 直径8メートルだそうですよ。
確かに大きいです!!!

d0061579_152832.jpg


表は綺麗ですが、裏に回って根元を見るとジャングル状態です。 
d0061579_1551251.jpg


この扁額は江戸時代の書家・佐々木玄龍の筆だそうです。
と言われても知りませんが (/照\)恥ずかしっ

d0061579_1563446.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-06-03 15:11 | | Comments(0)

遅ればせながら・・・蜂ヶ峯総合公園のバラ園

一週間前になりますが、蜂ヶ峯総合公園のバラ園に行って来ました。
管理事務所では、四分咲きだと話しておられました。
言い訳になりますが、見頃になると混みますので
少し早めに行ってみました。 あはっ♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪


d0061579_8423886.jpg

d0061579_843669.jpg


山口県と広島県の県境に近い和木町に26ヘクタールの広い敷地の蜂ヶ峯総合公園が
あり、その一角に約180種4000株のバラが咲くバラ園があります。

我が町から和木町は少し遠いです!!! (´∩`。)グスン
d0061579_8445155.jpg


バラアーチも花の数が少なく、寂しいバラトンネルでした。
d0061579_849025.jpg


しかし、女王エリザベス2世から、皇后美智子様に献呈された【プリンセス・ミチコ】は、綺麗に咲いていました。
d0061579_954059.jpg


少しバラの画像を紹介しましょう・・・
d0061579_99021.jpg

d0061579_992022.jpg

d0061579_993265.jpg

d0061579_994483.jpg

d0061579_910440.jpg

d0061579_9102213.jpg


花の名前をメモして帰らなかったので、下の画像をご覧下さい。
和木町のホームページよりお借りしました。

d0061579_917654.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-05-19 09:18 | | Comments(0)

藤三昧・・・アップが遅くなりました

近場で藤の名所といえば、知る人ぞ知るで山口市仁保の「一貫野の藤」と
徳地の「愛のふじ橋」ではないでしょうか?
見ごろは5月の連休明けと承知はしていたのですが・・・
一寸用事が立て込んで無理なので!!!
かと言って3・4・5日は人ごみで動きが取れないと思い、
少し早いのは分かっていましたが1日に出掛けて見ました。


◆ 一貫野の藤

山口市仁保一貫野地区には、藤の大木があって例年5月の連休明けには
木全体に淡い紫色の花をつけます。
昨年は裏年にあたり、ちっとも藤の花が咲いてませんでした。
土地の人に話を聞くと、一昨年花が終わった後に沢山過ぎる実をつけたそうです。
沢山の実ををつけると実の方に栄養分が回り、翌年は裏年となり花が少ないそうです。
藤に限らず、花が済んだ切るが鉄則だそうです。


北側(下流)の藤
d0061579_17261127.jpg


南側(上流)の藤
d0061579_17283132.jpg


d0061579_17292100.jpg


◆ 愛のふじ橋

説明等、詳細は昨年撮影・投稿した下のページをご覧下さい。

【藤が繋げる夫婦愛】

d0061579_1732433.jpg

d0061579_17325673.jpg

d0061579_1733968.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-05-11 17:37 | | Comments(0)

花木の女王・『シャクナゲ』

先週、防府市大字鈴屋にある宇佐八幡宮の「シャクナゲまつり」を
テレビニュースを観たので、行って来ました。
防府市内外の人たちによって、「献木」として寄せられたものを植え始め、
現在に至ったようです。
情報によれば約約1000本あるそうですが、赤系統が多いですね!!!
シャクナゲと言えば、近場の浅江神社で事足りりていたのですが、
しゃくなげ苑の整備のためにお休みしていたしゃくなげ祭りが3年ぶりに
開催されるようです。


d0061579_10213452.jpg
d0061579_10215493.jpg


西洋シャクナゲは赤、白、黄、ピンクなど変化に富んだ花色もカラフルで、
数多くの品種があり綺麗で楽しませてくれますが・・・
貴賓ある清楚な美しさを持つ日本シャクナゲもいいですよね~


d0061579_1024136.jpg

d0061579_10242847.jpg


今ではあまり見なくなった「れんげ畑」を、防府市上右田で見かけました。
通りがかりに目に入ったので車を停めて撮りました。
まだ、こんなに広い面積のれんげ畑があったなんて、
子供の頃を思い出し一寸嬉しくなりました。


d0061579_10404467.jpg

d0061579_10405692.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2016-04-23 10:42 | | Comments(0)

山口の龍蔵寺で寒ぼたんが見ごろです

山口市吉敷の龍蔵寺で寒ボタンが見ごろを迎えている。
暖冬の影響か例年より早く咲き出しております。
ボタンは本来春に咲く花だが、寒ボタンは苗木を冷やして開花を遅らせている。
株ごと冷凍して開花時期を調整したボタンを、島根県の大根島の産地から
取り寄せているそうです。
本堂には、57品種100鉢が並べられ、来場者は赤色や紫色の鮮やかな花を
カメラで撮影したり、よく見ようと顔を近づけたりしていた。


d0061579_11142100.jpg
d0061579_112667.jpg
d0061579_1124291.jpgd0061579_113073.jpg
d0061579_1121658.jpg


【龍蔵寺の巨樹イチョウ】
d0061579_1165911.jpg

d0061579_11231954.jpg

観音堂の前にそびえている巨樹イチョウは、永い時の流れを告げるかのごとくたっています。
高さ45m、根元12.7mあり、樹齢は約900年と推定されています。幹の内部は老朽し、
空洞になっていますが、樹勢は旺盛です。秋の黄葉時には樹下は黄色の絨毯を
敷き詰めたようで大変美しく、また遠くからも望見することができます。
国の天然記念物に指定されています。


【鼓の滝(つづみのたき)】
d0061579_11253061.jpg

龍蔵寺の中にある鼓の滝。滝が大きく3段に分かれており、中段がくびれて
形が鼓に見えることや、落ちる水音が鼓をうつ音に似ていることから
「鼓の滝」と呼ばれています。滝の中段にある岩窟(奥の院)に、
大仏像が彫ってあります。

[PR]

by kfujiken2 | 2016-01-12 11:27 | | Comments(0)

下松スポーツセンター・コスモス畑の薄黄色のコスモス

コスモスといえば真紅、ピンク、白が定番であったが、
この薄黄色のコスモスは、透明感のある魅力的な花色で、
珍しい品種ではないかと思い、市役所に花の名前を尋ねました。

新種の「イエローキャンパス」というそうです。

d0061579_1263649.jpg


「イエローキャンパス」

1957年、玉川大学農学部育種学研究室で、突然変異で花弁の先が
黄色くなった1株が発見されたことが始まりとされている。
この株を元にして20年以上に渡り交配を続けて、
初代の「イエローガデーン(Yellow Garden)」が作られた。
1988年には「イエロー ガーデン(Yellow Garden)」」より、
もっとはっきりとした黄色の品種として「イエローキャンパス(Yellow Cumpus)」」が
作られた。


ちょっとカメラのお勉強・・・

◆ 花の接写でも 被写界深度を浅く「絞りを開く(F値を小さく)」すると、
   背景に玉ボケが出来る。


d0061579_12104045.jpg


◆  逆に被写界深度を深くすると「絞りを絞る(F値を大きく)」すると、
背景のボケが少ない!!!


d0061579_12275072.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2015-10-20 12:30 | | Comments(0)