長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

カテゴリ:未分類( 173 )

プリン体とは、細胞中にある「核酸」を構成する成分の一つで、
プリン環という共通の化学構造を有していることからこう呼ばれている。
核酸は、遺伝に関わる物質で、あらゆる生物の細胞に含まれているので、
人体はもちろん、ほとんど全ての食品や一部のアルコール飲料にも含まれている。
従って、細胞数が多いものには多く含まれ、食品の中では精巣、卵巣、内臓や、
乾燥によって細胞が凝縮されている干物などに多く含まれていることになる。

アルコール飲料についてはどうだろう。
アルコール飲料の中ではビールに多く含まれていると言われ、
銘柄によっても異なるが、350ml缶にすると1本当たり約25mgになる。
また、プリン体は麦芽に多く含まれるため、
麦芽比率の低い発泡酒はビールの約半分程度の含有量となる。

● プリン体の多い食品

* 特に多い食品   大正エビ・イワシ干物・アジ干物・カツオ節・煮干
              レバー(牛・豚・鶏)・干シイタケ・大豆
* 多い食品      イワシ・カツオ・車エビ・アジ・マグロ・タコ
              サケ・ヒラメ・イカ・カニ・カキ・サンマ干物・タラコ
              鶏ササミ・納豆

● プリン体の少ない食品

* 少ない食品     ブレスハム・ベーコン・コンビーフ・ちくわ・ほうれん草
              カリフラワー・エノキ
* 殆どない食品    ウインナーソーセージ・カマボコ・牛乳・卵・バター
              プロセスチーズ・キャベツ・人参・パン・トマト・白菜
              カボチャ・キュウリ・ごはん
[PR]
by kfujiken2 | 2005-06-28 15:34 | 未分類 | Comments(8)
人間の体内には、食事によってとりこんだプリン体と、
自分自身の新陳代謝による古い細胞核酸の分解や、
激しい運動などによって体内でつくられたプリン体が存在する。
プリン体は、肝臓で尿酸に代謝され、
その後、腎臓で老廃物としてろ過され、尿となって排出される。

尿酸は、通常体内で一定量に保たれているが、そのバランスが壊れて過剰な状態になると、
痛風を引き起こす原因となる。
肥満、ストレス、食品からの過剰なプリン体摂取、遺伝的体質などの様々な要因から
バランスが崩れる。血中尿酸濃度が7mg/100mlを越えると、「高尿酸血症」と診断され、
この状態が数年間続くと痛風を発症しやすくなると言われている。
現在、成人男性の約2割※1が高尿酸血症の状態にあるともいわれている。
痛風は、体内に結晶化して沈着した尿酸を白血球が攻撃することで、
激しい痛みを伴う発作が起きる病気。風が吹いても痛いという例えからこう呼ばれている。
全国での患者数は約59万人。
女性はホルモンの関係で尿酸値が上がりにくいことから、患者の99%は男性となっている。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-06-28 15:29 | 未分類 | Comments(0)

大型店法(大規模小売店舗法)が大型店と中小小売店との事業調整を目的に、
出店する大型店の店舗面積や開店日、閉店時刻、休業日数の調整を行ってきた。

そこに 大店立地法(大規模小売店舗立地法)が施行され
新法では、大型店の立地により交通渋滞・騒音・ごみ問題等その周辺住民の生活環境を守るため、
施設やその運営方針について配慮してもらうことを目的として変革された。

下松市は 大正末期から昭和初期にかけて塩田を工業用地に造成・・・
日立製作所・日本石油精製・東洋鋼鈑・笠戸船舶が相次いで立地し、
昭和の中期、中国電力火力発電所が建設され、周南工業地帯の一翼を担うと共に、
技術先端型業種への展開を進め、時代に適合した新しい産業経済構造を持つ街へと発展してきた。

ところが、日本石油のタンク跡地に建った大規模複合店で
日本初のハイ・アメニティマート「西友・ザモール周南」延床面積77,666㎡ 2,000台収容駐車場を核に
「Mr.MAX」と「サンリブ・下松」の出店と、それに伴う道路の整備が行われ量販店の出店も相次いでいます。
2000年の暮れには「ザ・モール周南」の近くに大型家電のヤマダ電機も出店されました。

更に 6月10日に約36,500㎡の広大な敷地面積に570台駐車できる大駐車場と、
インテナントを含め9店で構成されたNSC(ネバーフッド・ショッピングセンター)
「イオン下松山田ショッピングセンター」がオープン・・・
今月末までに 延床面積1,000坪を超える「ナフコ21家具店」 スーパーマーケット「アルク」
家電量販店「DEODEO」オープンの予定。

人口55000人に対し 大型店の占有率が日本一になるそうだ!
消費者は 店舗同士の価格競争にて 安く物が買えるかも知れ無いが
既存の小売店は 皆淘汰され潰れて行く・・・
行政は 何を考えているのか 知りたいものである。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-06-14 17:55 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ