長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「メドウセージ」

サルビアの一種でチェリー・セージなどと同じ様な花をつけます。
鮮やかなブルーの花がとても美しい花です。
さわやかな雰囲気を醸し出しています。
暑さ寒さにとても強く丈夫で育てやすい品種です。

d0061579_9263467.jpg


「タンジー」

タンジーはヨモギに似た香りというよりにおいがします。
薬用植物といったほうがぴったりです。
束を吊るしたり、部屋の中に置いておくとハエ除けに効果がある。
中世にはノミや他の害虫の虫除け用に床にまいて足で踏みつぶし、
刺激臭を発生させていたとか。

d0061579_9285590.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2005-07-21 09:29 | | Comments(0)
家族旅行村周辺は 自然と遊びの宝庫。
オートキャンプ場・バーベキューガーデン・サンセットケビンがあり
エビネ園・ラベンダー畑・ オリーブ・キンカン等の柑橘園が
山林や地形を活かして造られております。
四季折々 色んな表情を持つ森です。


【海のモニュメント】
d0061579_1135070.jpg

実物のスクリューと錨です。


【幸福をよぶ鐘・四季の風鐘】
d0061579_11374242.jpg

幸福を呼ぶ四季の風鐘には、多くの人に幸せになって欲しいという
願いが込められています。
あなたも鐘を鳴らしてみませんか・・・

[PR]
by kfujiken2 | 2005-07-19 11:52 | 風景 | Comments(4)
昨日 笠戸島に試し撮りに行ったのはいいが 暑くて撮影どころではなかった!
1眼レフデジタルは難しい それにカメラがデカイので手ブレしてしまう・・・
そのカメラに望遠を付けると カメラが落っこちそうになる (・_・。))まいったなぁ
もう少しマニュアルを読んで勉強しなくてはね~


d0061579_735325.jpg


これは撮影場所から1000m位離れている 最近完成した海の遊歩道です。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-07-19 07:39 | 風景 | Comments(2)
【糖尿病のタイプ】

◆ Ⅰ型糖尿病
  膵臓のβ細胞(インスリンを分泌する細胞)が壊され、
  体内のインスリンの絶対量が不足することで起こります。
  子供のうちに発症することが多く、以前は小児糖尿病、
  インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
  先天的なものが多く、ウィルス感染や免疫系の遺伝的要因が
  関係しているのではないかと言われ、日本人には比較的少ないようです。
  このタイプの糖尿病の治療には、食事療法・運動療法のほか、
  インスリンの注射がかかせません。

◆ Ⅱ型糖尿病
  食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、運動不足、ストレスなど、
  いわゆる生活習慣に関係していると言われています。
  インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンを受け取る
  細胞の感受性が鈍くなって、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなった結果、
  高血糖の状態が続くもの。
  日本の糖尿病の95%以上は、このタイプです。

◆ 妊娠糖尿病
  妊娠をきっかけに起こる糖尿病です。
  胎盤からは、妊娠を順調に進めるためのホルモンが分泌されています。
  これらのホルモンには、インスリンの作用を弱める働きがあり、
  同時に胎盤そのものもインスリンを壊す酵素をつくっています。
  ですから、妊娠中はより多くのインスリンが必要となります。
  分娩後に正常化する場合も多いのですが、将来的に糖尿病を発症する
  確率が高いので、分娩後も定期的に検査が必要です。

◆ その他
  糖尿病は、肝臓・膵臓の病気、感染症、免疫や遺伝子の異常など、
  様々な原因で引き起こされます。
  薬剤の副作用が原因になる場合もあります。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-07-07 14:09 | Comments(0)
糖尿病は、読んで字の如く、尿に糖が出る病気だと思われがちですが、
必ずしもそうではありません。一言で言うと「血液中のブドウ糖(血糖)の
量が慢性的に多くなる病気」です。

ご飯や果物、アルコールなどに含まれる糖質は、分解されるとブドウ糖になります。
この血液中のブドウ糖が「血糖」です。
血糖は「インスリン」と言うホルモンの働きによって、身体を動かすエネルギー源となり、
一部はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられます。
このインスリンの分泌量が減少したり、うまく働かなくなると、
ブドウ糖が細胞に運ばれなくなり、血液中に糖が増加するのです。

◆ 要因
日本での糖尿病患者数の増加には、この人種的な体質に加え、
高脂肪食、運動不足などの生活習慣が大きく影響しています。
肥満の増加と糖尿病患者の増加が比例しているのを見ても、
その因果関係は明白です。

もう一つの要因が加齢。
インスリンの分泌量は加齢によって減少します。
医学の進歩で平均寿命が大きく伸びる中で、
糖尿病を発症する人が増えたと言えます。

◆ 危険因子
① 家族(近親者)の中に糖尿病の人がいる
② 1年に10kg上体重が増えた
③ 高血圧、高脂血症などの治療中だが、
   血糖については正常と言われている

◆ 症状
* すぐに喉が渇いて水分を取る量が増え、尿量が増える(トイレが近い)
* 空腹感が強く、よく食べる
* 食べても痩せる
* 身体が疲れやすく、だるい
[PR]
by kfujiken2 | 2005-07-05 06:28 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ