長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

海軍では、日本を3つないし4つの海軍区に分類していた。
沿岸防御・港湾整備・兵員徴募および人事管理などを海軍区ごとに行なっており、
これを統括する機関として鎮守府を置き、その長を鎮守府司令長官と呼んだ。
それぞれの海軍区にはひとつの軍港、場合によってひとつ以上の要港を置き、
鎮守府は軍港に置かれ軍港の名を冠した。
太平洋戦争期には鎮守府は4つで、横須賀・呉・佐世保・舞鶴に置かれた。
すべての海軍艦艇はいずれかの鎮守府に籍を置き、同一鎮守府に籍を置く兵員が乗り組んだ。
特務士官・准士官・下士官および兵はその出身地が属する海軍区を管理する鎮守府に籍を置いていた。
従って、東京に本籍を置く海軍兵は横須賀鎮守府に所属し、横須賀鎮守府籍の軍艦にのみ乗り組んだ。

d0061579_12103073.jpg


この建物の洋館部の応接間や執務室の壁や天井には 
全国でも珍しい金唐(きんから)紙が張られております。

金唐紙(きんからかみ)とは
中世ヨーロッパの王侯貴族の館で使われていた装飾革が渡来して
「金唐革(きんからかわ)」と呼ばれていた。
明治初頭、日本で和紙を用いて金唐革にそっくりなものを作ったのが「金唐紙」です。
明治時代にヨーロッパへ盛んに輸出され、日本の洋館にも使われた。

d0061579_12135219.jpg


食堂の天井です
d0061579_1216074.jpg


「金唐紙」の見本
d0061579_12191896.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-28 12:20 | 歴史 | Comments(0)
戦艦「大和」は、艦隊決戦の切り札となるべく、
昭和12年11月4日に呉海軍工廠において起工された。
大和は対米英開戦直後の昭和16年12月16日に海軍に引き渡されて竣工、
第一戦隊に編入された。
昭和17年2月には、これまで12年間にわたり連合艦隊の旗艦を務めた
「長門」から旗艦の地位を譲り受け山本五十六長官の将旗を掲げる事となった。

昭和20年4月1日に米軍が沖縄上陸した事から水上特攻部隊として出撃し、
生還を望まない攻撃に出発した。
大和は昭和20年4月6日に出撃したが、翌7日に米艦載機386機による波状攻撃を受け、
爆弾6発、魚雷10本以上を受け、
九州坊ノ岬沖90海里の地点で2498名の乗組員と共に海底深く沈没したのである。
この時の主砲は27発しか発射されなかった。

d0061579_11595525.jpg


d0061579_1223627.jpg

長さ263メートルというと東京駅位の長さに匹敵し、
いわば鋼鉄製の東京駅が海に浮かんだようなもの。
しかし、排水量に比較すると、「小さい」戦艦であった。
46センチ主砲を装備した上で、
いかにコンパクトにするかでかなりの苦心があったという。

46センチ主砲・・・正式名称94式45口径46センチ砲。
当時世界最大の主砲。射程距離は実に42キロメートルというもので、
砲弾は、長さ約2メートル、重さは1.46トンという巨大さであった。
一発撃つのに使う火薬の量は330キロ。
撃ちだされた砲弾は、時速2,808Km(秒速780m)という速さで飛び出し、
砲身の内側に刻まれたライフルにより、1分間に60回転しながら飛んでいき、
遙か水平線の彼方の敵艦を攻撃する事ができた。
これだけの大口径の主砲は後にも先にも大和型戦艦のみであった。
3連装の砲塔一基の重さは2510トンで駆逐艦一隻分の重さにあたる。
しかし大和はその生涯で主砲は合計311発しか撃てなかった。
使用された46センチ砲弾は、対艦用の91式徹甲弾、
そして対航空機用の零式通常弾、3式通常弾の3種類で、
徹甲弾は、目標の手前で着水してもそのまま水中を直進して
艦腹に当たるような工夫がされていた。


最近完成した「大和ミュージアム」には 映画のロケに使用されたのらしいですが
設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに,可能な限り詳細に再現しました
実物の10分の1 全長26.3メートルも戦艦「大和」が展示されています。

[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-28 12:06 | 未分類 | Comments(0)
d0061579_1813688.jpg
国内で唯一、潜水艦を間近で見られるのがココ。
海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしています。
ここはその昔、呉が海軍の本拠地だったことを偲ばせるエリアです。

d0061579_1832433.jpg


d0061579_1864584.jpg

「アレイからすこじま」の道路向いにあるレンガ造の倉庫群で、
呉海軍工廠の前身である呉海軍造兵廠時代<1897~1903 (明治30~36)年>に建てられたものです。
空襲で被害を受け、建設当初よりも奥行きが短くなっています。
戦後は民間会社の倉庫として利用されています。

d0061579_187861.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-20 18:08 | 風景 | Comments(0)
入船山記念館入り口
d0061579_1854746.jpg


番兵塔のある入り口
d0061579_182535.jpg


「旧呉海軍工廠(こうしょう)塔時計」
1921(大正10)年6月、旧呉海軍工廠造機部屋上に設置され、
終戦まで、呉工廠と共にその歴史の時を刻んできたもので、
現在動いている電動親子式衝動時計としては、国産最初のものです。
また、1日4回流れるメロディーは、毎年小中学生が作曲したものです。
1981(昭和56)年呉市有形文化財に指定されています。

d0061579_1872739.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-19 18:09 | 歴史 | Comments(0)
d0061579_1748343.jpg
d0061579_17483347.jpg
幅90mの音戸の瀬戸に架かる主橋梁長172mの真紅の橋。
1,000トン級船舶の航行を可能とするため螺旋(らせん)式とループ式の取付道路をもつ
高架橋として、総工費3億6,200万円をかけて1961(昭和36)年12月に完成しました。

[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-19 17:49 | 風景 | Comments(2)
【恐ろしい合併症】

糖尿病の恐ろしい点は、適切な治療をせずに高血糖の状態を放っておくことで、
全身に様々な合併症が現れるところです。
中でも代表的なのが、網膜症・腎症・神経障害で、糖尿病の3大合併症と言います。

◆ 糖尿病性網膜症

  高血糖によって血行が悪くなり、眼底にある網膜の毛細血管に障害が起こります。
  眼底出血、硝子体出血、網膜剥離などにより段々視力が低下し、
  更に進行すると失明の恐れもあります。初期のうちは殆ど自覚症状がないので、
  気付いた時は手遅れというケースもあります。

◆ 糖尿病性腎症

  高血糖が続くと、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が傷つき、
  腎臓のろ過機能が悪化します。発見が遅れると腎機能が低下し、
  やがて人工透析を受ける必要が出て来ます。
  現在、新たに人工透析導入の原因となる疾患の第一位が糖尿病性腎症です。

◆ 糖尿病性神経障害

  合併症の中で最も早く現れる症状で、高血糖のために神経が侵されて起こります。
  神経には運動神経系、感覚神経系、自律神経系の3種類の神経があるため、
  手足の痺れや痛み、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、皮膚の潰瘍、壊死、
  筋肉の萎縮、筋肉の低下や胃腸の不調、ED(性機能障害)など症状は色々。
  進行すると治療が難しいので、気付いたら直ぐに治療を始めます。

◆ その他の合併症

  この他に発生頻度は少ないのですが、意識が薄れて昏睡に陥る糖尿病性昏睡、
  細菌やウィルスに対する抵抗力が弱り、風邪や肺結核と言った各種感染症に
  かかりやすくなるなど、多くの合併症があります。
  もう一つ忘れてはならないのが動脈硬化症。
  3大合併症は直接死因に結び付くことは少ないのです。
  動脈硬化症は死因に繋がります。心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を
  引き起こす原因は動脈硬化症であり、糖尿病患者が動脈硬化症になる確率は、
  糖尿病患者でない人の2倍以上とリスクが大きいのです。
[PR]
by kfujiken2 | 2005-08-03 14:29 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ