長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◆ 源太郎の経歴 ①

          ~ 初陣から日露戦争開戦まで ~

初陣は1868年(明治元年)の東征となる。            d0061579_1055622.jpg
維新後は佐賀の乱に大尉として従軍、戦傷をうけるが、神風連の乱では熊本鎮台准参謀としてその手腕を見せる。

熊本鎮台幕僚参謀長の時、西南戦争が起き、
参謀長格で熊本籠城を指揮、西郷軍を撃退した。
一躍その才能を知られ頭角をあらわすことになる。
この経験が後の日露戦争に生かされる事となる。

陸軍大学校の充実に力を注ぎ、
ドイツからメッケル少佐を招聘し国軍の
将校教育に多大な貢献をした。
1892年(明治25年)陸軍次官兼陸軍省軍務局長となり、日清戦争では大山巌大将が第二軍司令官として出征したため、事実上の陸相として出征軍を支えた。

98年には台湾総督となり後藤新平を民政長官に登用し、台湾の安定化に寄与した。さらに陸相・内相・文相を兼任。

源太郎は知将として名高く、天性の「機敏と胆力、的確ですばやい判断力と指導力」は、
実践の現場で常に発揮されたものであったから、
彼は薩長のバックなしで栄達できた数少ない人物であった。

日本とロシアの関係が悪化してきた日露戦争開戦直前の1903年、
「今信玄」と呼ばれた参謀次長田村怡与造少将が急死する。
参謀本部の大黒柱がなくなるという椿事の中、大山巌参謀総長から特に請われ、
源太郎は大臣の栄職を去って、実質的には格下の職種であった参謀本部次長に
自ら志願して就任、対露作戦計画を練り上げた。
日露戦争が開戦し満州軍総司令部が創設されると、満州軍総参謀長に就任し大山巌軍司令官を補佐する。

源太郎は国際情勢や各国の力関係を考慮に入れて戦略を、
立てることの出来る広い視野の持ち主であった。
日露戦争全体の戦略の立案、満州での実際の戦闘指揮、戦費の調達、アメリカへの講和依頼、
欧州での帝政ロシアへの革命工作、といったあらゆる局面で彼が登場する。
戦費調達で財閥の大物・渋沢栄一を説得し、対立する薩摩閥の海軍、長州閥の陸軍をまとめあげ、
日露戦争を実質的に指揮した源太郎は、明治日本が直面した危機を卓越した戦略眼で乗り越えた名将であった。
[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-31 11:03 | 歴史 | Comments(0)
三年にわたり放送される壮大な物語が、遂に完結します。

      NHKスペシャルドラマ“坂の上の雲”

◆ 源太郎の生い立ちと家庭環境

児玉源太郎は、嘉永5(1852)年2月25日に、     d0061579_16132187.jpg
周防国都濃郡徳山村(現・山口県周南市)に、
長州藩の支藩徳山藩の中級武士(百石)
児玉半九郎の長男として生まれる。
児玉家は、1668年(寛文8年)就忠の時に
徳山藩に任官し、150石を賜り馬廻りの役をつとめた。
就忠より七代後の半九郎忠順は児玉源太郎の父で、
代官や評定役をつとめた。

父とは5歳で死別し、姉である久子の婿で
家督を継いだ浅見栄三郎の次男巌之丞
(のちに次郎彦)に養育された。
次郎彦は藩の大目付等を務めましたが、
「正義派」の一人として活動したため、
源太郎が13歳の時、この義兄は佐幕派の
テロにより惨殺された。

次郎彦の死後間もなく、
児玉家は藩の命令で家名断絶、
屋敷は没収されましたが、「正義派」が政権をとるや、
慶応元(1865)年7月13日、源太郎が家名を相続し、この屋敷は、明治になって、
その当時の屋敷の一部を残して大部分は、
近代的な【児玉文庫】となったが、
昭和20年太平洋戦争中の徳山空襲で焼失してしまった。

d0061579_1675325.jpg


【児玉家屋敷跡】

児玉源太郎の生家である児玉家屋敷跡は、現在は駐車場になっています。
その名も、児玉パーキング。
駐車場の奥の片隅に、百五十年の風雪に耐えて、
今も「児玉大将産湯之井戸」のみが保存されています。

d0061579_1691538.jpg


【児玉文庫跡】

児玉文庫は、明治36年1月23日、徳山町本丁(現児玉町)に後進を啓発するために
開設された私立図書館です。
当時、軍人または政治家として中央で活躍していた源太郎が、
人手に渡ってしまっていた児玉家伝来の土地を買い戻し、
その地に建設したものである。
児玉家を改装して開設した文庫は、近代図書館の先駆けをなすもので、
当時のイギリスの新聞にも紹介され、徳山の誇りとする偉大な業績の一つです。

同文庫の初期の蔵書は、有志からの寄贈と旧徳山藩校・興譲館の蔵書で
あったものから成り、約8,000冊であった。
児玉文庫蔵書と貸出箱拡張または改造されながら、徳山の文化の拠点として発展し、
昭和16年、その蔵書は約42,000冊となったが、昭和20年7月26日の空襲により
焼失してしまった。

d0061579_16151469.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-28 16:16 | 歴史 | Comments(0)
億万長者だらけの村・・・【華西村】

江蘇省江陰市にある華西村は1955年に村として誕生した。
村ができた当初は面積0.96km2人口わずか667人
1人あたりの年平均所得はわずか53元の貧困村だった。


d0061579_12285192.jpg


設立当初から2003年までの48年間にわたり華西村共産党委員会書記を務めた
呉仁宝氏は、農業に加えて工業を村の産業に加える事で活路を見出すべく、
60年代末に小さな金属加工工場を作った。
時は折りしも文化大革命の進行中、階級闘争華やかななりし時であったが、
村の超機密事項としてアンダーグラウンド化させてまで工場経営を続け、
村に大きな利益をもたらした。


改革解放後はもともと商才のあった呉氏の才華が思う存分発揮され、
工業・農業・商業・観光業・建築業と産業の多角化を行い
大きな利益をあげ村全体が潤った。

現在では人口35,000人、村の年間経営収入500億元(約6千億円)、
税収8億元(約110億円)、村民1人あたりの貯蓄高が600万元(約7200万円)から
2000万元(約2億4000万円)という超富裕村になった。


d0061579_12412571.jpg


村民は皆別荘のような一戸建ての住宅をもち、自家用車を所有、
村には村民の豪華な住宅が整然と並んでいるほか、
北京の天安門などを模した建築の他、1996年に1億2千万元を投資して
作った高さ98メートルの複合商業施設「華西金塔」がそびえたつという
「天下一の村」を標榜するだけの豪華な景観が広がっている。


d0061579_1243614.jpg


2011年10月8日、地上72階建ての高層ホテル「華西竜希国際大酒店」
(高さ328メートル)が完成し、建村50周年の記念式典と合わせて報道陣に公開された。
高層ホテルの60階に装飾品として置かれた純金1トンの牛。
3億元(約36億円)以上の価値があるという。


d0061579_1305828.jpg

d0061579_1311763.jpg


建設費は約25億元(約300億円)で村営企業が建設した。
約800の客室のほか数百戸の住宅部分も併設。
村民約200人が建設費として1千万元(約1億2千万円)ずつ
出資しているとんでもない農村である。

[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-21 13:03 | 未分類 | Comments(0)
『一命』

滝口康彦の小説『異聞浪人記』を原作としており、
62年に仲代達矢主演の『切腹』として映画化されたそうで、
今回は、歌舞伎俳優・市川海老蔵主演の時代劇初の3Dでの
再映画化です。

過去に『切腹』がタイトルの映画だったと聞いたので、
武士の無残な立会いや、死闘場面がメーンの映画かと思っていましたが、
あにはからんや、幕府より取り潰しにあい、その日の食事にも困るほどの
食い詰浪人の親子愛、その娘の夫婦愛が背景になった、
武家社会の理不尽さを説いた映画とは!


d0061579_11275966.jpg


津雲半四郎と名乗る食い詰浪人が井伊家の庭先で切腹したいと申し出る。
困惑した家老は、以前、千々岩求女(ちぢいわ もとめ)という若侍の
“狂言切腹”に竹光で腹を切らせ、のたうちまわりながら死んだ話を
半四郎に聞かせることから映画が始まる。


仕事も家もなくし生活に困った浪人たちの間で“狂言切腹”が流行していた。
裕福な大名屋敷に押し掛け、庭先で切腹させてほしいと願い出ると、
面倒を避けたい屋敷側から職や金銭がもらえるという
都合のいいゆすりだった。
当時の風潮を武士の風上にもおけないと考え、
こらしめのため本当に切腹させることにした。若者は青くなった。
一両日待ってくれれば、必ず戻ってきて、切腹する、と懇願するが、
許されなかった。


d0061579_120774.jpg


いざ、切腹の段になったが、若者は愕然とする。
腹を切る刀は自分の刀・・・実は竹光・・・だ。
何という非情。周りで見ている武士は嘲笑っていた。
観念した若者は半ばやけになって、竹光を腹に突き立てた。
しかし、竹光で切腹できる訳が無い。早く切れと急かす介錯人。
若者は舌を噛み切り、全体重をかけて竹光を腹に突き刺し、果てた。


家族を守るために自分の命を懸けた男・求女。
彼にとって、『一命』とはなんだったのか。
一方には、人の命よりも面目を重んずる「武家社会」を映しながら、
そこから切り取られた感情は、現代人にも響く生々しさで描かれている。


倒産した会社の元社員が日雇派遣に転職したり、生活費や家のローン
に困った挙句に心中を図るなど、21世紀の現代でもありそうな題材で
求女らの置かれた状況が非常に身につまされる作品だった。

武士の世の中の「不条理」や「潔さ」に身がつまされる思いを感じ、
懸命に「生きる」ことの大切さも痛切に感じとりました。

[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-18 12:01 | コラム | Comments(0)
今回は端ない・慎みがない投稿になりました (/o\) 恥ずかしい

最近、女優鈴木京香さんが主演の「セカンドバージン」が評判になっていますが、
【セカンド・バージン】とは、アメリカ合衆国の純潔運動から引用されてそうです。


過去に純潔を失っているが、「結婚するまで性交渉をしない」という
新たに誓いを立てて、再び人生のスタートを切った人を指すそうですが・・・

意味がよく判りません!
過去は未婚? それは遊び?では最愛の人と結婚するまではという意味でしょうか?
過去の失敗を繰り返さない様にという、自分に対しての.戒めでしょうか?


タイトルの“セカンドバージン”とは何か。本来の英語とは異なる意味の和製英語でして、
初体験をバージンとするならば、ご無沙汰セックスのことを表している。
ちなみに、 アンケートによると空き期間が、3年から5年と いったところを示すようだ。


余談ですが、男性の場合を 「セカンドチェリー」と言うそうですが・・・
たぶん、実践する様な男性は皆無でしょう。
本当に好きな人としか…とか、
心に決めてる紳士はたくさんいるとは思いますが。
結婚と貞操をリンクさせてそこまで理性的であり続けられる男は
なかなかいないと思います。

ルールやモラルを見失いつつある今の世の中で、
それぞれが何を大切に何の為に生きて行くのかが問題ではないのかな~
つまり、貞操観念の価値感の違いだけてしょう!
人生を修正するほど2番目の相手を愛してない人が大多数のように思います。

[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-12 06:52 | コラム | Comments(0)
ギリシャの国家破産

国家破産の定義は、政府が債務を履行できなかったときと言えます。
国家破産に陥っても国家そのものは存続しますから、
破産国家とは政府が自立的に国策を決定・遂行できない状態と
イメージしたらいいでしょう。
外交政策ではほぼ自立性がないという状況が続いてきましたから、
経済政策(財政・税制・金融)での自立性がさらに失われる状況になると
考えたらいいかもしれません。

つまり、政府は資金調達ができず、職員の給料や、
モノの購入の支払い、国債の利払いができなくなる。
これが国家の倒産、つまりデフォルト(支払い不能)です。
民間企業で言えば、銀行が融資を断った倒産状態と同じです。

ギリシャ国債のデフォルト(債務不履行)が懸念されるなど、
欧州危機の深刻の度合いが増している。
米証券大手のリーマン・ブラザーズの経営破たんから、
2011年9月15日で丸3年。ギリシャが財政破たんすれば、
イタリア、スペインにも危機が波及、そして欧州危機が
「第2のリーマン・ショック」になる可能性が膨らんでいる。

ギリシャ国債のデフォルト観測が強まったことで、
これまでギリシャ国債を大量に買ってきた欧州大手金融機関にも
信用不安が広がり、預金が流出するなど経営不安を招いている。

ギリシャの財政破たん→世界同時株安、ユーロ安→金融機関の損失が膨らみ、
信用不安が拡大→金融機関の経営破たんや企業への貸し渋り→
企業業績や資金繰りの悪化→リストラや倒産、消費低迷といった具合にデフレ・スパイラルに陥って、世界的な大不況がやってくる。


「1国が破たんすることに加えて、通貨危機を引き起こすことにもなりかねないのですから、
リーマン・ショックより酷いことになるかもしれません」

政府が言うこと、及び約束を、金融マーケットが信用しなくなった状態が、
国家財政の破綻です。金融マーケットが、政府の言うことを信じなくなれば、
日本でも同じことが起こります。これが、恐慌の根本の原因です。
恐慌とは、信用の崩落です。

通貨と国債価格の暴落は、政府信用が失われた状態です。
それが起こると、以下のような、経済恐慌のプロセスをたどります。


1.恐慌の発生プロセス
 (1)表面金利が暴騰する。金利が100%、200%を超えることもある。
 (2)高金利で、負債の過剰な企業は、ほぼ全部が倒産する。
 (3)株価は暴落し、企業活動、銀行活動が縮小し、物価は騰貴する。
 (4)倒産で失業が増える。

2.恐慌の治療のプロセス
 (1)国際金融の安定に使命をもつIMF(国際通貨基金)が、緊急融資するが、
条件として政府に緊縮財政を要求する。
   (IMFの資金は、先進諸国の出資でまかなわれます)
 (2)政府は、IMFの要求で緊縮経済を敷き政府予算を縮小する。
 (3)さらに、失業と倒産が増える。
 (4)通貨下落で輸入ができず、物資が不足する。

3.恐慌の収束プロセス
 (1)国民が従来の生活水準を低下させる。
 (2)実質賃金を低下させる。
 (3)政府支出が、税収とバランスする。
 (4)輸入が減り、貿易収支がバランスする「見込み」が出たところで、底を打つ。
 (5)このプロセスで企業は世代交替し、次世代経済に向かう。
[PR]
by kfujiken2 | 2011-10-10 06:58 | コラム | Comments(0)
ブログトップ