長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私塾は、幕府や藩が設置した教育機関とは異なり、一定の枠にはまらず、塾主の個性と、
有志者の自発性を基盤として発展した教育機関である。特に、江戸時代後期に活発な活動が
見られ、多くの有能な人材を世に送り出している。

「私塾」には、咸宜園(大分・廣瀬淡窓)、鳴滝塾(長崎・シーボルト)、松下村塾(山口・吉田松陰)、
適塾(大阪・緒方洪庵)、洗心洞塾(大阪・大塩平八郎)、梅花塾(大阪・篠崎小竹)等があり、
世に知られている。


長州藩の代表的な【私塾】を紹介しましょう!!!

◆ 松下村塾

松下村塾は1842年(天保13年)に松陰の叔父、玉木文之進が自宅で私塾を開き、松下村塾と名付けた。
継いで松陰の外叔、久保五郎左衛門がその名を継承し、子弟の教育にあたり、
1857年(安政4年)に藩校明倫館の塾頭を務めた吉田松陰がこれを引き継ぎ、
1858年(安政5年)に勝因が野山語句に際投獄され廃止された。


d0061579_8464339.jpg


◆ 清狂草堂(別名:時習館) 

柳井市遠崎妙円寺の境内にあり、幕末の勤皇僧、詩人。オランダ軍艦を見て衝撃を受け、
諸国を遍歴して勤王の志士らと交わり、海防の策を講じたので「海防僧」と称せられた僧月性
ひらいた私塾は、嘉永元年(1848年)から安政元年(1854年)頃までの約七年間。
吉田松陰とも交わりがあり、門下生に奥州鎮撫使参謀となった世良修蔵や3代目奇兵隊総督と
なった赤祢武人、本願寺の重鎮となった大州鉄然、諸隊の脱隊騒動の首謀者とされる大楽源太郎ら
多数の人材がいた。


d0061579_8552925.jpg

【清狂草堂】

◆ 山口講堂[山口講習堂]

1813年(文化10年)長州藩は、上田鳳陽を儒役に任じ、中河原の御茶屋(公邸)の前に山口講堂を設置して山口在住諸士の教育を開始した。
45年(弘化2年)同所は山口講習堂と改称し、萩明倫館、三田尻越氏塾に次ぐ学問所となった。
60年(万延1年)山口講習堂は萩明倫館の直轄となり,翌年中河原から亀山の東麓に移転し,
重要な藩の人材養成機関となった。
山口講堂こそが山口大学の「基」なのである。


◆ 越氏塾[三田尻講習堂]

儒医・河野養哲が自宅に三田尻御船手組の子弟を集めて開校した私塾で、
その時期は藩校明倫館以前に遡る。明倫館創設の際には、高弟の山根華陽らが同館の教師に
登用された。1767(明和4)年に明倫館の付属校となり越氏塾と公称の後、明倫館の支配を離れて
三田尻の郷学となっている時期もあった。
宝暦9年(1759年)、養哲の33回忌にあたって、門弟の山根華陽・小田村公望らが、
養哲の遺徳をしたい、碑を上ノ丁の越氏塾に建立した。
現在、その碑は華浦小学校の校庭に移転されている。

[PR]
by kfujiken2 | 2012-12-27 09:06 | 歴史 | Comments(0)
「郷学(ごうがく)」とも呼ばれる。長州には郷校が20校あつたそうですが・・・

領内の僻地にある藩士を教育するために、藩みずからが藩侯の支族や家老などの
知行地に建てた家臣の学問所である。
藩校の分校的な性格のものと庶民教育を目的としたものとがあった。


◆ 三丘宍戸家・・・第8代藩主宍戸就年が、1809年(文化6年)士民子弟の教育につとめるため【郷校・徳修館】を周南市安田に創立した。

現存する山口県唯一の郷校で、昭和23年山口県徳修高等女学校が山口県立徳修女子高等学校へと県立移管、昭和24年山口県立熊毛北高等学校と改称し現代に至る。

d0061579_18511848.jpg


◆ 右田毛利家・・・2代毛利元倶(もととも)は、寛永5年(1628年)に右田毛利家の【郷校・時観園】を周防右田(現在の山口県防府市)に設立して学問を振興した。

1628年につくりました。藩の学校や江戸幕府の学校よりも早くつくられています。
滝鶴台[たきかくだい]という有名な学者が一時期教えていたことでも知られています。


◆ 厚狭毛利家・・・9代藩主毛利房晁(ふさあき)は、協和2年(1802年)父・毛利就宣と共に【郷校・朝陽館】を設立。

◆ 吉敷毛利家・・・4代藩主毛利 就直(なりなお)は、1805年(文化2年)に【郷校・憲章館】を(現在の山口県山口市吉敷)に設けた。

◆  阿川毛利家・・・7代藩主毛利広漢( ひろくに)が、宝暦3年(1753年)に【郷校・時修館】を現在の山口県下関市豊北町に創設して学問を奨励した。

◆  大野毛利家・・・7代藩主毛利親頼(ちかより)が、文化11年(1814年)に家臣や子弟の教育のために【郷校・弘道館】を熊毛郡大野(現在の山口県熊毛郡平生町)に設立。

◆  須佐益田家・・・8代藩主益田元道が、享保20年(1735年)に【郷校・育英館】を創建し、
家臣子弟の学問を奨励した。育英館は幕末に人材を輩出し、育英小学校の前身となる。

◆ 宇部福原家・・・23代藩主福原親俊が、郷校・晩成舎を設立する。弘化2年(1845年)儒学者佐々木向陽を招請し、晩成舎を移転して菁莪堂と改称。

[PR]
by kfujiken2 | 2012-12-23 19:02 | 歴史 | Comments(0)
明治時代に入ってからも、各方面で様々な人材を輩出するなど、教育や人材の育成に熱心な
県民性は、「教育県山口」の名を高らしめました。
幕末・維新の激動期に、長州藩から多数の人材を輩出した最大の原因は、
長州藩の教育水準の高さと底辺の広さにあったといわれています。

幕末維新期に全国1位 だった郷校の数20校(全国108校)
全国2位 だった寺子屋の数1,304校(全国約15,550校)
全国4位 だった私塾の数106校(全国1,140校)
]

【長州藩の本藩校】

◆ 萩毛利藩の藩校・・・明倫館

1719年、防長文教の祖といわれる第5代藩主毛利吉元によって初めて建てられた藩校明倫館は、
江戸末期に200あまりを数えた藩校のうち12番目にできたもので、幕末期には、設備、教育内容
ともに勉強に必要なものをすべて備えた学館となり、藩校としては天下にほこる見事なものだったと
いわれています。 また、明倫館が建てられたことをきっかけに、藩内各地に、支藩校、郷校、私塾が
つくられました。
さらに幕末期には、寺子屋などの庶民教育にも力がそそがれました。

長州藩の明倫館、水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷学校と並び、日本三大学府の一つと称された。

藩校明倫館は、吉元の財政改革と連動したものであり、全体として藩政改革を構成している。つまり吉元は、財政改革と藩校設置により、藩士の意識改革をはかったのである。

明倫館に入学する学生を、下級家臣まで広げるだけでなく、一般庶民にまで広げたのである。
さらに注目すべきことは、藩内各地に明倫館の分校を設置したことである。分校には山口明倫館、
三田尻学校、国学校、洋学校、医学校、諸郡に置かれた郷学校があった。藩校としての明倫館は、長州藩すべてに学校教育の網をかぶせたと言えるだろう。すなわち、明倫館は藩内の有能な人間を把握出来るのである。


d0061579_9211830.jpg


d0061579_9212093.jpg
d0061579_922076.jpg


【長州藩の支藩校】

● 徳山毛利藩の藩校・・・鳴鳳館[興譲館]

天命5年(1785)7代就馴(なりよし)が、藩主の館邸近くに藩校「鳴鳳館」が創設されました。
天保2年(1831)現在の徳山小学校地へ移設されて、嘉永5年(1852)に興譲館と改称されました。

● 長府毛利藩の藩校・・・敬業館

寛政4年(1792)長府藩主10代匡芳(まさよし)は、これまでの門閥格式を超え、
資質に恵まれた人材の登用の必要から、敬業館と演武場を創設しました。
藩士の子弟は、15歳になると必ず敬業館で学ぶことを義務付けられたといいます。
明治維新後は県立豊浦中学校、そして現在の県立豊浦高等学校へと受け継がれています。


● 清末毛利藩の藩校・・・育英館

天命7年(1787)清末藩主4代匡邦(まさくに)は、藩校・育英館を創設する。
[PR]
by kfujiken2 | 2012-12-17 09:32 | 歴史 | Comments(0)
日本には、古来から、官制の教育機関と民間の教育機関があります。

● 藩校は、藩が設立した、いわば公立学校で、入学資格は藩の武士階級の子弟です。
自藩の有能な人材を育成しようと、また武士の教養程度を挙げようと、藩校を設けました。


● 郷学は、半公立学校とも言え、藩校に準じて、藩が認めているもので、入学者は武士や一般
庶民で、藩が設立する場合と、庶民や武士が設立し、藩が認めるというような形が多いようです。

● 私塾は、或る程度知名度のある知識人の先生の元に、教えを請う人がいて、自然発生的に
学校のような形になったもので、基本的には、寺子屋と違って、成人が入学する私学です。

● 寺子屋は、ほぼ純粋に庶民の子弟の基礎教育に当たったもので、経営者や教授者は色々で、
大体、現在の小学校・中学校が、民間で造られたというようなものです。これは、社会の発達に応じ、
一般庶民も読み書き算数や、その他の色々な教養が必要になった為、需要ができて、それに応じて多数成立したものです。大体、六歳頃から十二歳頃までの庶民の子弟が学びました。


◆ 【藩校】

藩士の子弟は皆強制的に入学させ、庶民の子弟は入学できなかった。

藩校では「文武兼備」を掲げ、7~8歳で入学して第一に文を習い、後に武芸を学び、
14~15歳から20歳くらいで卒業する。
教育内容は、四書五経の素読と習字を中心として、江戸後期には蘭学や、
武芸として剣術・槍術・柔術・射術・砲術・馬術などが加わった。

代表的な藩校としては、会津藩の日新館、米沢藩の興譲館、水戸藩の弘道館、長州藩の明倫館、中津藩の進脩館、佐賀藩の弘道館、熊本藩の藩校時習館、鹿児島藩(薩摩藩)の造士館などが
有名である。


d0061579_16245756.jpg


◆ 【郷学】

近世から近代初期にかけての教育機関の一つ。藩学(藩校)とも寺子屋とも異なる教育機能を示す学校である。領内の僻地にある藩士を教育するために,藩みずからが藩侯の支族や家老など
の知行地にたてた家臣の学問所である。

著名なものには、岡山藩(岡山県)の閑谷学校、福山藩(広島県)の廉塾、伊勢崎藩(群馬県)の
五惇堂、水戸藩(茨城県)の延方郷校があります。 


d0061579_16431748.jpg

岡山県の閑谷学校

◆ 【私塾】

私塾は、幕府や藩が設置した教育機関とは異なり、一定の枠にはまらず、塾主の個性と、有志者の自発性を基盤として発展した教育機関である。特に、江戸時代後期に活発な活動が見られ、
多くの有能な人材を世に送り出している。

「私塾」には、咸宜園(大分・廣瀬淡窓)、鳴滝塾(長崎・シーボルト)、松下村塾(山口・吉田松陰)、
適塾(大阪・緒方洪庵)、洗心洞塾(大阪・大塩平八郎)、梅花塾(大阪・篠崎小竹)等があり、
世に知られている。


d0061579_16482294.jpg


◆ 【寺子屋】

寺子屋とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き、計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設である。江戸では「手習指南所」「手跡指南」などと呼ばれた。
寺子屋の教育は「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、
さらに地理・人名・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われた。
教材には『庭訓往来』『商売往来』『百姓往来』など往来物のほか、文字を学ぶ『千字文』、
人名が列挙された『名頭』『苗字尽』、地名・地理を学ぶ『国尽』『町村尽』、『四書五経』『六諭衍義』
などの儒学書、『国史略』『十八史略』などの歴史書、『唐詩選』『百人一首』『徒然草』などの古典が用いられた。


d0061579_16552849.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2012-12-13 16:56 | 歴史 | Comments(0)
1. 膠原病という「病気のとらえ方」

膠原病は、病理学者Paul Klemperer(1887-1964)が、1942年に提唱した新しい病気の考え方です。

何世紀もの間、病気は特定の臓器が障害されて起こるとする「臓器病理学」の考えが支配的であり、
病気の診断は臓器の病変に基づいて行われてきました。

Klempererは、全身性エリテマトーデスのように多数の臓器が同時に障害され、どの臓器が病変の中心であるのかを特定する事が出来ない病気があることに気づきました。
綿密な病理組織学的検索によって全身の「結合組織」が病変の主座であり、しかも「フィブリノイド変性」という病理組織学的変化が共通して見られることを示し、このような疾患群を「膠原病」(Collagen Disease)と命名しました。


膠原病の特徴

1.原因不明の疾患
2.全身性炎症性疾患
  発熱,体重減少,倦怠感,易疲労感
3.多臓器疾患
  皮膚,関節,腎臓,肺,心臓,神経,筋,消化器,眼,血液
4.慢性疾患
  再燃と寛解を繰り返す
5.結合組織のフィブリノイド変性
6.自己免疫疾患


2. 膠原病に含まれる病気

免疫・膠原病内科の対象疾患の56疾患の一例
d0061579_9482825.jpg


3.「膠原病」は病名ではない

膠原病の考え方は、とりわけ臨床医には好意的に受け入れられました。
しかし、Klempererは「膠原病」が「診断名」として安易に使われすぎることを懸念し、
この名称は臨床的および病理学的に理解が困難な症例に対するくずかご的診断名ではないと
警告しました。

Klempererの意図したことは、病気の成り立ちについての考え方であり、決して疾患名あるいは
診断名を提供することではありませんでした。
しかし、半世紀たった現在でも生半可で安易な「膠原病」という病名が堂々とまかり通っていることを
考えるとKlempererの危具は当を得たものであったといえましょう。

このような経過から、欧米では現在「膠原病」の名称が論文や教科書で使われることはほとんどなく
「結合組織疾患」(connective tissue disease)や「リウマチ性疾患」(rheumatic disease)の
名称が多く用いられています。


4. 膠原病は「自己免疫疾患」

膠原病患者の血液中には、自分自身の体の構成成分と反応してしまうリンパ球(自己反応性リンパ球)や抗体(自己抗体)が見つかり、このことが膠原病という病気を引き起こす原因になっていると考えられます。

このために膠原病は「自己免疫疾患」とも呼ばれます。

したがって、膠原病の治療には病気を引き起こすリンパ球の働きを抑えたり、自己抗体が作られるのを抑えるために、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)や免疫抑制薬が用いられます。


5. 「難病」としての膠原病

膠原病は、原因が不明で治療法のない「難病」というイメージが強くもたれていました。
わが国では膠原病とその関連疾患の多くは,厚生労働省によって特定疾患(いわゆる「難病」)に指定され、公費補助対象疾患とされています。


しかし、近年の医学の進歩によって、膠原病の生命予後は大きく改善しました。
[PR]
by kfujiken2 | 2012-12-06 10:05 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ