山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅

最新のコメント

>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新の記事

下松に雪舟の弟子によって造ら..
at 2017-11-22 10:24
幻の下松藩邸
at 2017-11-08 13:07
陽気につられて紅葉狩り
at 2017-11-01 16:18
深睡眠(しんすいみん)とは
at 2017-10-29 10:02
乃木希典と児玉源太郎
at 2017-10-24 12:12

ブログジャンル

歴史
中国

画像一覧

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本の黒歴史

2015年8月15日の「そこまで言って委員会NP」は、
「シリーズ 『戦後70年』 徹底検証 日本の黒歴史」というタイトルで放映。


正しい歴史認識者である櫻井よしこさんを、スペシャルMCに迎え、
中国・韓国などの反日国家の情報工作によって捏造された歴史をぶった斬るという内容だ。


「そこまで言って委員会NP 」の今回の徹底検証討論会は、次の3項目でした。
① 従軍慰安婦
② 南京大虐殺
③ 関東軍731部隊


① 従軍慰安婦

「日本軍の組織的な女性の強制連行」という虚構が、問題にされているのです。
強制連行・日本兵による強姦というのは全くの嘘であり、
問題にされているのが”軍による強制が本当にあったのか?”です。
なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが
分かっているからです。大卒の初任給が月収20円」の時代に、月収300円
というのは現在の価値に換算すると月収133万円以上の高給であり、
軍の高級将校の給与に匹敵します。慰安婦の募集内容からして、
誰が読んでも 「売春の仕事だ」 と分かります!


d0061579_11195422.jpg

d0061579_11204235.jpg

















日本の歴代の首相は、繰り返し、繰り返し、正直に事実を
認め、誠実に謝罪し、誠実な謝罪の証しとして、1965年の
8億ドルもの膨大な賠償金に追加する形で、その都度、
さまざまな形の経済協力金と称する6,700億円もの
賠償金の追加支払いを行ってきた。


② 南京大虐殺

1937年12月、日本軍は支那事変を終結させるため、南京へ侵攻。
12月13日にそこを占領しました。いわゆる「南京大虐殺」とは、
その占領から約6週間の間に30万人の人間(市民や捕虜)が
日本軍によって南京で虐殺されたとする説です。
南京市の人口は、日本軍の南京への攻撃開始前に約20万人でした。
20万人しかいない所で、どうやって30万人を殺せるでしょう。
しかも日本軍の南京占領後、南京市民の多くは平和が回復した
南京に戻ってきて、1ヶ月後に人口は約25万人に増えているのです。
もし「虐殺」があったのなら、人々が戻ってきたりするでしょうか。


「南京大虐殺」は捏造だった証拠に・・・
中国兵たちの悪行に辟易(へきえき)していた南京市民たちは、
日本軍の入城を歓声をもって迎えた。

d0061579_1125090.jpg


ここで虐殺という言葉の定義をきちんとしておかなくてはいけない。
戦闘員を殺すのは虐殺とは言わない。民間人を民間人と知っていながら
殺すのは明らかに虐殺だ。
中国が大虐殺と言っているのも日本軍が民間人と知りながら殺したと
主張している。そのことについてはかなり怪しい。
ではアメリカは民間人と知りながら、25万人殺している原爆投下は
国際法違反で、大虐殺ではないか!!!


③ 関東軍731部隊

日中戦争前後に満州に駐留していた日本陸軍の関東軍の部隊の一つ。
正式名称は「関東軍防疫給水部」であり、通称が満州七三一部隊といわれ、
創設者の名称をとって石井部隊ともいわれる。
この部隊は表向きは軍の防疫対策(すなわち感染症予防の対策)や
給水技術(軍隊に安全な水を供給する方法など)を研究する組織としていた。
しかし、この部隊では生物化学兵器の研究やそれに伴う各種の実験を行っており、
非人道的な人体実験を行っていたとされる。
この部隊では、生理学的実験(凍傷や銃創などの試験や治癒状況の調査)、
毒ガスを主とする化学兵器、コレラやペストを使った生物兵器を、
性病に関する実験等を研究し、それらの兵器の効果や持続性などの
研究を行っていた。その為に中国人やロシア人などの捕虜や
(スパイ容疑などの)囚人、または(それらと間違われた)民間人を集め、
彼らを隠語で「マルタ」と呼び、様々な人体実験を繰り返していた。
 研究された兵器は小規模での実験的実戦投入がされたらしく、
大規模実戦も計画された可能性もあるものの、米軍の原爆投下や
ソ連の対日参戦を受け、大本営の命令により撤退と証拠隠滅が図られ、
施設や各種資料は破壊され、関係者の多くは本土へ引き揚げた。

戦後、彼らの調査結果である実験資料は高度な水準と見なされ、
米ソが挙って入手しようと目論んだ。
元731部隊の隊員としては、薬害エイズ事件の中核企業
「日本ブラッドバンク⇒ミドリ十字」を興した内藤良一が有名である。
731部隊に関する歴史的資料は証拠隠滅や極秘扱い、アメリカの思惑などが
あって一般人の見える範囲にはあまり残されておらず、部隊の活動などを
疑問視する見方もある。また、この部隊は日本に存在した
陸軍軍医学校防疫研究室(別名:陸軍防疫給水部)が大元であり、
731部隊は単なる研究実証機関に過ぎないという意見もある。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-08-27 11:35 | 未分類 | Comments(3)

薄氷の状況におる安倍晋三首相

参院平和安全法制特別委員会は12日から夏休みに入っており、
今日から再開する。
しかし、所詮野党が四の五のと言っても自民党は「60日ルール」を利用し、
衆議院に戻されて、絶対数の差で強行採決は始から分かってるじゃない!!!
政府・自民党が特別委員会で十分議論をと言っているのは、
一種のパフォーマンスと言うかデモンストレーションの様なものですよ~


d0061579_9523154.jpg


※ 「60日ルール」〓 みなし否決
衆議院で可決され参議院に送付された法案が60日以内に議決されない場合、
衆議院は参議院が法案を否決したものとみなす、憲法59条4項の規定。
衆議院は再議決により法案を成立させることができる。
つまり、「国民の理解が進んでいないのは事実だ」と安倍晋三首相が認めた
安全保障関連法案を政府・与党は、世論の支持が低迷したままでも
強引に成立へ強行させるのが可能なのです。
安倍内閣、自民党は今「負のスパイラル」に入っています。
「安倍政権の終わりが始まった」という起点になるかもしれません。


平成24年12月の第2次安倍内閣発足後で最低だった前回調査
(7月18、19両日実施)より3・8ポイント上昇し、43・1%となった。
永田町では内閣支持率について「30%台で黄信号、20%台は危険水域、
20%割れで退陣」といわれる。最近の首相の政権末期の支持率を見ると、
麻生内閣(18%)、鳩山内閣(17%)、菅内閣(14%)と20%を下回った
ところで退陣に追い込まれている。


d0061579_9531759.jpg


私は・・・
安保関連法案成立 = 集団的自衛権の行使を容認 = 憲法9条を壊す
つまり、安保関連法案が成立したら、当然集団的自衛権の行使を認めこととなり、
最終的には「戦争の放棄」を謳っている憲法9条を壊すことに繋がると考えます。


d0061579_9555767.jpg


ここで ①安保関連法案 ②集団的自衛権 ③憲法9条の説明を少し致しましょう・・・

① 安保関連法案とは、新法「国際平和支援法案」と自衛隊法改正案や
武力攻撃事態法改正案、重要影響事態法案、PKO協力改正案など
10法案を一括改正する「平和安全法制整備法案」との2つからなる。

新法では国際紛争にあたっている米軍や他国軍の後方支援を目的に、
自衛隊の海外派遣を可能にする。武力攻撃事態法改正案では
「存立危機事態」において、歴代内閣が憲法9条で禁じられていると
解釈してきた集団的自衛権の行使を認める。これら法案が成立すれば、
日本の安全保障政策は大転換点を迎えることとなる。

② 「集団的自衛権」とは、自国と密接な国が武力攻撃された際に、
自国が攻撃されていなくとも実力をもって阻止する権利のことをいいます。
日本にあてはめれば、同盟国アメリカが攻撃された場合に、
日本が攻撃されていなくとも反撃する権利を意味します。
国連憲章によって各国の固有の権利として認められていますが、
日本は憲法9条の制約によって行使できない、という立場をとってきました。

③ 日本国憲法第9条は、第1項で「戦争の放棄」、第2項で「戦力の不保持」と
「交戦権の否認」を定めている。
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。


**********************************

安倍晋三首相の集団的自衛権法制化が、1960年に祖父の岸信介首相が主導した
日米安保条約改定の様相と「そっくり」に進められている。

岸元首相は戦勝国アメリカと、より対等な関係を結ぶという名分の下、
北東アジア冷戦に、いくつかの関与する方向で日米安保条約改定に乗り出した。
岸元首相は、日本内乱時に米国の介入規定を制限する在日米軍の配置など、
両国政府の事前協議制度の新設などで条約の不平等性を解消すると主張した。

だが、在日米軍への攻撃に自衛隊と在日米軍が共同で対応するという内容と、
日本の安全と極東の平和のために米軍が日本の施設及び区域を使用できる
ようにするという内容などが改正条約に明記されて議論の火種となった。

しかし、安倍首相は祖父の岸元総理「やり残した」集団的自衛権行使を実現するため、
安保法案に邁進しているように見えるが、それは大きな勘違い。
岸氏は「やり残した」のではなく、あえて「やらなかった」のだ。
祖父が戒めんとした「憲法9条」の禁を犯せば、心酔してやまない祖父の顔に
泥を塗るようなものだ。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-08-19 10:07 | コラム | Comments(0)

戦後70年の節目となる『日本のいちばん長い日』を観て来ました。

個々の命が軽んじられる戦争の悲惨さと、そんな戦争を終わらせるという
困難な決断を迫られた人間達の、それぞれの人間性の本質が伝わってくる、
そんな作品です。
映画を観て、あらためて戦争について考えさせられました。
私はなぜ「敗戦」と言わず「終戦」と言うのか、ずっと疑問だった。
日本は戦争に負けた。それは事実である。だが、指導者たちにとっては
「どうやって戦争を終わらせるのか」こそが重大問題だったのだ。


昭和天皇による聖断が下り、阿南陸軍大臣が陸軍本部に詰めかけた
青年将校たちにポツダム宣言受諾の決定を伝える重要なシーン。
軍人として最後まで戦い抜くと誓っていた畑中ら将校たちは、
日本の敗戦を決定づける決断に激しい憤りを見せ「辞職して全部を
ひっくり返してください!」と陸軍大臣阿南惟幾に食ってかかるが、
「納得できぬならまず私を斬れ! 阿南を斬ってからやれ!」と
鬼の形相で叫ぶ阿南陸軍大臣に気圧され、ぼう然と立ち尽くす。
役所広司が、軍人としての誇りに背きながらも、昭和天皇を支え、
平和的解決を選んだ男の覚悟と悲哀を迫力ある演技で魅せます。


d0061579_90116.jpg

御前会議の様子

【昭和天皇の聖断】

聖断とは、「天皇の決断」のことを意味します。
戦争は、始めるよりも終える方が遙かに難しいと言われる。
一歩まちがえば、日本は完全なる廃墟に化していたし、
日本は、本当に危ういところで、首の皮一枚で生き延びたのです。
終戦へのイニシアティブを取ったのは、昭和天皇だった。

天皇は、最高戦争指導会議の六人のメンバーを招いて、私的な懇談を行った。
その中で、天皇は、「これは命令ではない」とされた。
天皇が、「これは命令ではない」とされたのには、もちろん理由がある。
明治憲法体制のもとでは、形式的には天皇に統治の大権が集約されていたが、
その行使にあたっては国務大臣の輔弼(ほひつ)を得ることになっていた。
つまり、天皇は専制君主のように自らの意思で政治を行うのではなく、
たとえご自身の意思に反する場合でも、内閣の決定については、
最終的には裁可を与えなければならない立憲君主の立場にあった。
だから、天皇自身の意思は、こうした私的な形をとって表明されるより
ほかはなかったのである。
昭和天皇は苦渋の決断で、ポツダム宣言の受諾を「ご聖断」されたのである。


私が理解出来なかったのは、絶対的な権限の天皇「ご聖断」が下させたのに、
状況から見ても一目瞭然、決定的な敗戦は分かっていたと思うのですが、
徹底抗戦派とも見られていた青年将校は、なぜ徹底抗戦を貫きクーデターを
起こしたのだろう!!!
クーデターを起こした青年将校の政治的主張には、もちろん一半の真実が
含まれていたであろう。だからといって、法秩序を侵犯し、
大臣を殺害することは決して正当化されない。青年将校たちに陸軍大臣陸阿南惟幾ほどの秩序感覚があれば、昭和期の日本は決してあのような悲劇に陥らなかったと思う。

d0061579_91195.jpg

陸軍大臣阿南惟幾

この青年将校の精神・心理は日本軍国主義の軍人魂・愛国の為ならばの愛国心・・・
本当に国体護持の精神の誠からでたものだろうか?
敗戦・降伏を受け入れられない気持ちと、降伏後の国体護持への強い不安感が
衝動的な行動に結び付いたのではないでしょうか。
つまり、天皇の「ご聖断」よりも「全陸軍の方針」を優先する
セクショナリズム(割拠主義)ゆえの狂気なのではないでしょうか?

1936年に陸軍青年将校が起こしたクーデター未遂の二・二六事件では、
「尊皇討奸(そんのうとうかん)」というスローガンが用意されていたが、
この今回のクーデターには大義名分がなかった。「国体護持」という抽象概念であった。ただ陸軍の組織維持のための狼藉でしかない。


d0061579_951415.jpg


※ 割拠主義とは・・・
組織全体の利益よりも自分の所属する部局の利益を優先したり、
自分の担当以外の仕事には一切関心を示そうとしないような行動様式を指す 

※「尊皇討奸(そんのうとうかん)」とは・・・
天皇による政治を実現するためには私利私欲に走り 悪政をしている政治家どもを
討たなければならない、という意味です。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-08-13 09:13 | 歴史 | Comments(0)

どれだけの日本人がこの史実を知っているのか? 1945年8月15日の知られざる真実。

私を含め殆どのブロガーの方が、戦争をしらない子、つまり終戦後生まれだと
認識しております。今回安倍政権は強引にも集団的自衛権の行使容認を含めた
安全保障法案を、9月成立へ働きかけていますが、この法案を成立させたら
安倍さんは人の意見に耳をかさない、正に海外列強から日本を守ろうとした
吉田松陰同様だ!!!
ともかく戦争を体験した世代は年々減っており、戦争の記憶は私たちの周りから
風化しつつあります。


〔太平洋戦争終結の流れ〕

ポツダム宣言の受諾が御前会議において決定 → 大東亜戦争終結ノ詔書が閣議において確定→ 昭和天皇が詔書を読みあげになった録音・玉音放送を実施する

1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、
連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。
連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が
開かれるが結論を一本化できずにいた。やがて広島、長崎に原爆が投下され、
日本を取り巻く状況はさらに悪くなっていく。
全国民一斉玉砕という案も取り沙汰される中、阿南惟幾陸軍大臣は決断に悩み、
天皇陛下は国民を案じていた。


◆ ポツダム宣言

1945年(昭和20年)7月26日にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、
中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、
「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条から成る宣言である。


d0061579_9255836.jpg


【ポツダム宣言の受託】

昭和20年年(1945年)8月14日、ポツダム宣言の受諾が御前会議において決定しました。そしてすぐに大東亜戦争終結ノ詔書が閣議において確定されます。
宮内庁は今回、昭和天皇が終戦の御聖断を下した御前会議の舞台「御文庫附属庫」の
映像も初めて公開しました。昭和天皇の住まいだった御文庫の近くに極秘に
造られた地下防空壕。


http://www.asahi.com/articles/ASH7P45HGH7PUTIL02J.html
防空用地下施設として皇居に作られた「御文庫附属室」の会議室で
御前会議が行われた=宮内庁提供


◆ 大東亜戦争終結ノ詔書

昭和天皇による玉音放送で発表された文章をいう。
文章の奔りを・・・朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現?トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ
時局ヲ收拾セムト欲シ?ニ忠良ナル爾臣民ニ?ク


口語訳
私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、非常の措置をもって
時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良なあなたがた国民に申し伝える。


【玉音放送】

国民への発表の方法といえば、現代ならばTVでのライブ記者会見を思い浮かべますが、当時はまだTV放送開始前。一般に普及していた放送手段といえばラジオでした。
ただ、ラジオの生放送にご登場願うのはさすがに昭和天皇に恐れ多いとの
判断もあり、肉声での発表を録音したものを本番で流すという手法が提案された。

1回目の録音が終わったあと、昭和天皇は「声が低かったようだが、どうだったか」
と述べ、NHKの録音班が側近を介して「数か所おことばに不明瞭な点があった」
と伝えると、みずから「じゃ、もう一度やろう」と希望して2回目の録音が行われ、
2組の「玉音盤」が出来上がりました。

太平洋戦争の終わりを告げる天皇の“玉音放送”が行われたのは、
70年前の8月15日の正午だった。録音は前日の深夜、空襲警報の合間をぬって
皇居で行われた。
これに先立って、夜9時のラジオニュースは、「明日正午から重大放送が行われる」と
内容には触れずに放送の予告をしていた。この予告放送を聞いた国民の反応は大部分が
“米国への報復を表明するのではないか”と考え、敗戦を予想したものはほとんど
いなかったという。しかし、その内容が無条件降伏だと知った陸軍の徹底抗戦派は、
録音盤奪取を謀って皇居を襲撃し、内幸町放送会館を一時占拠した

2回録音された「玉音盤」は放送後、宮内省に戻されました。
このうち、1回目に録音され、放送では使われなかったほうの原盤は、
現在、東京・港区のNHK放送博物館にあります。昭和50年、放送開始50周年の
記念事業の一環として宮内庁から移されました。ひび割れなど時の経過による
劣化が目立ち、すでに再生不可能な状態で、放送博物館では、修復や保存の
措置を施したうえで、特殊なケースに入れて保管しています。
実際に放送された2回目の「玉音盤」の原盤は、戦後すぐにGHQに貸し出され
コピーされます。今テレビ番組などで使われている「玉音放送」は、
このコピーが音源になっているとみられます。終戦の翌年、GHQに命じられて
コピー作業をしたNHKの職員が、余分にコピーして自分で保管していたものが、
のちにNHKに渡り、広く用いられるようになったということです。


今回宮内庁が公開した御前会議の舞台「御文庫附属庫」や玉音放送の謎が、
このタイミングで映画『日本のいちばん長い日』で演じられている。
別に映画の番宣をしている訳ではないですが、よく理解出来ると思います。


d0061579_9343133.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2015-08-07 09:36 | 歴史 | Comments(0)