山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅

最新のコメント

>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新の記事

幻の下松藩邸
at 2017-11-08 13:07
陽気につられて紅葉狩り
at 2017-11-01 16:18
深睡眠(しんすいみん)とは
at 2017-10-29 10:02
乃木希典と児玉源太郎
at 2017-10-24 12:12
ドローン女子
at 2017-10-18 11:53

ブログジャンル

歴史
中国

画像一覧

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

紅葉狩りの第二弾

昨日 何のイベント情報なしで錦帯橋の紅葉をと岩国に出掛けると!!!
錦川清流駅伝競走大会の開催にぶっつかり、道路は渋滞・駐車場も満杯
おまけに祭日と来ているので、紅葉見学の人・人・人で大混雑・・・
彼方此方の臨時駐車場も空きが無し、参りました ((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!

諦めて束荷の伊藤公資料館に行きました。
ここは桜の時季もいいが、紅葉も素晴らしい隠れたスポットです。
歴史と風情を味わうことのできる場所です。


伊藤公と紅葉のコラボが迎えてくれました。
d0061579_1620313.jpg


伊藤公の生家に日本の四季が造り出す、儚いもの、質素なもの、空虚なものの中にある
美しさや趣や情緒を見つけることが出来ます。

d0061579_16234156.jpg


赤と白のコントラストが素晴らしい旧伊藤博文邸です。
d0061579_16294533.jpg


旧伊藤博文邸の階段の手すりに伊藤家の家紋「上がり藤」の彫刻が彫られています。
d0061579_16321811.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2015-11-24 16:34 | 風景 | Comments(0)

鹿野の漢陽寺に紅葉狩り

漢陽寺は、約600年もの歴史をもつ県下屈指の名刹です。
開基は室町時代応安7年(1374年)大内盛見のとき名僧用堂明機禅師によって
建立されたものです。

寺裏山の潮音洞(ちょうおんどう)より流れ出る遺り水を活かし、
古庭園を模して築庭された閑雅な雰囲気の『曲水の庭』に代表される様々な
タイプの庭園(蓬莱山池の庭、九山八海の庭、地蔵遊化の庭など)と、
今では訪れる人も多く、マスコミに紹介されることも再々の有名寺である。


d0061579_15282117.jpg

廻らされた塀は城壁のようです
d0061579_15284147.jpg



潮音洞(ちょうおんどう):この水洞は岩崎想左衛門重友が鹿野台地に水田開作と
生活用水を救うために、資財をなげうって、漢陽寺の裏山にトンネル89mを掘って、
870mの水路を作り、錦川上流の水を引いたものである。


◆ 玉澗式枯山水庭

作庭者の故重森三玲は、日本庭園のさまざまな手法を試み、
日本庭園史の各年代の庭を再現しました。
北宗画の代表的な画家・玉澗が創作した画風を日本庭園の様式に取り入れたところから、
玉澗式(ぎょくかんしき)と呼ばれています。
この庭園は、中央部の枯滝上部に高く石橋を架け、その下に鶴亀式の石組を設け、
上部に蓬莱遠山の石組を見せ、いかにも北宗画の画風を思わせます。

d0061579_15491428.jpg


◆ 地蔵遊化の庭

平安時代様式の庭園です。
中心から同心円が描かれているので石の配置がわかりやすいです。
この庭園は中庭にあり、地蔵菩薩が子供と遊戯する様を平安様式の石組によって
表現したものでそうです。

d0061579_15505693.jpg


◆ 蓬莱山池の庭

鎌倉時代様式の庭園です。
この庭は書院裏にあり、北部の山裾を利用し苔地の築山を作り、潮音洞の水を
分流させた流れ式の池庭となっています。

d0061579_1555547.jpg


◆ 九山八海の庭

蓬莱山池の庭の東側にあり、蓬莱山池の庭につづく池泉観賞式の庭園です。
山畦下に築山を作り、鎌倉時代にみられる立石を中央に組んだ、須弥山式(しゅみせんしき)
の手法による豪快な庭園です。

d0061579_1557515.jpg


◆ 曲水の庭 

本堂前庭のにあり、白砂と石組の枯山水に,曲水(遣水)の清流を
配した独特の様式で再現されている。
曲水の庭とは平安時代から鎌倉時代にかけて流行した庭の様式。
小川に盃を浮かべて上流から流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに
詩歌を詠むという、当時の貴族の宴を「曲水の宴」といいます。
「曲水の庭」は昭和の雪舟とよばれた日本庭園の権威故重森三玲氏が、
晩年に約8年の歳月をかけて完成させた作品。
平安時代様式の曲水の庭園は現存しないため、その様式を後世に残すために
作られたのがこの庭園です。

d0061579_15594976.jpg


池の中の紅葉と鯉のコラボです。
d0061579_1611714.jpg


このマクロで撮影した画像は何か分かりますか?
d0061579_16133117.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2015-11-16 16:17 | 風景 | Comments(0)

徳山毛利藩祖の乳母の墓

以前から気になっていた徳山毛利藩祖の乳母開基のお寺・妙法寺と
下松市大谷墓地にある乳母の墓にお参りに行って来ました。


徳山毛利藩祖の乳母開基のお寺・妙法寺の入門
d0061579_8244763.jpg


徳山毛利藩祖の乳母・清安院様のお墓
d0061579_8251524.jpg


妙法寺を開基したのは、徳山毛利藩祖の乳母・法名を(清安院殿光誉栄信大姉)と
いい、乳母・清安院は徳山毛利家の家老の御息女でたったそうです。
開山したのは一華宗順大和尚だそうです。

(現存する妙法寺の200m東にあった清安寺は、乳母の父親が開基したお寺だそうですが、妙法寺と合併し、2度の大火で山門のみ残し全焼して詳細な寺史がないと記述されています。)

d0061579_8254336.jpg



開基とは:寺院の創始にあたって必要な経済的支持を与えた者、
      ないし世俗在家の実力者を指す語である。
開山とは:寺院を創始することを指す仏教用語である。



ところで疑問に思う事が2つあります。
① 乳母は誰だったのか?
② 徳山毛利家の家老とは誰だったのか?


◆ 毛利就隆の誕生から、下松藩に入るまでの経緯を簡単に
説明しましょう。


慶長7年9月3日(1602年)京都・伏見生まれで、翌8年秋、父母に連れられ
山口の仮住まいに帰る。慶長16年(1611年)関ヶ原の戦の責任をとり
徳川家康の要求により、人質だった兄である本藩主毛利秀就に代わり、
9歳だった毛利就隆が身代わりの人質として江戸に移り住んでいます。 
(毛利輝元が隠居になり代わって秀就が当主となった為)

1617年(元和3年)16歳の時に3万石を分与されたことから下松藩を立藩したが、
元和8年(1622年)(20歳)就隆は江戸に於いて従五位下に叙し日向守に任じられた。以後、寛永15年(36歳)までの十数年間、江戸に滞留していた。
下松に入ったのは1638年(寛永15年)(36歳)


妙法寺の本堂の軒にある毛利家家紋が、関係があったことを証明しております。
d0061579_8314669.jpg


まず①の疑問ですが・・・
徳山毛利藩祖といえば、毛利輝元の次男・毛利就隆(慶長7年9月3日・1602年)だが、
乳母が必要な幼児期といえば、満1歳から満12歳ぐらいまでだろうと推察します。
毛利就隆は京都で生まれで、翌8年秋には山口に帰っています。
9歳頃から身代わりの(人質)として江戸に移り住んでいます。
つまり毛利就隆に乳母が必要だった時期といえば、山口にいた9年間ではないだろうか?では乳母・清安院とは誰でしょう? 何と言う家老の御息女だったのでしょう?
乳母・清安院と豊井の小さなお寺・妙法寺との関連、又、乳母・清安院が
何故下松市にと!!!疑問が出て来ます。
疑問②と関連しますが、下松生まれで下松育ちなのか?

②は下松藩(徳山藩)が立藩されたのが1617年(元和3年)で、
毛利就隆が下松に入ったのは1638年(寛永15年)(36歳)です。
下松藩の筆頭家老が奈古屋元忠(なごや もとただ )だったことは分かっていますが、
毛利就隆の幼少期とは、時代の誤差があります・・・
輝元は特に就隆の保育に心を砕き、粟屋肥前らを守役につけ、常に輝元の膝下におき、
就隆は苦労のない日々を送った。と期してあります。


[PR]
by kfujiken2 | 2015-11-09 08:40 | 歴史 | Comments(0)

将来空き家と独居老人が増える

そもそも、空き家問題は今に始まった事ではありません。
ではどうして、ここまで空き家が増えているのでしょうか?
空き家が増えている原因は少子高齢化だけではなく、社会的な背景も大いにあります。
私達の生活スタイルが親世帯と違う、価値感も違う、という部分が、今後空き家が
更に増える要因の一つとしてあるのです。



◆ 転機を迎えた郊外住宅地


多くの住民が住宅地とともに年を重ねてきました。子どもたちは独立して
都心に移り住み、残された夫婦は定年を迎え、60代から70代を迎えています。
住宅地では、老人ホームに入居したり、病気になったりして、住み慣れた
わが家を離れる人が相次いでいます。また、夫婦2人では広すぎる一戸建てや
駅までバスを使わなければならない交通の不便さを嫌って、駅前のマンション
などに引っ越す人も増えています。
高度成長期に開発された郊外住宅地は、都心に勤めるホワイトカラーと
専業主婦の核家族世帯が移り住み、数々の“郊外神話”を生み出してきました。
こうした住宅地では、居住者の高齢化が進み、世代交代の時期を迎えています。
しかし、子どもたちのライフスタイルは、親の世代とは大きく異なります。
多くの家庭が共働きを選び、交通の便のよい都市部のマンションなどを
嗜好するようになっています。『専業主婦と核家族』を念頭に置いた
郊外住宅地の設計思想が、ニーズに合わなくなっているのです。


d0061579_1604837.jpg


◆ 空き家率 過去最高に

空き家とは、当面、売却や賃貸などで活用される予定がない空き家です。
建て替えなどのために取り壊すことになっている一時的な空き家も含まれますが、
居住者が死亡したり引っ越したりしたあと、住宅を継ぐ子どもや親族がおらず、
売却にも賃貸にもまわせない、使う目的のない空き家が多いとみられています。
こうした空き家は、管理が行き届かずに老朽化し、景観や環境などの面で、
周辺地域に“リスク”をもたらすおそれがあります。
こうした空き家を“リスク空き家”と呼ぶことにします。

7月に発表された平成25年の空き家の数は全国で318万戸。
率にして5.25%と、それほど深刻な数字には見えません。
しかし、その数は「賃貸用」や「売却用」を上回るスピードで増え続けています。
“リスク空き家”を含む空き家の数は都市部に集中しています。最も多いのは大阪府、
次いで、東京都、兵庫県と続いています。大阪府の空き家の数は、最も少ない鳥取県の
10倍以上に当たります。
人口の減少が、都市部の“リスク空き家”の増加に拍車をかけることが予想されています。

厚生労働省の平成25年の国民生活基礎調査によりますと、65歳以上の
単身・2人世帯の数は、東京都で約137万世帯、大阪府で約100万世帯に
上ります。こうした人々が住む住宅が、将来、空き家になれば、
“リスク空き家”になるおそれがあるのです。


d0061579_16273531.jpg


「核家族化が進み、配偶者の死亡で独居となる高齢者が増えることの反映」
と考えられます。社会からの孤立や孤独死、介護問題などへの対応が今後の
課題と予想されます。これらの結果から、単身の高齢者または高齢夫婦のみの
世帯が増えることが推測できるでしょう。


※ 空家等対策の推進に関する特別措置法は、2014年11月19日に成立し、平成27年5月に「空き家対策特別措置法」が施行しました。

空き家を「特定空き家」と定義し、強制的に対処できるようになった。
立ち入り調査や固定資産税納税者の個人情報が利用できるようになり、
そこで空き家を把握し、①助言・指導→②勧告→③命令→④行政代執行
(今までもある程度できましたが要件が緩和されました)と順番を踏んで対処
できるようになった。

d0061579_16212044.jpg
空き家対策条例を施行した自治体の一覧
[PR]
by kfujiken2 | 2015-11-03 16:22 | 未分類 | Comments(0)