山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅

最新のコメント

>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新の記事

幻の下松藩邸
at 2017-11-08 13:07
陽気につられて紅葉狩り
at 2017-11-01 16:18
深睡眠(しんすいみん)とは
at 2017-10-29 10:02
乃木希典と児玉源太郎
at 2017-10-24 12:12
ドローン女子
at 2017-10-18 11:53

ブログジャンル

歴史
中国

画像一覧

<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「日本のシンドラー」杉原千畝(すぎはら ちうね)を知っていますか?

今の時代にこそ、危険を顧みず職を賭して(として)、人を助ける・・・
政治家・官僚にこんな人がいてくれたら!!!
「命のビザ」とよばれる日本通過ビザを大量発行し、ナチス・ドイツに迫害される
6000人ものユダヤ人を救った気骨の外交官「杉原千畝」 波乱に満ちたその生涯とは?

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原千畝は、
ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。
1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。
その避難民の多くが、ユダヤ系であった。


d0061579_1014247.jpg


彼が「日本のシンドラー」と呼ばれるようになるまでの道のりを
ご紹介しましょう・・・


※ ユダヤ人を助けた人は「◯◯のシンドラー」と呼ばれている。
「◯◯のシンドラー」のモデルになったのはオスカー・シンドラーという
ドイツ人の実業家です。
オスカー・シンドラーは第二次世界大戦中、自身が経営する工場で
必要な人員確保という名目のもと、約1200人ものユダヤ人の命を
ナチスによるガス室での虐殺から救った人物である。


税務署の職員だった父が日本統治下の朝鮮の京城に赴任していたこともあり、
京城学医専門学校(現・ソウル大学校医科大学)に進学して医師になることを望んでいたが、
杉原自身は医学に興味はなく、早稲田大学高等師範部英語科(現・早稲田大学教育学部英語英文学科)の予科に入学。
しかし、杉原千畝は早稲田大学を中退し、日露協会学校(後のハルビン学院)に入学。
外務省の官費留学生として中華民国のハルビンに派遣され、そこでロシア語を学ぶ。

1924年(大正13年)に外務省書記生として正式に採用され、ハルビン大使館二等通訳官などを経て、1932年(昭和7年)3月に満州国政府外交部事務官となる。
日本が経営権を持つ南満州鉄道が爆破されたことを契機に、満州事変が勃発しハルビンの
日本総領事館にいた杉原千畝は、上司の大橋忠一総領事の要請で、満洲国政府の外交部に出向。満洲国政府外交部で杉原千畝が任された大仕事、それは中国とソ連 が共同所有していた北満州鉄道の譲渡交渉であった。
ソ連との交渉で外交的大勝利といえる成果をあげ名声を得た。


1936年(昭和11年)本国の外務省に復職し、モスクワ大使館赴任を任命されたが、
ソ連が杉原千畝の入国を拒否。国の外交官の入国を拒否するという通達は
まさに異例中の異例のことであったが、その理由は北満州鉄道譲渡交渉の時に
杉原千畝が見せつけた外交官としての手腕をソ連が恐れたためだと考えられている。

1937年(昭和12年)にはフィンランドの在ヘルシンキ日本公使館に赴任し、
次いで1939年(昭和14年)いよいよ運命の地、リトアニアの在カウナス
日本領事館領事代理となる。
当時のヨーロッパは急速に拡大するドイツの勢いに対し、イギリス・フランスは
話合いでドイツの望むものを探り、妥協をもって現状の修正を図り、
戦争を回避しようとするいわゆる宥和(ゆうわ)政策をとっていた。
しかしながら、小国を犠牲にして一時的な平和を得ようとしたこの政策は
急速に強大化するドイツの前に破綻。
日本の友好国・ドイツが、共通の敵国であったはずのソ連と「独ソ不可侵条約」を
締結したことで、日本外交はまさに大混乱に陥っていた。
バルト海に面したリトアニアは東欧の小国であったが、開戦を間近に控え、
ドイツとソ連に挟まれた地理的状況から、両国の情勢を探り、
緊迫したヨーロッパ情勢を巡る機密情報を収集することが杉原の最大の任務であった。
1940年(昭和15年)ソ連軍がリトアニアに侵攻。杉原の元にもソ連から通達が届く。
「リトアニアは独立国ではなくなったため、各国は領事館を閉鎖し、領事館員及び
その家族は、国外退去すべし」残された時間はあとひと月。
出来る限りの情報を本国へ送ることで、杉原の任務は終わるはずだった。
本来、国を代表する外交官という特権的地位が認められているにも関わらず、
彼らの生活にもドイツの黒い影が密かに忍び寄ってきていた。
いわゆるスパイの存在である。


d0061579_10262367.jpg


ナチスドイツの脅威が迫る中、隣国ポーランドからやって来たユダヤ人たちが
生き残るためには、もはや日本通過ビザを取得し第三国に逃げるしか道は残されておらず、
彼らの運命は杉原の双肩にかかっていた。
ユダヤ人の根絶政策を掲げるナチスの手から逃れるためには、
今や、ポーランドのユダヤ人に残された避難ルートは、ソ連をシベリア鉄道で横断し、
日本へ渡り、そこからアメリカなど第三国へ渡るほかに道は残されていなかった。
ナチス・ドイツは進撃は西のヨーロッパをほぼその勢力下においていたため、
ユダヤ人たちは一刻も早くリトアニアから脱出する必要があるものの、
西へ逃げる道は完全に閉ざされていた。
であれば東、つまりソ連へ向かうしかないが、ソ連での安住は期待できない。
ナチスはもともと反共産主義であり、いずれ関係が悪化してソ連と戦争になると
予想されており、そうなれば、ユダヤ人の身に危険が迫ることは明白だった。
リトアニアのユダヤ人たちは、東へ向かうしかなく、かつソ連を早く
出なければならないという状況に置かれていたのだった。
そこで注目されたのがソ連の隣国である日本だった。

日本がユダヤ人弾圧政策を行っていなかったことに加え、ソ連の退去命令により、
リトアニアにある各国の在外公館が閉鎖されていく中、この時点で開いていたのは
日本領事館だけだったというのも理由の一つであった。
しかし、日本とドイツは同盟関係にあったため、日本も安住の地とはいえなかった。
そこでユダヤ人たちは名目だけでもよいから行先国を設定し、
そこへ向かうため日本を通過することを認めるビザを日本領事館が発給して
くれるよう求めたのだ。
「日本の通過ビザ」を求め必死になって懇願するユダヤ人たちを目の前にして、
杉原千畝は苦悩していた。
ナチス・ドイツの脅威が迫っており一刻を争う状況の中、杉原千畝は緊急のビザ
発給許可を外務省に求めるが、外務省は許可を出さない。
杉原千畝は日本から遠く離れた異国の地で無断で大量のビザを発給したら、
自分はもちろんのこと家族の身も危険が及ぶ可能性もあった。
杉原千畝の職を賭して日本通過ビザの発給を決断させたのは、妻・幸子との会話からである。
「外務省に背いて、領事の権限でビザを出そうと思う」
「わたし達はどうなるか分かりませんけど、そうしてあげてください」
と言った妻の言葉で決断した。


「杉原千畝 スギハラチウネ」

[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-24 10:34 | 歴史 | Comments(1)

友達が面白いオートバイに乗って来ました

三輪のオートバイ・トライク 125cc と言うのだそうです。

d0061579_9314222.jpg


普通自動車免許で運転でき、自動二輪車免許を必要としない。
125 cc 超250 cc 以下のものは「側車付軽二輪」として扱われ、車検は不要である。
ヘルメットの着用義務はありません。
一般道路では60km/h、高速道路では80km/h(3輪自動車扱い)と定められているそうです。


d0061579_9391100.jpg


カーナビ・オーディオも付いており、オートバイなのにバックギア付いている。

山口県下に5台位しかない!! と偉そうにふんぞり返って乗っていました あはっ♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪
[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-20 09:40 | 未分類 | Comments(0)

平安時代の恋愛事情

◆ 平安時代の恋愛事情は現代とはこんなにも違っていた

時代や文化が違えば価値観も違うものです。
現代と平安時代では恋愛のあり方だってまったく違います。


① 【馴れ初め】

平安時代の女性は、人前に顔を出すことがほとんどありませんでした。
それ故に、男性たちは知人から姉妹を紹介してもらったり、乳母や女中から
紹介を受けたりということで女性と知り合いになっていくのがこの時代の
スタンダードでした。
たまたま通りかかった家をふと覗いたら素敵な女性を見つけ、
一目惚れしてしまうということも少なからずありました。垣根に隠れて
家の中を覗くということを「垣間見」と言います。
外見に関してはそれこそシルエットくらいしかわかりようがなかったのです。

d0061579_11173844.jpg


② 【恋文】

好きな女性ができたら、手紙を送るのがこの時代の次のステップです。
ここで問題になってくるのが、どのようにして渡せばいいのかということです。
垣間見などで一目惚れしまったのなら、女性の名前を調べるところから
始めなくてはなりません。未婚女性とほとんど接する機会がない時代ですので、
男性は、意中の女性の侍女等、近い知人を介して手紙を渡していました。
もちろん手紙の内容にもこだわりがあります。文字が綺麗なのはもちろん、
この時代には、気持ちを歌(和歌)に添えて送るのがスタンダードでしたので、
その歌が上手いかを女性はみていました。
手紙を受け取った女性も大騒ぎです。家来の侍女と一緒に手紙の内容を吟味し、
女性の親は手紙の送り主がどのような人物であるかを調べます。
いろいろ吟味したうえで、女性は男性に手紙を返します。
女性が裏方に徹する時代とはいえ、女性にも男性を選ぶ権利があったのですね。
このステップが平安時代ではもっとも難しいステップだったかもしれません。


③ 【デート】

手紙のやりとりが続いたら、デートにいきませんかというのが自然の流れでしょう。
この時代のデートは、ほとんどが家デートです。男性が女性の家に遊びにいく(通う)のが
決まりでしたこのデートにもいくつかのルールがあります。
■ まず女性の家に入るときには、堂々と正面から入ってはいけません。
事前に何日の何時頃遊びに行きますというのを打ち合わせしておいて、
女性は裏方からこっそりと家に招き入れるのが暗黙の了解でした。
女性はこのタイミングで相手の顔を初めて顔を見るということもあったかもしれません。
■ 男性は暗くなってから女性の家に遊びに行き、まだ暗いうちに家を出るというのが
ルールその2です。

d0061579_11231890.jpg


④ 【お礼の手紙】

デートの後には「ありがとう」を伝えるのが現代でもマナーでしょう。
この時代には「後朝」(きぬぎぬ)の文と呼ばれる手紙を送るのがマナーでした。
「後朝」とは、夜を一緒に過ごした翌朝の別れを意味します。


⑤ 【結婚】


初めて女性の家に遊びにいったあと2日続けて遊びにいくことで(合計で3日)、
結婚の成立ということになります。3日目の夜に、女性は宴を開き、
男性を家族に紹介する運びとなっていました。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-17 11:27 | コラム | Comments(0)

オトナの教養番組??? 大久保佳代子&壇蜜が恋愛実用番組

NHKの許容範囲ギリギリの『趣味どきっ! 恋する百人一首』
大久保佳代子&壇蜜のきわどいトークに、山口仲美先生が解説しながら拍車を架ける・・・
教本となるのが平安時代末期から伝わる“百人一首”とは憎いねぇ~
いつの間にか古典教養と恋のテクニックが身について、女子力がアップするという
趣向だそうです。


d0061579_1074398.jpg


100首のうち43首までが「恋歌」で占められている百人一首は、
千年前の男女のコミュニケーションに欠かせなかった恋愛メール。
どんな恋愛を背景として誕生した歌なのか? 告白、逢瀬、涙、別れ・・・
千年前の“恋バナ”には、現代を生きる私たちも共感できる“あるある話”が盛りだくさん。
コミュニケーション技術として捉えてみても、「これは使える!」という
心理テクニックが秘められている点に着目されている。


案内人として山口仲美氏(国語学者・埼玉大学名誉教授)が出演。
大久保、壇蜜と3人で三十一文字に込められた「気持ち」を読み解いていく。


第1回のテーマはいきなり「ベッドイン」。
男女の初顔合わせは、今で言う寝室=ベッドの上が常識だったという平安時代。
いったいどんな恋愛事情だったのか? 「逢う」という言葉が、
とても重い意味を持っていたという。一夜をともにした翌朝、
男が女に歌を送る風習があったことに大久保と壇蜜は興味津々。
「一夜寝てより好きになった経験」について語り合う。


『趣味どきっ! 恋する百人一首』のHPです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら
なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)の後朝(きぬぎぬ)の歌

d0061579_1017533.jpg

※ 後朝(きぬぎぬ)とは:当時の貴族たちは通い婚が一般的で、
男女は一緒に暮らしてはいませんでした。男性は女性のもとを訪れては、
共に一夜を過ごし、翌早朝のまだ暗いころに帰路に着きます。
夜は互いの衣を重ねて敷き、そこで寝ていました。しかしすぐにお別れの時間は
やってきます。共に過ごした短い時間を惜しみつつ、二人はお互い重ねていた衣を
着て別れます。一晩重なり合っていた二人の衣が離れ離れになる様を「衣衣」、
そこからこの翌朝のつらい別れのことを「後朝(きぬぎぬ)」と呼ぶようになったのです。
なんだかロマンチックで素敵な日本語ですよね。


【現代語訳】
夜が明けてしまうと、やがて日が暮れあなたにまた逢えるとわかっているものの、
それでもやっぱり恨めしい夜明けですよ。

女と逢って雪の降りしきる明け方、自宅に帰ってから女に送った後朝の歌。



・・・・・ 次回は平安時代の恋愛事情と現代の違いを説明しましょう。 ・・・・・
[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-13 10:23 | コラム | Comments(0)

幻の山口御屋形(おやかた)・山口城の謎に迫る

山口御屋形の実像

毛利敬親が藩庁を萩から山口に移した際につくられた山口御屋形(おやかた)・山口城。
1864(元治元)年10月に完成したものの、第一次長州征伐によって翌11月には破却を
命じられた。しかしながら、藩の方針が武備恭順に転換したため、翌1865年(慶応元)4月に
再建工事がスタート。同年の第二次長州征伐では、政治・軍事の拠点として機能した。
天守閣がそびえる前時代的な「和風の城」ではなく、大砲を据えて敵に備えるため、
八角形に近い敷地で函館の五稜郭のような「西洋式城郭」だった。
北と西の2つの山を天然の要害とし、堀や土塁をめぐらし、その中に築かれた
一部二階建ての御屋形は、明治から大正初期まで藩庁・県庁として使用されました。
敷地内には、今も当時の堀や土塁、石垣の一部、旧山口藩庁門が残り、
攘夷、討幕へと揺れた萩藩の動乱の幕末期を教えてくれます。
長州藩内では山口屋形(やまぐちやかた)、藩外からは山口城と呼ばれた。


元治元年(1864年11月15日)10月16日- 山口屋形・山口城完成
慶応2年5月15日(1866年6月27日) - 山口屋形改築竣工
明治6年(1873年)7月 - 山口屋形廃城


山口城内表御殿の御式台(正面玄関)
d0061579_12443128.jpg

※ 「山口お宝展事業実行委員会」より画像をお借りしました。

詳しくはこちらをご覧下さい  「山口お宝展」 - 明治維新150年記念事業

d0061579_12484855.jpg
d0061579_12493556.jpg
d0061579_1250742.jpg
d0061579_12502225.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-10 12:51 | 歴史 | Comments(0)

「不動産2019年問題」

2020年の東京オリンピック開催に向けて、今後どんどん景気が上昇していくと
考える人も多いが、不動産に関してもどんどん景気が好くなるのでは?と考えるのは、
早計だ。というのも2013年に国立社会保障・人口問題研究所が、
「日本の総世帯数がピークに達するのは2019年。以後減少の方向に向かう」
という結果を発表したからだ。

つまり、世帯数が減るということは、不動産を欲しがる人も減るということ。
空き家が増え、不動産価値が下がり、これがきっかけで、不動産暴落になり
かねないとの懸念があるのだ。


d0061579_91227.jpg


「2019年問題」とは、わが国の世帯総数が2019年でピークアウトし、
その後は減少に転じることで、同時にマイホーム需要も減少 し、
住宅不況が到来するのではないかという問題です。

国立社会保障・人口問題研究所が2013年1月に公表した
「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」による と、日本の世帯総数は
2019年の5307万世帯でピークを迎え、2035年には4956万世帯まで
減少すると推計されています。
日本の総人口は減少を始めており、2035年には1億909万人にまで
減ると推計されています。


d0061579_944037.jpg


この“最後のとりで”とされる世帯総数が2019年にピークを迎えることで、
住宅市場は本格的な「縮小マーケット時代」に突入します。
サバイバル時代を迎え、顧客争奪戦はさらなる熾烈さを極めます。
こうした市場の変化「縮小マーケット時代」を見据え、不動産各社、
買収や統合の動きを加速させている。


2013年3月中旬、ライオンズマンションの「大京」が「穴吹工務店」の
全株式を307億円 で取得し、子会社化すると発表しました。
また、昨年12月には「一(はじめ)建設」「飯田産業」「東栄住宅」
「タクトホーム」「アーネストワン」「アイ ディホーム」のパワービルダー6社が
2013年11月に経営統合することで基本合意に達したことを発表しました。
さらに、「大和ハウス工業」が準大手ゼネコン「フジタ」の株式を取得し、
買収に動いています。
「興和不動産」と「新日鉄都市開発」が経営統合し、2012 年10月からは
「新日鉄興和不動産」として始動しています。
異色な組み合わせとしては、家電量販店の「ヤマダ電機」が中堅住宅メーカーの
「エス・バイ・エ ル」を株式公開買い付けで連結子会社化しました。
いずれも、根底にあるのは企業競争力の強化です。

[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-06 09:08 | コラム | Comments(0)

親睦ゴルフコンペの納会

平成元年1月に発会した当コンペは、一昨日に27年目の最後のコンペ・133回大会を開催しました。年間4・6・7・9・11月と5回開催しておりますが、異常気象の所為なんでしょうか?今年は雨や台風にたたられ1回は順延に、1回は中止にした為4回の開催となりました。

市街地は然程霧がかかっておりませんでしたが、山間部に入って来ると10m先が見え辛いほど霧に包まれプレーが危ぶまれるほどでした。
Aさんがこれでは玉が見えない! 007.gif プレー出来ないのでは? と言うと・・・
Bさん曰く 真直ぐ打てば問題ないよ~ 011.gif そりゃそうだということでスタートしました。
PM6:00からはお楽しみの納会!!!
といいますのは納会は「フグのフルコース」が恒例のメニューなんです。

d0061579_10584648.jpg

d0061579_110142.jpg















【前菜】
d0061579_11192615.jpg


【てっさ】 ふぐ刺
d0061579_1133998.jpg


【てっちり】 ふぐ鍋
d0061579_1111448.jpg


【どびん蒸し】
d0061579_1112449.jpg


【陶板焼き】
d0061579_11135262.jpg


因みに当日の成績表です
d0061579_11213392.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2015-12-02 11:22 | 未分類 | Comments(0)