長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

残留派は、国民投票のやり直しを求めるが、
英国は“いい条件の離脱交渉”と勝手なことを言ってるが、独仏伊首脳のEU側は、
離脱通告がないと交渉を始められず、通告まで水面下を含めた交渉を一切行わない姿勢を示している。離脱手続きの開始時期を明らかにして欲しいと速やかな着手を求めた。


【欧州連合加盟国】
d0061579_9533958.jpg


フランスのオランド大統領は、英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めれば後戻りは
不可能だと話している。
最終的にはどうなるんだろう? どう決まるんだろうと傍観者的な立場で見ていますが・・・


英国の欧州連合(EU)離脱が決定すれば、世界にどんな事が起こり、
日本にもどんな影響があるか考えてみましょう!!!


私が懸念しているのは、わが町に鉄道事業の拠点がある日立製作所のことだ~~~
ポンドが急落すると日立製作所の大打撃となるだろう!!!
わが町が日立一社に委ねられているとは言わないが・・・
市政・市の財政に影響を及ぼし、且つ市民の生活に影響が出て来ることが怖いですよねぇ~


笠戸事業所で公開された先行製作車両のクラス800 「Super Express」
d0061579_9595277.jpg

日立製作所は英国を鉄道事業の重要拠点の一つと位置付ける。
2015年9月にはダーラム州ニュートン・エイクリフに約150億円を投じて
車両工場を立ち上げた。現地の製造・保守要員を18年までに約1400人増やし、
1700人体制に拡充する計画も打ち出した。日立が海外に鉄道工場を開設するのは初めてだ。日立製作所の鉄道事業は、今年度の売り上げ目標を2年前のおよそ3倍に
当たる5000億円に定めている。英国高速鉄道の車両合わせて866両と27年間の保守点検事業をおよそ1兆円で受注しているからだ。


世界経済の不透明感が高まる中、市場にリーマン・ショック級の混乱が生じる
可能性も否定できない、円高になるということは、輸出で考えれば、
日本から輸出するモノの値段が高くなり、売れにくくなり、企業は、
人件費を減らすために給料を減らしたり、採用を減らしたりという行動に
動きやすくなると専門家は話している。

[PR]
by kfujiken2 | 2016-06-29 10:30 | 未分類 | Comments(0)
箪笥の中に眠っていました! 10年以上前に描いた私の絵手紙です。
当然現物はありません ネットの友達に送った物をスキャンして保存していました。


【名所シリーズ】

d0061579_1951135.jpg

d0061579_19513394.jpg

d0061579_1953858.jpg

d0061579_19533116.jpg

d0061579_19543098.jpg


まだまだたくさんあるのですが!!! あまりアップすると厭味に見えますのでこの位にします。
画像の説明は自己判断でお願い致します・・・

[PR]
by kfujiken2 | 2016-06-25 20:00 | 未分類 | Comments(0)
10年振りに防府の阿弥陀寺に、あじさいを観に行きました。
今回は趣を変え余りアジサイの画像は撮影せず、アジサイ以外のものを撮って来ました。


まず驚いたのは、仁王門に仁王像がない!!!
山門の改修のため仁王像は、国宝保管の収蔵庫に仮に安置されてるそうです。

d0061579_11143947.jpg

僭越ながら私が描いた【絵手紙】です
d0061579_11253053.jpg


十年一昔といいますが記憶っていい加減なものです・・・
観音橋を渡り中門までの石段が、こんなに長かったかなぁ~ ?

d0061579_11272224.jpg


阿弥陀寺の開祖である奈良の東大寺の再建を託された俊乗房重源上人が、
よく腰かけていたと言われる「霊石(れいせき)」、
阿弥陀寺建立のきっかけとなった「影向石(ようこういし)」など、霊験あらたかです。
d0061579_11451156.jpg

d0061579_11453015.jpg


夏椿・別名シャラノキ(娑羅の木)
仏教で聖木とされる沙羅双樹(さらそうじゅ)にちなんだ名前ですが、
夏に清楚な花を咲かせ、涼しげな風情が好まれます。朝に開花し、夕方には落花する一日花です。

d0061579_11553781.jpg


最後に倉庫にありました10年前の珍しい紫陽花の画像を、
少々お見せしましょう (/照\)恥ずかしっ

d0061579_1222211.jpg
d0061579_12225263.jpg
d0061579_12255110.jpg
d0061579_12244524.jpg
d0061579_12271450.jpg
d0061579_12273443.jpg
d0061579_12275823.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2016-06-18 12:29 | | Comments(0)
北海道で「しつけ」と称して山に置き去りにされたという事件が起こりましたが、
親は子どもに怖い思いをさせて言うことを聞かせようとした。
その行為が「しつけ」に値にするかどうかが問題の焦点となっているのですが・・・
ご意見は多々ありましょうが!!!  あなたならどう判断されますか?


しつけは、何がいけないのか、どうしたらよいかを具体的に伝えることが大切だ。
子育てに即効性を求めてはいけない。何度も根気よく繰り返して教え、できた時はほめる。
ほめる方がはるかに身につく。つい頭に血がのぼって、キレるのは誰でもある。
この行為はしつけではなく「遺棄」であり、虐待と言わざるを得ない。
しつけとは、小さな子どもが育っていく過程で、社会人として生きていけるように、
社会のルール、コミュニケーションの方法を教え、間違った時は正していくことだ。
親は「しつけのため」と思っていても、どこかで親が支配者となり、子どもを自分の
思い通りにしようとする過程で虐待は起きてしまう。

虐待は、肉体的暴力をふるったり、言葉による暴力をふるったり(暴言を浴びせたり、
侮辱したり)、いやがらせをしたり、無視をする、等々の行為を繰り返し行うことを言う。


ここで厚生労働省が児童虐待の定義として、4種類に分類していることを紹介しましょう。
◆身体的虐待・・・殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、 首を絞める、縄などにより一室に拘束するなど

◆性的虐待 ・・・子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、
ポルノグラフィの被写体にするなど 

◆ネグレクト ・・・家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、 重い病気になっても病院に連れて行かないなど

◆心理的虐待・・・言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で 家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV)など

※ ネグレクトとは: 無視すること。ないがしろにすること。

●躾と虐待の境界線
①自分の気分や思いつきによって叱られたり、昨日と今日の言っている事が違ったり、
子ども自身が納得しない叱られ方は虐待と言えます。
②子どもの行った行為・失敗に対して、罰の程度が相応していない叱られ方は虐待と言えるでしょう。
③叱る際には感情的になり、子どもの姿や気持ちに気が行かなくなります。
「子どもの為」と言って、自分の感情を子どもにぶつけている叱り方は虐待と言えます。

●躾は「愛の鞭」といいますが…
愛の鞭とは、愛するが為に涙をしのんできびしい態度をとる事。
とありますが、子どもに当てはめて言えば、愛とは相手を尊重する事で、相手の立場に立って考える事が出来れば、どうしたら叱らず叩かず子どもに伝えられるかを考え続ける事が愛であると分かるはずです。


余談ですが、「愛の鞭」についてちょっと一言・・・

学生時代を語るときに、先生にどつかれたという話しは、私たちの世代では、よく言われる話です。でも、そういう先生に限って、恩師と呼ばれる人が多いように思います。
私もそういう経験がありますが、その先生を恨むなど以ての外、逆に良い思い出になっています。最近では体罰が問題になるけれども、その先生が愛情をもって、生徒と接してきたからだと思います。
本気でぶつかっていけば、ときに、手が出ることもありかもしれない。
だから、その前提として、親は全幅の信頼を先生に託さなくてはいけないと思います。

[PR]
by kfujiken2 | 2016-06-13 09:29 | 未分類 | Comments(0)
周南市栗屋の吉祥院の入門です。
d0061579_1573930.jpg


徳山百樹のひとつだそうですが、そろそろ満開かな?
樹齢は約100年とのことですが、複数株ではないんです・・・
一株の枝が地面に着いてそこからまた枝が伸びているそうです。
私が測った訳ではありませんが、 直径8メートルだそうですよ。
確かに大きいです!!!

d0061579_152832.jpg


表は綺麗ですが、裏に回って根元を見るとジャングル状態です。 
d0061579_1551251.jpg


この扁額は江戸時代の書家・佐々木玄龍の筆だそうです。
と言われても知りませんが (/照\)恥ずかしっ

d0061579_1563446.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2016-06-03 15:11 | | Comments(0)
ブログトップ