山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅

最新のコメント

>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

最新の記事

ドローン女子
at 2017-10-18 11:53
下松高等学校の歴史
at 2017-10-10 12:26
下松市に徳山初代藩主・毛利就..
at 2017-10-01 12:37
秋日和に誘われて・・・彼岸花..
at 2017-09-24 16:48
徳山藩の諸隊・山崎隊に下松在..
at 2017-09-21 08:10

ブログジャンル

歴史
中国

画像一覧

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

幕末 下松に天才の医者がいた !

大阪・適塾の5代目塾頭になった男
飯 田 柔 平 (いいだ じゅうへい)

◆ 飯田柔平の横顔

 飯田家は、下松市元町山口銀行前のおおたや衣料店の所に家があり、代々医者であった。
天保末に西豊井の蘭医・飯田元敬の長男として生まれた。17歳のころ。弟秀輔と当時蘭学・医学で一世を風靡した、大阪の緒方洪庵が創設した適塾に入門し、若くして塾頭(5代目)に抜擢され、全塾生を統括すると共に教授にも当っていた。
 その後更に、学術の奥義を極めんとして江戸遊学を志したが実現に至らず、郷里下松に帰り医学のかたわら蘭学の研鑽(けんさん)に専念した。
帰郷後間もなく病床に伏する身となり、33歳の若さで他界した。1867年(慶応三)に開業した飯田柔平塾は、初代柔平の妹サダに迎えた養子が柔平と改名して医業を継ぎ、あわせて寺子屋を開いたものである。下松市西教寺の過去帳によると、飯田杏仙に始まっているが杏仙の時に下松に来往したものと思われる。


◆ 飯田柔平のエピソード

① 適塾破門事件

 適塾生の中には、色々な人間がいる。福沢諭吉のように緒方洪庵や洪庵の妻・八重を両親のように慕い、深く愛された弟子もいれば、逆に塾則に違反し不始末をしでかして、洪庵の怒りをかい破門された弟子もいる。
 塾生名簿である『姓名録』にも「故あって破門」との書き込みが見られるのは、塾頭・飯田柔平である。女色放蕩が原因で緒方洪庵から破門を命じられている、つまり酒や女に溺れて不良行為を重ね、塾生の本分である学業を放棄することであった。
 その破門の背景には、洪庵の妻・八重の強い意向が働いたケースであった。八重はいくら優秀な塾生であっても、女遊びにウツツをぬかすことだけはあってはならない行為として許さなかった。学問の世界で一人前になるには、正しい性道徳を身に付け自らを律する人間にならなければならないと、八重は信じていたようです。
 けれども柔平の才能を惜しんだ洪庵は、嘉永2年(1849)に破門を解き塾頭に復帰させた。以後不良行為はなくなったようだが、八重は洪庵の寛大な処遇に反対で、柔平を嫌ったままであった。

② 飯田柔平が福井行きを計画
 八重との軋轢(あつれき)で塾に居づらくなった柔平は、越前国福井藩に就職口を求めようと、嘉永3年に入門した橋本左内に内々に斡旋を頼んだ。橋本左内が福井藩の蘭学振興のための緒方塾塾頭であった飯田柔平を推挙しようと努力していたが、飯田柔平の弟秀輔が売婦家で性病にかかり、さらに咽頭部痛、骨痛をも併発し、全身衰弱も著しくなったため、緒方洪庵は秀輔に退塾して保養するように命じたが、そのような経済的余裕はなく柔平も兄として病気の弟を一人で帰国させることは出来なかった。こうして飯田柔平は弟を連れて帰国する羽目になった。つまり柔平は福井に赴くことを断念せざるを得なかったということです。

◆ 幕末・維新期における飯田家の人々

 飯田杏仙(天保3年[1832]10月16日死去)のあと、飯田家を継いだのは玄敬(もと元敬 嘉永5年[1852]3月12日死去)である。玄敬はもと西岡姓で、杏仙の娘と結婚した。
玄敬には3人の男子と2人の女子がいた。長男は柔平(三江・節堂)で、文久元年(1861)8月19日に死去した。次男は秀輔で、安政2年(1855)10月2日に死去。三男は碩造で、慶応3年(1867)に死去。
二人の娘のうち、長女は龍といい、文久元年6月12日に死去。次女はサダで、大正2年(1913)12月21日に死去しているが、飯田家を継ぐ男子がいなくなったため、ただ一人残された次女サダに婿養子を迎える、婿養子として飯田家に入ったのは、前田精造の次男・精研である。後に柔平と改名。墓碑には、「後代柔平」と記されている。後代柔平は明治20年10月5日に死去した。精研が柔平と名乗ったことにより、後世、初代柔平(三江・節堂)と後代柔平(精研)が混同される。後代柔平には子がいなかったので、片野政熊を養子に迎えた。
政熊は医師として活躍したが、中原南天棒に弟子入りして禅宗に帰依し、欓隠(とういん)の居士号を与えられた。この飯田政熊の子が飯田無二氏(元大阪大学医学部産婦人科講師・徳島大学医学部産婦人科教授、のち同大学名誉教授)である。

(注) 画像をクリックすると大きい画像になります。
d0061579_13473997.jpg


飯田柔平の名が記載されている書籍を2点ご紹介しましょう!

① 【山口県教育史】上巻(山口県教育会 1925年)が最も古いものと思われます。
   同書には、「毛利氏藩政時代」の山口県の各郡における「手習場又は私塾の経営者」一覧が 
  載せられており、周防国都濃郡の項に「飯田柔平(医)」の記載がある。
②  田中助一【防長医学史】下巻(防長医学史刊行後援会 1953年)


表紙
d0061579_13554982.jpg


第二章 「毛利氏藩政時代」
d0061579_13572850.jpg


第二十九節 手習場又は私塾の経営者
d0061579_13584686.jpg


都濃郡の項に飯田柔平(医)の名前が記載されている

d0061579_1404325.jpg


防長医学史 主なる私塾と医家

d0061579_1433583.jpg


防長医学史 飯田柔平
d0061579_1443079.jpg


※ 蛍光ペンを塗っている所に飯田柔平の名前の記載があります。

飯田柔平が入門した大阪適塾の創設者・緒方洪庵や、大阪適塾のことについて少し説明しましょう・・・


◆ 大阪適塾の創設者・緒方洪庵
 (文化7年7月14日(1810年) - 文久3年6月10日(1863年)は江戸時代後期の武士(足守藩士)、医師、蘭学者である。大坂に適塾を開き、人材を育てた。天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれる。
生まれつき体が弱く、病気がちであったということも遠因であったかもしれませんが、洪庵は怒りをあらわにしたり門下生を叱ったりなどということがほとんどない、穏やかな人柄であったようです。また、何事にも礼を尽くす人であり、自分の親や妻の両親、そして何よりも師匠に対して非常に真面目にかつ謙虚に接していたようです。
福澤諭吉、大鳥圭介、橋本左内、大村益次郎、長与専斎、佐野常民、高松凌雲など幕末から明治維新にかけて活躍した多くの人材を輩出したことである。
日本最初の病理学書『病学通論』を著し種痘を広め、天然痘の予防に尽力した。 


緒方洪庵

d0061579_14182863.jpg


◆ 適塾とは
 適塾(てきじゅく)は、蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が江戸時代後期に大坂・船場に開いた蘭学の私塾。正式には適々斎塾(てきてきさいじゅく)という。また、適々塾とも称される。緒方洪庵の号である「適々斎」が名の由来である。幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出し、現在の大阪大学医学部及び慶應義塾大学の源流の1つとされている。
 1838(天保9)年、大坂・瓦町に医院とともに開いた7年後、いまも建物が残る過書町(現中央区北浜3)に移転し、計24年にわたって種痘法やコレラ治療法の研究を進めました。1846年に設立された除痘館は、1858年には江戸幕府が公認した最初の種痘所となりました。


【大阪 適塾】
d0061579_14221273.jpg


◆ 適塾の特徴
第一は、政治に距離を置き、地道な学問に徹したこと。
第二は、塾の運営が塾生の自治によってなされ、個性的・創造的側面を備えていたこと。
 塾を統括する者として塾頭が設けられ、その下に塾監という役がありました。学級わけは7級~8級に分けられており、入学したての者が割り当てられる初級から、最高である最上級まで設けられていました。
各級は15人前後からなり、それぞれがほぼ5日~6日に一度の割合でテキストに書かれている
オランダ語の解読を行う、会読という問答試験のようなものがありました。会読をする際には塾頭や塾監、1級生などが会頭になって会読を受け持ち、会読の結果を見て会頭が各人を採点する、というものでした。この会読での採点結果で3ヶ月間連続で首席を取った者が上級へ進級できるという具合です。 現代の進学塾のような仕組みを江戸時代末期の適塾は採用していたわけです。


◆ 適塾の主な門下生

開塾24年間で、およそ3,000人の門下生いたと伝えられている。
池田謙斎- 東京帝国大学初代医学部綜理。日本では初となる医学博士号を受ける。
石阪惟寛(いしざか いかん)- 陸軍軍医総監。
石田英吉- 海援隊隊士。貴族院男爵議員。
大鳥圭介- 蝦夷共和国の陸軍奉行。明治後学習院院長。駐清公使。男爵。
大村益次郎- 村田良庵という名で入塾。日本近代陸軍を創設。靖国神社創建を献策。
久坂玄機- 塾頭を務めた。久坂玄瑞の兄。
佐野常民(さの つねたみ)-( 日本赤十字社初代総裁。伯爵。
杉亨二- 日本の統計学者、官僚、啓蒙思想家、法学博士。日本近代統計の祖。
高松凌雲- 箱館戦争の際の蝦夷政府軍の病院長。
高峰譲吉- 科学者、発明家、世界初のアドレナリンの発見。胃腸薬タカジアスターゼで巨万の富を築く。
武田斐三郎- 五稜郭の設計・建設者。
長与専斎(ながよせんさい)- 内務省初代衛生局長。衛生思想の普及に尽力する。
橋本左内- 若くして安政の大獄で処刑。
花房義質- 明治・大正期の外交官。宮内次官、枢密顧問官、日本赤十字社社長。男爵。
福沢諭吉- 慶應義塾の創立者。
箕作秋坪(みつくり しゅうへい)- 三叉学舎の創立者。
本野盛亨(もとの もりみち)- 日本の官僚、実業家、子安峻らとともに読売新聞社を創業。
柏原学而(かしわばら がくじ)(孝章)- 最後の塾頭。緒方洪庵病没後、徳川慶喜の侍医となる。

◆ 適塾の歴代塾頭 

初代 緒方洪庵2代 奥山静寂3代 久坂玄機4代 大村益次郎
5代 飯田柔平6代 伊藤慎蔵7代 渡辺卯三郎8代 栗原唯一
9代 松下元芳10代 福澤諭吉11代 長與專齋13代 柏原学而


久坂玄機が3代目、大村益次郎が4代目、飯田柔平が5代目と長州出身者の塾頭が3人続いてます。久坂玄機は1847年に客分の処遇で入門、大村益次郎は1846年に52番目の入門、飯田柔平は天保年間(1830~1843)に11番目の入門と記載があります。
では、飯田柔平の方が大村益次郎より入門が早いのに、塾頭に抜擢されるのが遅かったのかという疑問は、上記に記したように飯田柔平が一時破門され、再度破門が解かれたその間に大村益次郎に逆転されたのではないかと解釈します。


適 塾 門 下 生 一 覧

飯田柔平の名前が記載
d0061579_14402413.jpg


大村益次郎の名前が記載
d0061579_14413959.jpg


参 考 文 献
●【山口県教育史】上巻
● 田中助一著 防長医学史 下巻
● 中田雅博著 緒方洪庵 -幕末の医と教え-
● 梅渓 昇著 緒方洪庵 (人物叢書)
● 村田路人著 周防国都濃郡下松町飯田家文書七点の紹介
適塾生飯田柔平関係文書その他
● 宝城興仁編 下松地方史研究 第八輯 下松人物誌

[PR]
by kfujiken2 | 2017-03-31 14:44 | 歴史 | Comments(0)

四熊家住宅主屋&診療棟

四熊家は、徳山藩領周防富田(現在 周南市土井)に16世紀から続く旧家で、宝暦の頃から「見学堂」という私塾を開設し、広く医学生を集め、嘉永の頃まで続きました。

主屋は、江戸時代初期から医業を受け継いだ旧家の主屋で、桁行8間半、梁間5間半、2階建てで、
屋根は寄棟造、茅葺で、周囲に桟瓦葺の庇を巡らせています。県下でも数少ない大規模な茅葺屋根を
残す民家で、裏山を背負って建つ姿は、地域を代表する歴史的景観を形成しています。
診療棟は、主屋の玄関脇に前方に突出して設けられた付属棟で、約5メートル四方の診療室と
その東脇の出入り口・受付からなります。外壁は鼠漆喰塗りとし、縦長の上下げ窓の窓枠や
隅の柱形は繰形を付けて白漆喰で仕上げ、控えめながら洋風の意匠を造っています。


d0061579_10541472.jpg

d0061579_10552079.jpg

d0061579_1058316.jpg


山口大学医学部の源流 ― 防長二州における医学教育 ―

四熊家は徳山藩内富田土井(現周南市土井)に16世紀中頃から続く旧家であるが、
6代久左衛門為方から医業が始まった。9代久左衛門俊方は宝暦11(1761)年に
長崎で阿蘭陀医術を習得し、地元に蘭方も教授する私塾「見学堂」を開校した。
その後12代直方宗庵(1833~1908)は大阪に遊学して儒学と医学を学び
地元に帰り開業し、さらに戊辰戦争では徳山藩医として奥州、函館に従軍した。
防長二州においては、長崎との距離や交通の要衡下関の存在が西洋医学の受け入れを促進したと
考えられる。また「長崎聞役(ながさきききやく)」の配置や漂着外国人長崎送りに際しての
医家同行などは、長崎からの海外最新情報収集を助けた。
毛利藩には、萩本藩と長府藩、清末藩、徳山藩、岩国藩(幕末までは岩国領)の4支藩が存在したが、
医学教育についてはそれぞれ独自の展開をみせた。
四熊見学堂に加えて、天保年間に萩本藩に開設された漢方と蘭学の優秀な教授陣による独自の
医学教育機関・好生館(堂)、明治初期の赤間関(下関)と三田尻(防府)における医学校開設
並びに独自の医術試験(壬申考試 じんしんこうし)実施など、防長二州の医学教育には
ユニークなものがあるが、四熊家と浅山家はその一翼を担っていたわけです。


d0061579_10594557.jpg

d0061579_110277.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2017-03-27 11:12 | 歴史 | Comments(0)

「鮎川義介~日本産業の近代化に尽力した山口ゆかりの偉人」

山口市大内出身で日産コンツェルン創始者・鮎川義介(1880~1967年)を紹介する企画展が、没後50年の節目を記念し、菜香亭で開催されています。

d0061579_11105361.jpg
鮎川義介を簡単に紹介すると、1928年久原鉱業(久原房之助創立)を譲り受け日本産業と改称し、これを持株会社として形成した最大の新興コンェルンの創始者で、1937年には傘下に日本鉱業・日立製作所・日産自動車など有力重工業企業以下直系・傍系150社を擁した企業を創った人です。「重工業王」鮎川義介は、恵まれた環境に甘んじることなく、確固たる信念と行動力で自らの道を突き進んだ“重工業王”。「低処高思」な生き方を貫いた“ギスケイズム”とは、鮎川義介の生き方をいいます。
d0061579_16085823.jpg

d0061579_16132040.jpg
鮎川義介は元長州藩士で官吏などを務めた父、明治の元勲・井上馨の姪を母として山口県山口市で生まれた。裕福な家庭ではなかったものの、大叔父の井上に将来はエンジニアになれと勧められ、旧制山口高校から東京帝国大学工科大学機械科へ進学。井上邸から通学していたとき、出入りする多くの政財界人と接して進んで使われてみようという人物はいなかったと述べている。

「元来、生物だけが意識をもっているとおもうのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、“愛のつながり”以外にはない」。これはかつて“重工業王”といわれた男がいった言葉である。これは会社というものを“生きもの”としてとらえた、いかにも日本人らしい企業観だ。その人物は、あくまでも現場主義にこだわり、日本の “伝統的人情” というものを忘れなかったベンチャーのさきがけであった。

日産コンツェルンを一代で築いた鮎川義介(1880-1967)は一介の見習い工として出発した。文字どおり現場で汗を流し、機械製造の基礎となる鋳物づくりを学んだ。国内のレベルに限界を感じると渡米して工場労働者となり、最新の技術を習得する。鮎川が名門の家系や優秀な学歴を隠して重労働に身を投じたのは「いずれは自分で経営をしたい。そのためには現場を知りたいので一から出発したほうがよい」と判断したからだ。 あえて困難な道を選んだ鮎川は紆余曲折を経ながらも志を果たし、自動車、家電、水産などの分野で三井・三菱の両財閥を凌ぐ独自の企業集団を形成していく。誰よりも現場で格闘したという原体験が苦境のときでも鮎川を奮い立たせる強靭な底力となっていた。

 
d0061579_11332663.jpg
「低処高思」とは、イギリスの詩人・ワーズワース(1770-1850)の「生活は簡素に、思想は高貴に」からきている。高い志をもってあえて低い所に身をおくといった意味だ。「先験的」な一大事業を成し遂げた事業構想家には、
こうした行動形態をとる人物が意外と多い。かれらに共通するのは、それまでに積み上げたキャリアをかなぐり
捨て、新しい世界で自分の道をきりひらいているということである。
「キャリアアップ」などという概念はかれらにはなく、スタートラインに立つことで見えてくるものがあることを知って
いるのだろう。「人間には反発心が大切である」「経験は蓄積資本である」と義介自身は語る。

鮎川義介が晩年に趣味として始めた墨絵です。
d0061579_11412404.jpg







[PR]
by kfujiken2 | 2017-03-14 11:48 | 歴史 | Comments(0)

道路を走る高速鉄道車両見学イベント

昨日英国向け高速鉄道車両の昼間陸送イベントが開催された。
(株)日立製作所笠戸事業所が製造している英国向け高速鉄道車両は、下松第2埠頭から
船で英国に出荷されており、同社から埠頭までは車道を使って陸上輸送(陸送)されています。
通常交通量の少ない夜間に行われている「陸送」を日中に行うのが今回のイベントでした。

d0061579_11364566.jpg
どの位の観客が居たのだろう??? 1万人は居たのかなぁ~と思っていましたが、
今朝のテレビニュースを観て驚きました なんと3万人の観客だって!!!


14時から日立製作所笠戸事業所を陸送スタートとポスターに記載してあるので
少し早いが12時位に家を出、観覧エリアの下松市民運動場(臨時駐車場)に行きました。
驚いたことに600台収容とあるが、約8割の車が既に駐車しており次々入っていました。


d0061579_11441898.jpg
12時頃の様子です。まだ観客はまばらです。
d0061579_11452868.jpg
d0061579_11463024.jpg
沿道には既に折りたたみイスを広げ三脚を立て、又、ビニールシートに座り込み昼食を食べて
いる人も結構いましたが、まだ車輌が来る時間まで2時間半あると思い、とりあえず周りの様子とか
テントや大型映像装置搭載車(LED車)の画像を撮り、車で本を読みながら待機と決め込みました。
d0061579_11561332.jpg
d0061579_11560175.jpg
d0061579_11564053.jpg
そろそろ時間かなと気が付き時計を見ると1時30分・・・
沿道に出てみると驚きです!!!  居場所が無いほど人で溢れすし詰め状態です。
直ぐ様、第2公共埠頭の方へ移動しました。
しかし初めは前列に立っていたのですが子供や強引な人に押され、後に追いやられました。
下松清掃工場跡地のコンクリートスロープに立ち待ってました。

d0061579_12011562.jpg
d0061579_12013088.jpg
d0061579_12013802.jpg
結局 寒い思いをし長時間待ってちゃんとした写真も撮れず、何しに行ったか分からない一日でした。
過去下松市で狭い一ヶ所に、3万人も集まるイベントがあったでしょうか?




[PR]
by kfujiken2 | 2017-03-06 12:20 | 未分類 | Comments(0)

何年振りかなぁ~ 冠梅園と冠天満宮散策

場所や樹により開花の差がありますが、見頃ではないですかね~
梅の里(冠梅園)には100種、約2000本の梅の木があります。

d0061579_10401478.jpg

d0061579_10405337.jpg



丘陵を上りきると、冠山総合公園内が見渡せ、光市街地、瀬戸内海も展望できる。
眺めはとても良い場所なんだけど、高い場所なだけに日が陰るとかなりの寒い!!

d0061579_10471892.jpg
d0061579_10474480.jpg
d0061579_11042174.jpg
d0061579_11132037.jpg
d0061579_11135488.jpg
冠梅園と冠天満宮は赤い橋で繋がっています
d0061579_11162168.jpg
冠天満宮は旧国道188号に面して大きな鳥居・広場があり、そこから石段を登っていきます。元々は、光井の地にあることから「光井天満宮」と称されていました。
菅原道真公(845~903年)が学問の神様として祀られており、多くの人々に崇拝されています。
道真公は学者の家系で幼少より学問に秀で長じて学徳高く文章(もんじょう)博士となられ、 宇多天皇の御信任篤く右大臣に任じられましたが藤原氏のざん言により太宰権帥に左遷されました。
筑紫へ下向の際、風波をさけて今の光市の戸仲の浦に立ち寄られた時に、百姓の神太夫(じんだゆう)が手厚くもてなしたお礼として冠を脱いで神太夫に与えられました。
d0061579_10514534.jpg
d0061579_10521052.jpg
冠石神殿境内神社
d0061579_10545303.jpg
d0061579_10554353.jpg
延喜元年(901)菅原道真公が筑紫の配所へ海路下向の折、風波をさけて戸仲の浦へ上陸された。
この時、村の神太夫親子が我家へ伴い奉り一両日のお泊りの間、心からお慰めした。 菅公のお悦びはひとしおで、出船にあたり別れを惜しまれ、形見にと召されたる御冠を脱ぎ与えられた。
その後、夢のお告げによって承平5年(935)祠を建てて、菅公をお祀りした。
この冠石は、その時の冠を収め奉ったところと伝えられる。


幸せを願って・・・
d0061579_11033619.jpg







[PR]
by kfujiken2 | 2017-03-01 11:10 | | Comments(0)