四熊家住宅主屋&診療棟

四熊家は、徳山藩領周防富田(現在 周南市土井)に16世紀から続く旧家で、宝暦の頃から「見学堂」という私塾を開設し、広く医学生を集め、嘉永の頃まで続きました。

主屋は、江戸時代初期から医業を受け継いだ旧家の主屋で、桁行8間半、梁間5間半、2階建てで、
屋根は寄棟造、茅葺で、周囲に桟瓦葺の庇を巡らせています。県下でも数少ない大規模な茅葺屋根を
残す民家で、裏山を背負って建つ姿は、地域を代表する歴史的景観を形成しています。
診療棟は、主屋の玄関脇に前方に突出して設けられた付属棟で、約5メートル四方の診療室と
その東脇の出入り口・受付からなります。外壁は鼠漆喰塗りとし、縦長の上下げ窓の窓枠や
隅の柱形は繰形を付けて白漆喰で仕上げ、控えめながら洋風の意匠を造っています。


d0061579_10541472.jpg

d0061579_10552079.jpg

d0061579_1058316.jpg


山口大学医学部の源流 ― 防長二州における医学教育 ―

四熊家は徳山藩内富田土井(現周南市土井)に16世紀中頃から続く旧家であるが、
6代久左衛門為方から医業が始まった。9代久左衛門俊方は宝暦11(1761)年に
長崎で阿蘭陀医術を習得し、地元に蘭方も教授する私塾「見学堂」を開校した。
その後12代直方宗庵(1833~1908)は大阪に遊学して儒学と医学を学び
地元に帰り開業し、さらに戊辰戦争では徳山藩医として奥州、函館に従軍した。
防長二州においては、長崎との距離や交通の要衡下関の存在が西洋医学の受け入れを促進したと
考えられる。また「長崎聞役(ながさきききやく)」の配置や漂着外国人長崎送りに際しての
医家同行などは、長崎からの海外最新情報収集を助けた。
毛利藩には、萩本藩と長府藩、清末藩、徳山藩、岩国藩(幕末までは岩国領)の4支藩が存在したが、
医学教育についてはそれぞれ独自の展開をみせた。
四熊見学堂に加えて、天保年間に萩本藩に開設された漢方と蘭学の優秀な教授陣による独自の
医学教育機関・好生館(堂)、明治初期の赤間関(下関)と三田尻(防府)における医学校開設
並びに独自の医術試験(壬申考試 じんしんこうし)実施など、防長二州の医学教育には
ユニークなものがあるが、四熊家と浅山家はその一翼を担っていたわけです。


d0061579_10594557.jpg

d0061579_110277.jpg

[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-27 11:12 | 歴史 | Comments(0)

「鮎川義介~日本産業の近代化に尽力した山口ゆかりの偉人」

山口市大内出身で日産コンツェルン創始者・鮎川義介(1880~1967年)を紹介する企画展が、没後50年の節目を記念し、菜香亭で開催されています。

d0061579_11105361.jpg
鮎川義介を簡単に紹介すると、1928年久原鉱業(久原房之助創立)を譲り受け日本産業と改称し、これを持株会社として形成した最大の新興コンェルンの創始者で、1937年には傘下に日本鉱業・日立製作所・日産自動車など有力重工業企業以下直系・傍系150社を擁した企業を創った人です。「重工業王」鮎川義介は、恵まれた環境に甘んじることなく、確固たる信念と行動力で自らの道を突き進んだ“重工業王”。「低処高思」な生き方を貫いた“ギスケイズム”とは、鮎川義介の生き方をいいます。
d0061579_16085823.jpg

d0061579_16132040.jpg
鮎川義介は元長州藩士で官吏などを務めた父、明治の元勲・井上馨の姪を母として山口県山口市で生まれた。裕福な家庭ではなかったものの、大叔父の井上に将来はエンジニアになれと勧められ、旧制山口高校から東京帝国大学工科大学機械科へ進学。井上邸から通学していたとき、出入りする多くの政財界人と接して進んで使われてみようという人物はいなかったと述べている。

「元来、生物だけが意識をもっているとおもうのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、“愛のつながり”以外にはない」。これはかつて“重工業王”といわれた男がいった言葉である。これは会社というものを“生きもの”としてとらえた、いかにも日本人らしい企業観だ。その人物は、あくまでも現場主義にこだわり、日本の “伝統的人情” というものを忘れなかったベンチャーのさきがけであった。

日産コンツェルンを一代で築いた鮎川義介(1880-1967)は一介の見習い工として出発した。文字どおり現場で汗を流し、機械製造の基礎となる鋳物づくりを学んだ。国内のレベルに限界を感じると渡米して工場労働者となり、最新の技術を習得する。鮎川が名門の家系や優秀な学歴を隠して重労働に身を投じたのは「いずれは自分で経営をしたい。そのためには現場を知りたいので一から出発したほうがよい」と判断したからだ。 あえて困難な道を選んだ鮎川は紆余曲折を経ながらも志を果たし、自動車、家電、水産などの分野で三井・三菱の両財閥を凌ぐ独自の企業集団を形成していく。誰よりも現場で格闘したという原体験が苦境のときでも鮎川を奮い立たせる強靭な底力となっていた。

 
d0061579_11332663.jpg
「低処高思」とは、イギリスの詩人・ワーズワース(1770-1850)の「生活は簡素に、思想は高貴に」からきている。高い志をもってあえて低い所に身をおくといった意味だ。「先験的」な一大事業を成し遂げた事業構想家には、
こうした行動形態をとる人物が意外と多い。かれらに共通するのは、それまでに積み上げたキャリアをかなぐり
捨て、新しい世界で自分の道をきりひらいているということである。
「キャリアアップ」などという概念はかれらにはなく、スタートラインに立つことで見えてくるものがあることを知って
いるのだろう。「人間には反発心が大切である」「経験は蓄積資本である」と義介自身は語る。

鮎川義介が晩年に趣味として始めた墨絵です。
d0061579_11412404.jpg







[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-14 11:48 | 歴史 | Comments(0)

道路を走る高速鉄道車両見学イベント

昨日英国向け高速鉄道車両の昼間陸送イベントが開催された。
(株)日立製作所笠戸事業所が製造している英国向け高速鉄道車両は、下松第2埠頭から
船で英国に出荷されており、同社から埠頭までは車道を使って陸上輸送(陸送)されています。
通常交通量の少ない夜間に行われている「陸送」を日中に行うのが今回のイベントでした。

d0061579_11364566.jpg
どの位の観客が居たのだろう??? 1万人は居たのかなぁ~と思っていましたが、
今朝のテレビニュースを観て驚きました なんと3万人の観客だって!!!


14時から日立製作所笠戸事業所を陸送スタートとポスターに記載してあるので
少し早いが12時位に家を出、観覧エリアの下松市民運動場(臨時駐車場)に行きました。
驚いたことに600台収容とあるが、約8割の車が既に駐車しており次々入っていました。


d0061579_11441898.jpg
12時頃の様子です。まだ観客はまばらです。
d0061579_11452868.jpg
d0061579_11463024.jpg
沿道には既に折りたたみイスを広げ三脚を立て、又、ビニールシートに座り込み昼食を食べて
いる人も結構いましたが、まだ車輌が来る時間まで2時間半あると思い、とりあえず周りの様子とか
テントや大型映像装置搭載車(LED車)の画像を撮り、車で本を読みながら待機と決め込みました。
d0061579_11561332.jpg
d0061579_11560175.jpg
d0061579_11564053.jpg
そろそろ時間かなと気が付き時計を見ると1時30分・・・
沿道に出てみると驚きです!!!  居場所が無いほど人で溢れすし詰め状態です。
直ぐ様、第2公共埠頭の方へ移動しました。
しかし初めは前列に立っていたのですが子供や強引な人に押され、後に追いやられました。
下松清掃工場跡地のコンクリートスロープに立ち待ってました。

d0061579_12011562.jpg
d0061579_12013088.jpg
d0061579_12013802.jpg
結局 寒い思いをし長時間待ってちゃんとした写真も撮れず、何しに行ったか分からない一日でした。
過去下松市で狭い一ヶ所に、3万人も集まるイベントがあったでしょうか?




[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-06 12:20 | 未分類 | Comments(0)

何年振りかなぁ~ 冠梅園と冠天満宮散策

場所や樹により開花の差がありますが、見頃ではないですかね~
梅の里(冠梅園)には100種、約2000本の梅の木があります。

d0061579_10401478.jpg

d0061579_10405337.jpg



丘陵を上りきると、冠山総合公園内が見渡せ、光市街地、瀬戸内海も展望できる。
眺めはとても良い場所なんだけど、高い場所なだけに日が陰るとかなりの寒い!!

d0061579_10471892.jpg
d0061579_10474480.jpg
d0061579_11042174.jpg
d0061579_11132037.jpg
d0061579_11135488.jpg
冠梅園と冠天満宮は赤い橋で繋がっています
d0061579_11162168.jpg
冠天満宮は旧国道188号に面して大きな鳥居・広場があり、そこから石段を登っていきます。元々は、光井の地にあることから「光井天満宮」と称されていました。
菅原道真公(845~903年)が学問の神様として祀られており、多くの人々に崇拝されています。
道真公は学者の家系で幼少より学問に秀で長じて学徳高く文章(もんじょう)博士となられ、 宇多天皇の御信任篤く右大臣に任じられましたが藤原氏のざん言により太宰権帥に左遷されました。
筑紫へ下向の際、風波をさけて今の光市の戸仲の浦に立ち寄られた時に、百姓の神太夫(じんだゆう)が手厚くもてなしたお礼として冠を脱いで神太夫に与えられました。
d0061579_10514534.jpg
d0061579_10521052.jpg
冠石神殿境内神社
d0061579_10545303.jpg
d0061579_10554353.jpg
延喜元年(901)菅原道真公が筑紫の配所へ海路下向の折、風波をさけて戸仲の浦へ上陸された。
この時、村の神太夫親子が我家へ伴い奉り一両日のお泊りの間、心からお慰めした。 菅公のお悦びはひとしおで、出船にあたり別れを惜しまれ、形見にと召されたる御冠を脱ぎ与えられた。
その後、夢のお告げによって承平5年(935)祠を建てて、菅公をお祀りした。
この冠石は、その時の冠を収め奉ったところと伝えられる。


幸せを願って・・・
d0061579_11033619.jpg







[PR]

by kfujiken2 | 2017-03-01 11:10 | | Comments(0)