長州より発信

kfujiken2.exblog.jp

山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします

戦艦「大和」は、艦隊決戦の切り札となるべく、
昭和12年11月4日に呉海軍工廠において起工された。
大和は対米英開戦直後の昭和16年12月16日に海軍に引き渡されて竣工、
第一戦隊に編入された。
昭和17年2月には、これまで12年間にわたり連合艦隊の旗艦を務めた
「長門」から旗艦の地位を譲り受け山本五十六長官の将旗を掲げる事となった。

昭和20年4月1日に米軍が沖縄上陸した事から水上特攻部隊として出撃し、
生還を望まない攻撃に出発した。
大和は昭和20年4月6日に出撃したが、翌7日に米艦載機386機による波状攻撃を受け、
爆弾6発、魚雷10本以上を受け、
九州坊ノ岬沖90海里の地点で2498名の乗組員と共に海底深く沈没したのである。
この時の主砲は27発しか発射されなかった。

d0061579_11595525.jpg


d0061579_1223627.jpg

長さ263メートルというと東京駅位の長さに匹敵し、
いわば鋼鉄製の東京駅が海に浮かんだようなもの。
しかし、排水量に比較すると、「小さい」戦艦であった。
46センチ主砲を装備した上で、
いかにコンパクトにするかでかなりの苦心があったという。

46センチ主砲・・・正式名称94式45口径46センチ砲。
当時世界最大の主砲。射程距離は実に42キロメートルというもので、
砲弾は、長さ約2メートル、重さは1.46トンという巨大さであった。
一発撃つのに使う火薬の量は330キロ。
撃ちだされた砲弾は、時速2,808Km(秒速780m)という速さで飛び出し、
砲身の内側に刻まれたライフルにより、1分間に60回転しながら飛んでいき、
遙か水平線の彼方の敵艦を攻撃する事ができた。
これだけの大口径の主砲は後にも先にも大和型戦艦のみであった。
3連装の砲塔一基の重さは2510トンで駆逐艦一隻分の重さにあたる。
しかし大和はその生涯で主砲は合計311発しか撃てなかった。
使用された46センチ砲弾は、対艦用の91式徹甲弾、
そして対航空機用の零式通常弾、3式通常弾の3種類で、
徹甲弾は、目標の手前で着水してもそのまま水中を直進して
艦腹に当たるような工夫がされていた。


最近完成した「大和ミュージアム」には 映画のロケに使用されたのらしいですが
設計図や写真、潜水調査水中映像などをもとに,可能な限り詳細に再現しました
実物の10分の1 全長26.3メートルも戦艦「大和」が展示されています。

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-08-28 12:06 | 未分類 | Comments(0)
d0061579_1813688.jpg
国内で唯一、潜水艦を間近で見られるのがココ。
海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしています。
ここはその昔、呉が海軍の本拠地だったことを偲ばせるエリアです。

d0061579_1832433.jpg


d0061579_1864584.jpg

「アレイからすこじま」の道路向いにあるレンガ造の倉庫群で、
呉海軍工廠の前身である呉海軍造兵廠時代<1897~1903 (明治30~36)年>に建てられたものです。
空襲で被害を受け、建設当初よりも奥行きが短くなっています。
戦後は民間会社の倉庫として利用されています。

d0061579_187861.jpg

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-08-20 18:08 | 風景 | Comments(0)
入船山記念館入り口
d0061579_1854746.jpg


番兵塔のある入り口
d0061579_182535.jpg


「旧呉海軍工廠(こうしょう)塔時計」
1921(大正10)年6月、旧呉海軍工廠造機部屋上に設置され、
終戦まで、呉工廠と共にその歴史の時を刻んできたもので、
現在動いている電動親子式衝動時計としては、国産最初のものです。
また、1日4回流れるメロディーは、毎年小中学生が作曲したものです。
1981(昭和56)年呉市有形文化財に指定されています。

d0061579_1872739.jpg

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-08-19 18:09 | 歴史 | Comments(0)
d0061579_1748343.jpg
d0061579_17483347.jpg
幅90mの音戸の瀬戸に架かる主橋梁長172mの真紅の橋。
1,000トン級船舶の航行を可能とするため螺旋(らせん)式とループ式の取付道路をもつ
高架橋として、総工費3億6,200万円をかけて1961(昭和36)年12月に完成しました。

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-08-19 17:49 | 風景 | Comments(2)
【恐ろしい合併症】

糖尿病の恐ろしい点は、適切な治療をせずに高血糖の状態を放っておくことで、
全身に様々な合併症が現れるところです。
中でも代表的なのが、網膜症・腎症・神経障害で、糖尿病の3大合併症と言います。

◆ 糖尿病性網膜症

  高血糖によって血行が悪くなり、眼底にある網膜の毛細血管に障害が起こります。
  眼底出血、硝子体出血、網膜剥離などにより段々視力が低下し、
  更に進行すると失明の恐れもあります。初期のうちは殆ど自覚症状がないので、
  気付いた時は手遅れというケースもあります。

◆ 糖尿病性腎症

  高血糖が続くと、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が傷つき、
  腎臓のろ過機能が悪化します。発見が遅れると腎機能が低下し、
  やがて人工透析を受ける必要が出て来ます。
  現在、新たに人工透析導入の原因となる疾患の第一位が糖尿病性腎症です。

◆ 糖尿病性神経障害

  合併症の中で最も早く現れる症状で、高血糖のために神経が侵されて起こります。
  神経には運動神経系、感覚神経系、自律神経系の3種類の神経があるため、
  手足の痺れや痛み、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、皮膚の潰瘍、壊死、
  筋肉の萎縮、筋肉の低下や胃腸の不調、ED(性機能障害)など症状は色々。
  進行すると治療が難しいので、気付いたら直ぐに治療を始めます。

◆ その他の合併症

  この他に発生頻度は少ないのですが、意識が薄れて昏睡に陥る糖尿病性昏睡、
  細菌やウィルスに対する抵抗力が弱り、風邪や肺結核と言った各種感染症に
  かかりやすくなるなど、多くの合併症があります。
  もう一つ忘れてはならないのが動脈硬化症。
  3大合併症は直接死因に結び付くことは少ないのです。
  動脈硬化症は死因に繋がります。心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を
  引き起こす原因は動脈硬化症であり、糖尿病患者が動脈硬化症になる確率は、
  糖尿病患者でない人の2倍以上とリスクが大きいのです。
[PR]
# by kfujiken2 | 2005-08-03 14:29 | 未分類 | Comments(0)
「メドウセージ」

サルビアの一種でチェリー・セージなどと同じ様な花をつけます。
鮮やかなブルーの花がとても美しい花です。
さわやかな雰囲気を醸し出しています。
暑さ寒さにとても強く丈夫で育てやすい品種です。

d0061579_9263467.jpg


「タンジー」

タンジーはヨモギに似た香りというよりにおいがします。
薬用植物といったほうがぴったりです。
束を吊るしたり、部屋の中に置いておくとハエ除けに効果がある。
中世にはノミや他の害虫の虫除け用に床にまいて足で踏みつぶし、
刺激臭を発生させていたとか。

d0061579_9285590.jpg

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-07-21 09:29 | | Comments(0)
家族旅行村周辺は 自然と遊びの宝庫。
オートキャンプ場・バーベキューガーデン・サンセットケビンがあり
エビネ園・ラベンダー畑・ オリーブ・キンカン等の柑橘園が
山林や地形を活かして造られております。
四季折々 色んな表情を持つ森です。


【海のモニュメント】
d0061579_1135070.jpg

実物のスクリューと錨です。


【幸福をよぶ鐘・四季の風鐘】
d0061579_11374242.jpg

幸福を呼ぶ四季の風鐘には、多くの人に幸せになって欲しいという
願いが込められています。
あなたも鐘を鳴らしてみませんか・・・

[PR]
# by kfujiken2 | 2005-07-19 11:52 | 風景 | Comments(4)
昨日 笠戸島に試し撮りに行ったのはいいが 暑くて撮影どころではなかった!
1眼レフデジタルは難しい それにカメラがデカイので手ブレしてしまう・・・
そのカメラに望遠を付けると カメラが落っこちそうになる (・_・。))まいったなぁ
もう少しマニュアルを読んで勉強しなくてはね~


d0061579_735325.jpg


これは撮影場所から1000m位離れている 最近完成した海の遊歩道です。
[PR]
# by kfujiken2 | 2005-07-19 07:39 | 風景 | Comments(2)
【糖尿病のタイプ】

◆ Ⅰ型糖尿病
  膵臓のβ細胞(インスリンを分泌する細胞)が壊され、
  体内のインスリンの絶対量が不足することで起こります。
  子供のうちに発症することが多く、以前は小児糖尿病、
  インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。
  先天的なものが多く、ウィルス感染や免疫系の遺伝的要因が
  関係しているのではないかと言われ、日本人には比較的少ないようです。
  このタイプの糖尿病の治療には、食事療法・運動療法のほか、
  インスリンの注射がかかせません。

◆ Ⅱ型糖尿病
  食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、運動不足、ストレスなど、
  いわゆる生活習慣に関係していると言われています。
  インスリンの分泌量が少なくなったり、インスリンを受け取る
  細胞の感受性が鈍くなって、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなった結果、
  高血糖の状態が続くもの。
  日本の糖尿病の95%以上は、このタイプです。

◆ 妊娠糖尿病
  妊娠をきっかけに起こる糖尿病です。
  胎盤からは、妊娠を順調に進めるためのホルモンが分泌されています。
  これらのホルモンには、インスリンの作用を弱める働きがあり、
  同時に胎盤そのものもインスリンを壊す酵素をつくっています。
  ですから、妊娠中はより多くのインスリンが必要となります。
  分娩後に正常化する場合も多いのですが、将来的に糖尿病を発症する
  確率が高いので、分娩後も定期的に検査が必要です。

◆ その他
  糖尿病は、肝臓・膵臓の病気、感染症、免疫や遺伝子の異常など、
  様々な原因で引き起こされます。
  薬剤の副作用が原因になる場合もあります。
[PR]
# by kfujiken2 | 2005-07-07 14:09 | Comments(0)
糖尿病は、読んで字の如く、尿に糖が出る病気だと思われがちですが、
必ずしもそうではありません。一言で言うと「血液中のブドウ糖(血糖)の
量が慢性的に多くなる病気」です。

ご飯や果物、アルコールなどに含まれる糖質は、分解されるとブドウ糖になります。
この血液中のブドウ糖が「血糖」です。
血糖は「インスリン」と言うホルモンの働きによって、身体を動かすエネルギー源となり、
一部はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられます。
このインスリンの分泌量が減少したり、うまく働かなくなると、
ブドウ糖が細胞に運ばれなくなり、血液中に糖が増加するのです。

◆ 要因
日本での糖尿病患者数の増加には、この人種的な体質に加え、
高脂肪食、運動不足などの生活習慣が大きく影響しています。
肥満の増加と糖尿病患者の増加が比例しているのを見ても、
その因果関係は明白です。

もう一つの要因が加齢。
インスリンの分泌量は加齢によって減少します。
医学の進歩で平均寿命が大きく伸びる中で、
糖尿病を発症する人が増えたと言えます。

◆ 危険因子
① 家族(近親者)の中に糖尿病の人がいる
② 1年に10kg上体重が増えた
③ 高血圧、高脂血症などの治療中だが、
   血糖については正常と言われている

◆ 症状
* すぐに喉が渇いて水分を取る量が増え、尿量が増える(トイレが近い)
* 空腹感が強く、よく食べる
* 食べても痩せる
* 身体が疲れやすく、だるい
[PR]
# by kfujiken2 | 2005-07-05 06:28 | 未分類 | Comments(0)
ブログトップ