人気ブログランキング |

日立製作所笠戸工場で製造された潜水艦

昭和19(1944)年12月30日夜半、ルソン島サンフェルナンドからマニラへの任務航海中の帝国海軍第一〇八号輸送艦は、左舷方向に浮上した明らかに日本海軍のものとは違う二隻の潜水艦を発見、直ちに攻撃態勢を整えたものの、よく観察するとお世辞にも洗練されているとはいえないその
艦影は、米海軍所属の潜水艦とも思えず、輸送艦艦長川島祐大尉は攻撃命令を下しませんでした。
海軍兵たちがいぶかしんでいる中、その国籍不明艦二隻は戦闘態勢を取らず悠々と航進を続け、
やがて付近の岬鼻先向こうへゆっくり姿を消しました。


海軍輸送艦が遭遇した “謎の国籍不明潜水艦”、実は友軍である帝国陸軍所有の艦艇で
その名を「三式潜航輸送艇」(別名、丸ゆ:“まるゆ”)といい、名称が示すとおり “輸送艇”
(陸軍船なので艦ではない)であって魚雷等攻撃火器を持たない “潜水艦” でした。

d0061579_12421022.jpg

【日立製作所製で造られた一号艇の「ゆ1」の模型】

海軍に黙って陸軍主導で設計から初め、造船経験のない(と思われる)機関車用ボイラーなどを
製造していた日立製作所笠戸工場に発注したところに少なからず陸軍の高いおごりを感じざるを得ません。
当然ながら造船は一筋縄ではいかず、悪戦苦闘を繰り返すうち、計画を嗅ぎつけた海軍は最初は
中止を要求したようですが、意固地なまでにそれを受け入れない陸軍に業を煮やし渋々技師を派遣し建造を手助けをしたといいます。
船体は日本一の機関車工場の日立製作所笠戸工場が、エンジンは相模陸軍造兵廠が、
搭載砲四式37ミリ舟艇砲は陸軍第一技術研究所が担当して研究が進められました。
全長41.41m、排水量274.4トン(水上航行時 水中では370トン)の小さな潜水艦“まるゆ”
試作一号艇が開戦からちょうど二年目の18年12月8日、日立製作所笠戸工場から陸軍に引き渡され、同30日柳井湾にて、海軍関係者も招待された席で潜航試験を行いました。


d0061579_12485849.jpg

【日立製作所製で造られた一号艇の「ゆ1」の実艇】

■「まるゆ」の運用思想
「まるゆ」は、海軍の通常の伊号潜水艦と違い、輸送が主任務。
そのため、敵の目がある昼は海底に沈座。夜に浮上して航行するものとされ、急速潜航は考慮されませんでした。また、潜航した場合の航行距離も微速2ノットで6時間と短く、最大速力も4ノットと低速でした。

■構造
艦首より、電池室兼居住室、船倉、発令室、船倉、機械室。
極めて狭いです。乗員の方が甲板上で食事をしている写真もあり、艦内は食事をするのも不自由な程狭かったようです。
ただし、南方での使用が前提だったので、艦首に通風・冷房装置が装備されていました。
また、ブロック工法が採用され、量産性も高く、それなりに優秀な設計でした。日本潜水艦としては、珍しい半複殻式の船体のため、独特な艦容です。
 

d0061579_12543111.jpg

【日本陸軍潜航輸送艇 まるゆ艇 ゆ1号艇 (プラモデル)】

小型なこともあり、装備表に現れない居住性能は劣っていた。
便所はドラム缶を使用したために艇内に臭気が充満していた。各国海軍の潜水艦では専用の便所が備えられ、汚物は圧縮空気で外部に排出できるようになっていた。
日本海軍でも、一部の旧式艦を除いては各国同様に潜航中も使用可能な水洗式便所が備えられていた。
狭いまるゆは艇長室でさえ1畳大の広さしかなく、乗組員達は「本物の」潜水艦に出向く度に、
その「広さ」にため息をついたそうです。

by kfujiken2 | 2012-10-06 13:00 | 歴史 | Comments(0)


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新の記事

角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-18 17:13
角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-16 09:59
角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-14 08:45
佐波川こいのぼりの川流し
at 2019-05-08 06:37
遅かりし由良之助・・・仁保一..
at 2019-05-06 10:21
浩宮さま(現 皇太子)が即位..
at 2019-04-30 09:04
地域文化講座
at 2019-04-27 09:56
光・冠山総合公園で「第12回..
at 2019-04-23 12:54
徳山大学内松下村塾(模築)
at 2019-04-13 16:06
新元号・令和に関して
at 2019-04-11 09:59
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-09 10:07
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-07 09:22
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-04 11:18
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-01 12:45
周防國三之宮という由緒正しき..
at 2019-03-28 09:52
散りぎわの美・ 五色八重散椿..
at 2019-03-25 11:29
あなたも新元号の予想をしてみ..
at 2019-03-17 11:55
古墳時代の『後井古墳(ごいこ..
at 2019-03-12 10:50
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-08 13:03
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-06 16:26

ブログジャンル

歴史
中国

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09
既に辞めている前川さんが..
by kfujiken2 at 10:59
引責ではありません、立派..
by なすび at 09:00