渡辺淳一を考察・男の遊び伝授

『阿寒に果つ』から『失楽園』『愛の流刑地』、そして『愛ふたたび』に至るまで
男女の性愛の世界を描き続けた作家・渡辺淳一氏。
「リアリティーのない小説は書いちゃいけないと思うね」と本人がそう語るように、
渡辺淳一氏の多くの作品は実体験に基づいている。

渡辺淳一さんの恋愛小説が読者を引きつけたのは、単に性描写が刺激的
だったからではありません。
変化する男女関係、衰えゆく肉体、欲望、嫉妬、孤独。
そこに人間の本質が色濃く表れていたからです。


d0061579_7581269.jpg


・・・★★★ 簡単に渡辺淳一氏のプロフィールを紹介 ★★★・・・

1933年、北海道生まれ。札幌医科大の講師(整形外科)を務めながら
小説を発表した。
同医大の和田心臓移植事件を題材に「小説・心臓移植」を69年に発表し、
医師の倫理をめぐり話題となったが、学内の反発が強く辞職。上京して
専業作家となった。

医師としての体験を生かし生と死をみつめた医学小説から、しだいに伝記や
歴史ものにも領域を広げ、70年には西南の役で負傷した2人の軍人の
その後を描いた「光と影」で直木賞、
80年には「遠き落日」「長崎ロシア遊女館」で吉川英治文学賞を受けた。

その後は「ひとひらの雪」「うたかた」など、男と女の性愛の世界を描き、
ベストセラーを連発した。
激しい不倫愛を描いた97年の「失楽園」、2006年の「愛の流刑地」は映画化、
テレビドラマ化されて大ヒットした。「失楽園」は中国でも翻訳出版されて、
人気作家になっている。

エッセーでのベストセラーも多く、07年の「鈍感力」は流行語になったほか、
恋愛論を説いた「欲情の作法」などがある。

10年の「孤舟」は定年後の男の孤独を、13年の「愛ふたたび」は高齢者の性を描き、晩年は老いがテーマだった。92年に本紙朝刊で「麻酔」を連載。
03年に菊池寛賞。84年から30年間、直木賞の選考委員を務め、エンターテインメント小説界を支えた。


d0061579_87977.jpg


以前アップしたウェブページです。

【愛とは】・・・「愛の流刑地」

【渡辺淳一語録】

● 結婚という制度のために,不倫という純愛が否定される。
● 淋しい女は買い物好き
● 男と女は一緒になった時から怠情という病が忍び込む。
● 一通の手紙には、十本の電話に勝る優しさがある
● 毎日一緒にいる・・という事実こそ、浮気心がおきてきた最大の理由といえなくもない
● 男は頭で嘘をつき、女は体で嘘をつく
● 男の幸せは、秘密の多さで決まる
● なにかいいわけがあるとき、女性は思いがけず、大胆になる
● 二兎を追うものは一兎をも得ず。というのは、二兎しか追わないから駄目なんだ。 四兎も五兎も追わなきゃ!
● 二人が快感を得て、よくなって初めてセックスって言うんだよ。
  男性だけがいいのは、ただの排泄。互いに満ち足りてしみじみと喜びを感じる。いろんな方法で相手への思いやりをこめて。…そこから先が文化でね
● セックスとは、いわゆる性的関係だけををいうのではない。そうではなく、
男と女が二人でいるときの、すべての関係をいうのである。
● 結婚という制度のために、不倫という純愛が否定される。


d0061579_829116.jpg

by kfujiken2 | 2014-05-12 08:37 | コラム | Comments(0)


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

最新の記事

ノーベル賞レベルの線虫による..
at 2019-02-20 14:11
天皇の神格化
at 2019-02-15 12:46
ホテルのバイキングランチ
at 2019-02-10 09:35
亥年は荒れる・・・
at 2019-02-05 09:46
”西のお伊勢さま” 山口大神宮
at 2019-01-25 10:56
飛鳥時代(7世紀)の代表的な..
at 2019-01-22 09:24
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-20 09:43
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-17 11:16
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-15 14:16
降松神社と鷲頭寺の関連・・・..
at 2019-01-10 13:28
素朴な疑問 ~ 清水寺の謎
at 2019-01-04 10:00
昨年はお世話になりました
at 2018-12-31 21:25
平成の30年間の主な出来事・..
at 2018-12-28 10:35
天皇陛下最後の誕生日会見
at 2018-12-25 09:58
『奈のは』のランチに行きました
at 2018-12-20 10:02
お寺deアート&カフェ
at 2018-12-17 13:17
漁師軍団の女性リーダーが描く..
at 2018-12-12 15:54
明治維新に於ける歴史の変遷
at 2018-12-06 10:38
紅葉と歴史を求めて山口を散策..
at 2018-12-03 09:57
紅葉と歴史を求めて山口を散策..
at 2018-11-29 10:53

ブログジャンル

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27