カテゴリ
風景
歴史

コラム
未分類
リンク
アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~



謎の歴史的構造物(円筒分水)を発見

謎の歴史的構造物(円筒分水)を、大谷渓谷懇談会が下松市豊井大谷で発見。

この遺跡物(円筒分水)を、大谷分水工と名付ける。

とりあえず大谷分水工が、どの様なものなのかご覧に入れましょう・・・
d0061579_9234953.jpg


大谷分水工の詳細は後にして、調査することになった経緯からお話しましょう。

この大谷分水工は小規模ではあるが、何時、誰が、何のために造ったのか市役所を尋ねた。
何課に行けばよいか見当も付かず、受付で相談したところ受付の人は円筒分水を見たこともなく、
勿論言葉すら聞いたことない!!!水に関する事なので水道局に行けば何かが分かるかも
知れないということになり、水道局の総務に連絡して頂いた。
水道局の職員に大谷分水工の画像を見せたところ、確かに円筒分水には違いないが、
大谷に円筒分水があるという話は聞いたことがない・・・
下松に存在が確認されている円筒分水は、① 東光寺分水工 ② 花岡分水工と2ヶ所です。
この2ヶ所は温見ダムからの上水道・生活用水(一部農業用水)を分水する為に下松が造った物で、
水道局は存在を確認しており管理している。
水道局の職員曰く、大谷分水工は農業用水の為の分水工で上水道・生活用水ではないので、
水道局が知る由もかったし、なおさら企業が保有しており、企業が独自で建設したのであろうから
知らないと話していました。
農業用水の供給路として造られたなら農林水産課が詳しいかもということになり、
農林水産課に飛んで行きましたが、やはり分かりません!!!
日立が資料・図面を管理しているかもと農林水産課では言っていますが???
このままではお手上げの状態です。


お待たせ致しました それでは【大谷分水工】の詳細を説明致します。

◆ 場 所 

中央線を東に行き半上線に突き当たり、更に100m位東に行った所を左折し大谷ダム向かって登る。
d0061579_9431397.jpg


◆ 概 要

円筒分水は農業用水などを一定の割合で正確に分配するために用いられる利水施設。
用水は米などの作物を育てるためのもの。水が無ければ米が作れず、水は生活の糧・源ですが、使いたいときに使いたい分だけ、いつも水があるとは限りません。より豊かな生活をするために水田を広げればそれだけ多くの水が必要になります。戦国・江戸時代以降、開墾奨励によって農地は広がりましたが水の確保が追いつかなかったようです。


※ 設置目的・設置年度
大谷ダムから分水する大谷分水工は、土地の人の話によると日立製作所が昭和13年に大谷ダムを建設する際、ダムの貯水池にする為に既存の田畑の所有者に金銭の授受を求めたが、所有者は豊井地区に代替を求めた為提供したらしい??? その田畑に水を引く用水路がないということで、日立製作所が補償としてこの円筒分水を建設し水を供給することで折り合った。
大谷分水工は農業用水の為の分水工で上水道・生活用水ではないので、水道局が知る由もなかったし、なおさら企業が保有しており、企業が独自で建設したのであろうから知らないと話していました。


平成28年9月13日 周囲の草刈をし掃除して、円筒分水本体の素晴らしい姿が現れた。

清掃前の様子
d0061579_10274067.jpg


清掃中の様子
d0061579_1022182.jpg


清掃完了の様子

d0061579_10234549.jpg


南側への水路と東側への水路がよく分かります
d0061579_10253595.jpg


◆ 円筒分水下流の調査
周辺に12か所の分水穴があり、東側と南側への二ヶ所に水路があることが分かります。
主流の水路は東側で南側への水路は余分の水を流す水路だと憶測します。つまり南側への水路は、
大谷川に出ています。
では主流の東側の水路はどこに流れているか??? 途中が暗渠になっている為はっきりした水路は確認出来ませんが、妙法寺の側を流れている水路に合流していることは確かです。



画像が多くなり過ぎますので、続きは明日アップします。 

[PR]
by kfujiken2 | 2016-09-18 10:08 | 歴史 | Comments(0)
<< 大谷分水工 九州の聖地が無くなる!!! >>




山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします
by fujiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新の記事
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-15 10:29
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-12 10:39
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-10 12:13
一筆たしなんでみました
at 2018-10-05 12:22
美しい時代劇・【散り椿】
at 2018-09-30 09:51
山上の要害・岩国城 
at 2018-09-27 10:18
「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂
at 2018-09-24 16:28
周防大島へドライブ遊覧
at 2018-09-21 09:23
明月上人誕生地・願行寺の彼岸花
at 2018-09-19 08:56
近世の名筆:明月上人
at 2018-09-17 11:24
映画:岡田准一の「散り椿」
at 2018-09-08 09:10
長岡外史を語るとき・・・誕生..
at 2018-09-03 09:04
袖解橋(そでときばし)のいわれ
at 2018-08-30 08:26
「袖解橋(そでときばし)の変」
at 2018-08-26 12:23
山口県立美術館で開催『毛利 ..
at 2018-08-23 10:35
歴史の闇に埋もれた真実
at 2018-08-14 08:26
「毛利秀就公出生の謎を解く」
at 2018-08-08 15:22
何処の町・村にもある伝説や民..
at 2018-08-02 16:32
そ~だったのか戦国大名・毛利..
at 2018-07-30 10:31
退院し我が家に帰って来ました..
at 2018-07-26 09:38
ブログジャンル
フォロー中のブログ
四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
画像一覧
最新のコメント
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57