人気ブログランキング |

プチ探訪石城山

光市塩田の石城山にプラ~と行って見ました。
県道162号石城山光線は、道路の側面が少し崩れ枯れ木が散乱し少し荒れていますね~


閉館になっている三国志城の側を通ると館長・ 谷千寿子さんを思い出しました。
何度も訪れお話をさせて頂きましたが、彼女ほどの歴女にお目に掛かったことはありません!
88歳の高齢にもかかわらず数字に強く、年代とか人名の記憶力の良さには感服するほどでした。
谷さんから玉響(たまゆら)の話を聞いたことを思い出しました。
玉響(たまゆら)とは、人間の目には見えない精霊だそうですが、
石城山で出会うことがあるそうです。
神様の歓迎?喜びの現象?とでも言いますか 、肉眼ではまず見えることはないが、
カメラには映る事があるそうです。
霊と言っても死んだ人が成仏出来なくてさまよう霊とは違うようです。


話が余談になりましたが、本題に入ります。

県道162号石城山光線を登り駐車場に車を置いて、先ずは仁王門をくぐって
重要文化財の石城神社本殿へ向かいました。
一人で行くと心細いというよりも気持ちが悪い気がします。



◆ 仁王門(随身門)

現在は石城神社の門となっているが、もとは神護寺の仁王門であった。
神護寺の仁王門として、立派な仁王像が一対存在していた。
山門のあった神護寺は石城神社の奥にあったそうですが、第二奇兵隊本陣跡地として
残っています。
明治3年の廃寺騒動の時、現地へ移設されているようであります。
現在の随神門には、随神像が祀られております。
第二奇兵隊が、石城山の神護寺を本陣にしていた時に、
南表門番所として仁王を撤去し、昼夜を通し交代で隊員が立ち番をしていて、
石城山の在住者が農作業の為、毎日数回通過するのでその度に住所・氏名を言わされて
不便だったらしい!!!
昭和25年頃まで仁王門に向かって左側に「皇族下乗」の高札が立ててあり、
皇族の方々でも馬や籠に乗ったままでは、石城神社に参詣で出来ず仁王門内は徒歩で
参詣されていたそうです。

d0061579_16484213.jpg

d0061579_1650388.jpg


仁王門(随身門)から100m程度歩くと右手に石城神社が見えます。
この案内図を見ると大体の距離が見当つくと思います。

d0061579_16584613.jpg


◆ 石城神社

石城神社は延喜式内社で、由緒ある神社である。
祭神は大山砥神(おおやまつみのかみ)(本地釈迦如来)・雷神(いかづちのかみ)(本地普賢菩薩)・
高おみの神(たかおみのかみ)(本地文殊菩薩)で、武事・鉱山・農林の神をお祀りしている。 

旧号を三社権現といっていたが、明治元年石城神社と改称した。
石城神社の創建は明らかでないが、社伝によると、敏達天皇三年(574) 
の鎮座と言われ、天皇の勅額と伝えられる「石城宮」(いわきぐう) 
も保存されている。

本殿は、文明元年(1469)大内政弘が再建したものと伝えられている。 
桁行5.54m、梁間(はりま)2.85m、正面入母屋造り、背面切妻造 
り妻入り、こけら葺、四囲に緑をめぐらせた春日造りである。
柱面のとり方、勾欄(こうらん)のそり方、斗棋(とくみ)、 
蟇股(かえるまた)等に室町時代の特色を残している。 

d0061579_1712350.jpg

d0061579_1713883.jpg

d0061579_1722980.jpg

d0061579_1724015.jpg



石城神社を参拝・見学を終えると、直ぐ前にある「第二奇兵隊志士を懐う」碑や北側には
第二奇兵隊本陣跡があり、近くまで行って見ようかと思いましたが、草が茂り近寄るのが
怖くなり怪我をしたらと思い止めました。
ここに石城山神護寺があったそうです。


◆ 「第二奇兵隊志士を懐う」碑は岸信介が詠んだ七言絶句

d0061579_17172867.jpg

d0061579_17174594.jpg


◆ 第二奇兵隊本陣跡
d0061579_17234781.jpg

d0061579_1724769.jpg

by kfujiken2 | 2016-09-28 17:26 | 歴史 | Comments(0)


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新の記事

角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-18 17:13
角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-16 09:59
角島散策・赤間神宮参拝の旅 ..
at 2019-05-14 08:45
佐波川こいのぼりの川流し
at 2019-05-08 06:37
遅かりし由良之助・・・仁保一..
at 2019-05-06 10:21
浩宮さま(現 皇太子)が即位..
at 2019-04-30 09:04
地域文化講座
at 2019-04-27 09:56
光・冠山総合公園で「第12回..
at 2019-04-23 12:54
徳山大学内松下村塾(模築)
at 2019-04-13 16:06
新元号・令和に関して
at 2019-04-11 09:59
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-09 10:07
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-07 09:22
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-04 11:18
山陰の小京都(史跡と鯉の町)..
at 2019-04-01 12:45
周防國三之宮という由緒正しき..
at 2019-03-28 09:52
散りぎわの美・ 五色八重散椿..
at 2019-03-25 11:29
あなたも新元号の予想をしてみ..
at 2019-03-17 11:55
古墳時代の『後井古墳(ごいこ..
at 2019-03-12 10:50
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-08 13:03
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-06 16:26

ブログジャンル

歴史
中国

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09
既に辞めている前川さんが..
by kfujiken2 at 10:59
引責ではありません、立派..
by なすび at 09:00