カテゴリ
風景
歴史

コラム
未分類
リンク
アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~



長州藩と会津藩の真実・・・続き

【長州藩と会津藩の軋轢】

八月十八日の政変で会津藩と薩摩藩、孝明天皇や公武合体派の公家は連帯して尊王攘夷派の計画を潰し、
長州藩を朝廷における尊攘派一掃を画策した。長州藩兵は、堺町御門の警備を免ぜられ京都を追われ、
朝廷を追放された攘夷派の三条実美・沢宣嘉ら公家7人も長州藩兵と共に落ち延びた(七卿落ち)。
この時点で会津が長州を恨むような状態どころか、逆に長州が会津を恨むようになっていった。
後の池田屋事件や禁門の変で、京都守護職配下の治安維持組織である新撰組の所為で、吉田稔麿・北添佶摩・宮部鼎蔵・杉山松助といった実力者を失い、長州の会津に対する恨みが増す。
更に禁門の変に於いて久坂玄瑞、入江九一、寺島忠三郎、来島又兵衛らが戦死した。こうして、会津に対する
長州の恨みは最高潮に達する。徳川慶喜に大政奉還を迫り、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍を破ると、
戊辰戦争へと突入するが長州の主力は河井継之助が率いる長岡藩との戦闘にてこずり、白河方面から
会津に攻め込んだ薩摩や土佐に後れを取った。会津藩が降伏した際には、会津の西にある会津坂下までしか
進軍できていなかった。1カ月間の籠城中に会津の市街地で略奪や殺戮(さつりく)、強姦などの残虐行為を行ったのは薩摩軍や土佐軍だったという。
結論を言えば、長州藩は会津戦争には余り係わっていないと言う事です。
故に会津が長州に怨念を抱く理由はわからない。強いて挙げれば、会津には会津戦争の残虐行為が長州軍によってなされたという誤解があり、新政府軍の総司令官が長州出身の大村益次郎だったことも一因かもしれない。


d0061579_15291939.jpg


【会津藩の圧政と会津藩士の実態】


長年の京都守護職と鳥羽伏見の敗戦による多大な出費で、半ば財政破綻した会津藩は慢性的な戦費不足から、大局を見通せずに進駐した各地で民衆から搾取・略奪を始めるのであった。
組織だった徴発だけではなく、個人の会津藩士による略奪も多発した模様である。半ば強制的に行われた徴募では貴重な労働力を強引に奪われただけでは済まず、農兵の食料までもが村々から取り立てられ、村々は二重の負担に苦しむ事になる。
かくして会津藩兵による搾取・略奪によって、越後の民衆の心は会津藩から離れる事になる。会津藩兵の搾取・略奪に苦しんだ越後の民衆は、自分達を救ってくれる存在を求めるようになる。越後の民衆が助けを求めたのが、会津藩兵と戦闘を繰り広げる新政府軍であり、かつて越後を統治した米沢藩上杉家だった。

会津藩が明治政府に降伏すると、たちまち藩政崩壊による権力の空白状態に乗じた民衆の謀反が勃発した。
これを旧会津藩領内で発生した世直し一揆。ヤーヤー一揆とも言う。


【英国公使館の医師・ウィリアム=ウィリスの証言】


医師ウィリアム・ウィリス

d0061579_15382922.jpg


◆ 民衆の貧困
会津藩政の苛酷さとその腐敗ぶりはどこでも一様に聞かれた。今後十年二十年に返済するという契約で、
会津の藩当局が人民に強制した借款についての話がたくさんあった。
会津の国の貧しさは極端なものである。家並は私が日本 のどこで見たものよりもみすぼらしく、農民も身なりが悪く、小柄で、虚弱な種族であった。この国で生産される米はみな年貢として収められねばならなかった。

◆ 戦禍
私は会津の徒党のでたらめな残酷物語をいろいろと耳にした。長岡で、彼らは新政府の病院にいる負傷兵や
医師たちを皆殺しにした、と聞いた。会津兵が越後に退却して行く途中、彼らは女たちを強姦し、家々に盗みに入り、反抗する者をみな殺害したのである。

◆ 民衆の動向

人々は冷淡な無関心さをよそおい、すぐそばの畠で働いている農夫たちでさえも、往年の誉れの高い会津侯が
国を出てゆくところを振り返って見ようともしないのである。
武士階級の者のほかには、私は会津侯にたいしても行動を共にした家老たちに対しても、憐憫(れんびん)の情をすこしも見出すことができなかった。 一般的な世評としては、会津侯らが起こさずもがなの残忍な戦争を惹起した上、敗北の際に切腹もしなかったために、尊敬を受けるべき資格はすべて喪失したというのである。


長くなりますので今日はここまでと致します。
明日は締めくくりとしまして、「遺体埋葬禁止令」の事実   会津藩の恨みの原因・・・偏見・欺瞞に満ちた『小説』  什の掟(じゅうのおきて)とは・・・ をアップします。

[PR]
by kfujiken2 | 2016-11-29 15:53 | 歴史 | Comments(0)
<< 長州藩と会津藩の真実・・・続き② 長州藩と会津藩の真実 >>




山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします
by fujiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新の記事
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-15 10:29
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-12 10:39
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-10 12:13
一筆たしなんでみました
at 2018-10-05 12:22
美しい時代劇・【散り椿】
at 2018-09-30 09:51
山上の要害・岩国城 
at 2018-09-27 10:18
「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂
at 2018-09-24 16:28
周防大島へドライブ遊覧
at 2018-09-21 09:23
明月上人誕生地・願行寺の彼岸花
at 2018-09-19 08:56
近世の名筆:明月上人
at 2018-09-17 11:24
映画:岡田准一の「散り椿」
at 2018-09-08 09:10
長岡外史を語るとき・・・誕生..
at 2018-09-03 09:04
袖解橋(そでときばし)のいわれ
at 2018-08-30 08:26
「袖解橋(そでときばし)の変」
at 2018-08-26 12:23
山口県立美術館で開催『毛利 ..
at 2018-08-23 10:35
歴史の闇に埋もれた真実
at 2018-08-14 08:26
「毛利秀就公出生の謎を解く」
at 2018-08-08 15:22
何処の町・村にもある伝説や民..
at 2018-08-02 16:32
そ~だったのか戦国大名・毛利..
at 2018-07-30 10:31
退院し我が家に帰って来ました..
at 2018-07-26 09:38
ブログジャンル
フォロー中のブログ
四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
画像一覧
最新のコメント
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57