ブログトップ

長州より発信

初詣と蝋梅

遅ればせながら3日に降松神社(くだまつじんじゃ)に初詣に行き、
暖かかったので冠梅園に蝋梅の開花状況を観に行って来ました。


拝殿の横にある駐車場に車を止め、先ずは拝殿に行き手を合わせました。
山門は確か昨年には改修をしていたが、綺麗に改修が終わっていました。


d0061579_13501995.jpg
d0061579_13503374.jpg


※ 降松神社は若宮(旧 下宮)、中宮、上宮の3つの施設からなり、鷲頭山(わしずやま)全域に広大な神域をもっています。普段、市民が参拝することが多いのは若宮です。

d0061579_1473230.jpg

神事の際、特殊な断ち方をして折った紙を縄に挟み込んだものを、
下松辺りでは御幣(ごへい)と言うけれど、正式には紙垂(しで)と呼ぶそうです!!!
神社も寄進された方を白いちょうちんに名前を書き、紙垂の変わりにコードつけて垂らすとは、
参拝者の目を引き演出が上手いなぁ~ 感心しました。

d0061579_14102392.jpg

d0061579_14103967.jpg

「北辰妙見社」から鷲頭山に上宮・中宮を、更に赤阪の地(現在の地)に若宮を遷移せた流れを
少し説明しましょう・・・


飛鳥時代の推古天皇3年(595)、都濃郡鷲頭庄青柳浦の一松樹に大星が降り、七日七夜輝き、
「吾は天之御中主尊なり。今より三年ならずして、百済国の王子来朝すべし。其の擁護のために天降りし」と
託宣があった。同5年(597)、大内氏の祖先、百済国璋明王の第三王子琳聖太子が来朝し、桂木山に大星の
御神霊を祀り、北辰妙見社と称へ、鷲頭の庄の氏神とした。以来、青柳浦は降松と改められる。推古天皇11年(603)、
高鹿垣(茶臼山)に社殿を遷し、同17年(609)、鷲頭山に上宮・中宮を建立する。大内広世公は、鷲頭山の麓赤阪の
地に若宮を建立した。大内義弘公は防長などの七国の守護となり、南北朝時代の明徳3年(1392)、中宮に五重の塔や仁王門を新たに建立する。また、七国の各地に北辰妙見社が勧請され、鷲頭山は、妙見本宮として広い信仰を集めた。江戸時代の慶長13年(1608)、火災にあい、中宮本殿のみ焼失を免れ、現今の本殿は戦国時代の大永3年(1523)、大内義興公の再建による。中宮楼門は、江戸時代の文化4年(1807)、氏子中の再建による。大内氏滅亡後、毛利氏の厚い信仰を受け、江戸時代の元和年中(1615〜)には、赤阪の若宮を今の地に遷し、現今の若宮は明和4年(1767)、毛利就馴公の再建による。明治3年(1870)、「降松神社」と改称し、昭和3年(1928)県社に列する。




ロウバイはまるでロウ細工のような黄色い花を咲かせる、中国原産の落葉低木です。
中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれています。
江戸時代初期に日本へ渡来し、ほかの花木に先駆けて咲く香りのよい花が愛され、
生け花や茶花、庭木として利用されてきました。

d0061579_1426298.jpg

d0061579_14261489.jpg


ロウバイの香りは甘くフルーティで、微かに石鹸のような清潔感がある香りが特徴的です。

d0061579_1427929.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-01-04 14:33 | 未分類 | Comments(0)