ブログトップ

長州より発信

徳佐八幡宮のしだれ桜

ソメイヨシノは7~8分咲き・しだれ桜は3~4分咲きではないかと思います。
この天気でこの気温ならば満開まであと3日!!!


d0061579_9111318.jpg


満開時には見事なトンネルを造りあげるしだれ桜です。
徳佐八幡宮のしだれ桜は西日本隋一のしだれ桜と知られています。
鳥居から社堂まで370mもの両参道に130本咲き誇り、
案内板にも「満開時の景観は、筆舌に尽し難いものがある」と記されている。


※ 筆舌に尽し難いものとは:文章や言葉で十分に表現しきれないという意味

徳佐八幡宮の桜は文政8年(1825年)に大阪より「ひがん系シダレザクラ」として取り寄せ、氏子有志によって植栽されたと伝えられています。昭和9年には名勝徳佐桜として国の指定をうけるものの、老木となりその木の多くは枯死する。そのため昭和31年に指定を解除されてしまいます。

現在は地元の有志によって従来の種だけでなくソメイヨシノなどを補植し、また老木から接木によって増殖することで徳佐桜となるよう努力を重ねる。そして昭和47年に阿東町指定となる。
つまり1度は死ぬ寸前までいったものの、地元の方の手入れにより復活したということです。


しだれ桜の垂れている枝の先から上に向かって撮影すると遠近感が出てきます。

d0061579_9555195.jpg
d0061579_956916.jpg






























可愛い赤い花のしだれ桜です。

d0061579_105185.jpg
d0061579_105372.jpg












































徳佐八幡宮の拝殿

d0061579_1014214.jpg


徳佐八幡宮の神木・つが(栂)
マツ科の常緑高木。山地に自生し幹は直立し,30メートルに達する。
松ぼっくりのような小さな実をつけるようです。
秋篠宮文仁親王の印が栂です。

d0061579_10183791.jpg

d0061579_10185517.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-04-01 10:19 | | Comments(0)