カテゴリ
風景
歴史

コラム
未分類
リンク
アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~



「毛利秀就公出生の謎を解く」

「小野郷土歴史懇話会」の平山智昭氏により長州藩初代藩主・毛利秀就公出生は広島城生まれが定説となっているが、小野地区の領主・財満家の館の一角の西御殿または西御前と呼ばれる場所で毛利秀就は生まれたと異説が紹介された。


長州藩初代藩主・毛利秀就
d0061579_1458455.jpg



◇ 毛利輝元と周姫(かねひめ:のち輝元側室二の丸)の関わり


毛利輝元は毛利氏家臣児玉元良の娘周姫(かねひめ:のち輝元側室二の丸)を一目惚れするが元良はこれを断り、許婚の野上庄(徳山)の杉元宣に嫁がす。輝元はその後も周姫のことが忘れられず、恋心を重臣の佐世石見守に打ち明ける。佐世石見守はそれを手下の杉山土佐元澄に命じ、周姫を拉致し広島に連れて来る。しかし、周姫は側室になることを拒否し続けたため、輝元は実家である児玉氏の安芸賀茂郡福富竹仁の阿良井城の領地を没収し、家族は離散の制裁をうけることになる。
更に、これに立腹した主人・杉元宣は、天正17年(1589年)の大坂の豊臣秀吉への直訴を計画するが、事の重大さに気付いた小早川隆景により徳山・野上庄沖にある大島の船隠で殺害された。

児玉の実家がむごい制裁を受けていることや、夫の杉元宣の絶命を知らされた周姫は、不本意ながらも輝元の側室となることを認め広島城二の丸に住み「二の丸殿」として輝元の寵愛を受ける。その後、文禄4年10月18日(1595年11月19日)に毛利秀就、慶長4年(1599年)に竹姫、慶長7年9月3日(1602年10月17日)に就隆を出産。通説では秀就を広島城で生んだとされるが、正室・南の方を恐れていたことから、懐妊後に密かに長門国の小野村(現・山口県宇部市)の財満就久の屋敷に匿われ、密かに出産したとの説もある。


毛利秀就の実父であり、関ヶ原の戦いでの西軍の総大将の毛利輝元
d0061579_14384528.jpg



◇ 長州藩初代藩主・毛利秀就誕生の経緯


日本の歴史には、毛利輝元の側室二の丸は「文禄4年10月18日広島城で嫡男秀就を儲けた」とある。秀就は後に長州藩初代の藩主となった人物である。これが毛利家の正史として世に知らされていて、これを疑う人は殆どいないでしょう。
ところが、輝元が二の丸を要害の地として小野村を選び領主財満就久に身辺保全を頼んだのは、嫉妬深い正室の南の方や長門長府藩主・秀元を取り巻く家来から殺害されることを懸念したとおもわれる。
数多家臣のいる中において、側室二の丸の隠棲と嫡子の出産問題で、頼りにして白羽の矢を当てたのが財満就久は、領民の自主性を重んじ官民が一体となって政を行い、領民からも慕われていた。特に領内にあった数多の宗派を浄土真宗一派に統一して、宗教活動を通して領民のわだかまりやもめごとの無い、和やかで平和の村を建設していた。


d0061579_14264320.jpg


◇ 「毛利秀就公出生」が長門国の小野村が事実ならば、三つの疑問があります。
① 小野村って何処にあるのか
② 何故そんな所で産まれなければならなかったか
③ 秀就という大名は何と惨めな生い立ちだ


※ 虚構説ならば・・・
輝元という中国地方120数万石の大大名の人格や人間性までも非難されることになりかねない。
次の藩主の秀就についても、藩主としての威厳と権威を保たせるためには、藩主の秀就は広島城で産まれたということにして置かなければならなかったのだと思う。これが世に言う戦争の歴史は勝った方が理屈をつくり、封建時代の歴史は、権力者の都合に合わせて権勢を奮っているという証拠であろう。



※ 平山 智昭さんの紹介
~郷土史を足で歩いて後世に伝える郷土史研究家~

※ 平山 智昭さんの著書
◆ 山口県地方史研究第104号(2010年11月)の「毛利秀就公出生の謎を解く」
◆ 二の丸残照:毛利秀就公出生の謎解き・ 戦国歴史秘話

[PR]
by kfujiken2 | 2018-08-08 15:22 | 歴史 | Comments(0)
<< 歴史の闇に埋もれた真実 何処の町・村にもある伝説や民話... >>




山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします
by fujiken
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
紅葉と歴史を求めて山口を散策
at 2018-11-20 14:20
かかしコンテスト
at 2018-11-16 09:12
やまぐちを知ろう 【やまぐち..
at 2018-11-11 10:14
冬に咲く桜・冬桜
at 2018-11-03 09:55
ニッシンイクス 加来耕三氏..
at 2018-10-30 11:41
アサギマダラが好む花
at 2018-10-26 06:56
1000Km以上を大移動する..
at 2018-10-23 08:04
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-15 10:29
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-12 10:39
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-10 12:13
一筆たしなんでみました
at 2018-10-05 12:22
美しい時代劇・【散り椿】
at 2018-09-30 09:51
山上の要害・岩国城 
at 2018-09-27 10:18
「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂
at 2018-09-24 16:28
周防大島へドライブ遊覧
at 2018-09-21 09:23
明月上人誕生地・願行寺の彼岸花
at 2018-09-19 08:56
近世の名筆:明月上人
at 2018-09-17 11:24
映画:岡田准一の「散り椿」
at 2018-09-08 09:10
長岡外史を語るとき・・・誕生..
at 2018-09-03 09:04
袖解橋(そでときばし)のいわれ
at 2018-08-30 08:26
ブログジャンル
フォロー中のブログ
四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
画像一覧
最新のコメント
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57