「重源の里」

奈良・東大寺再建の立役者、重源上人(1121~1206年)にあやかり
集落跡11ヘクタールを利用して「郷愁漂う田舎の原風景」を目指し、
かやぶき屋根の民家など、昭和初期の農村風景を再現した。

俊乗房重源上人は、朝廷より源平の争乱で焼失した東大寺再建を命じられ、
鎌倉時代初期、徳地の山に入り、巨木を切り出す陣頭指揮を執る一方で、
寺や石ぶろを造って地域文化の基礎を築いた。
大木の伐採や運搬は困難を極め、病気になる人もたくさん出ましたが、
住民の協力のもと東大寺は再建されました。

d0061579_14474647.jpg

d0061579_1543976.jpg


「重源の里」は 集落跡11ヘクタールを利用して造ったと言われている様に
かなり広範囲の山間を利用しています。
坂道を登ること1Kmとは言うものの きつくはありませんでしたが
また 膝に水が溜まるのではないかと言う恐怖感があり
普通に歩けば15~20分位だそうですが 私はゆっくり彼方此方を散策しながら
歩いたもので 40分は掛かったかなぁ~
ここは山野草の宝庫ですよ・・・
時期的に咲いていなかったが 春に来れば最高でしょうね・・・
下りは ボンネットバスに乗って降りて来ました。

d0061579_1514562.jpg

d0061579_14505638.jpg


「杣入りの道」(そまいりのみち)
そまいりとは 重源上人が東大寺再建の木材を求めて ここから山に入ったことを言います。
d0061579_14594096.jpg


この様な狭い道や吊橋のある道を 当時杉の木の大木を
どの様にして運んだか 考えますよね~
d0061579_1553585.jpg

d0061579_1555394.jpg


中央にある かやぶき屋根の民家の集落です。
d0061579_1571681.jpg

d0061579_1573161.jpg

by kfujiken2 | 2006-10-19 15:16 | 歴史 | Comments(6)
Commented by mshin11 at 2006-10-23 09:49
フジケンさんおはよ~
先日は素敵な水彩画の葉書を有難うございました。
なんともいえない色合いの素敵な絵葉書ですね。

さすが~フジケンさんの好みは素敵!
お仕事の合間にカメラ片手に散歩はいいですね。
Commented by kfujiken2 at 2006-10-29 06:52
◆mshin11へ
mariさん  ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
あの絵葉書は プロか素人かわからないが
誰かが描いた絵手紙だそうです。
余りにも綺麗で素敵だったので 送った次第です。

日頃騒然としている雑踏の中で生活していると
偶には 森林浴もいいですねぇ~
Commented by miki3998 at 2006-10-29 07:29
お久しぶりです。先程はコメントありがとうございます。

  まるで水戸黄門に出てきそうな景色ですね。ロケに使われてもいいくらい、昔の佇まいを残しています。大きく高く伸びた杉の木も、空の広さを一層感じさせますね。
 今朝の北鎌倉は霧が出ています。夕べの雨で庭の草花もみずみずしさが戻りました。紅葉はこれからが身頃です。
Commented by kfujiken2 at 2006-11-02 06:38
◆mikiさん  ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

>まるで水戸黄門に出てきそうな景色ですね。
そうです 山口県でもかなり山奥ですよ!
私も 初めて行ったくらいですから・・・
でも 日頃騒然とした雑踏の中で生活していると
偶には この様な山奥に入り森林浴もいいですねぇ~
紅葉は 10月が暖か過ぎたため11月の末くらいが見頃ではないでしょうか?
Commented by 梓の小鳥 at 2007-02-03 04:57 x
はじめまして。
日本人の心の里・・・といった様な景色ですね。
私もデジカメ片手に歩き回るのが好きです。
子育ても終わり二人暮らしの夫とつい最近始めたばかりです。 
半年前に始めたブログに載せておりますので宜しかったら是非お立ち寄りください。
「ジェイムス河畔の街にて」 という名のブログです。
日々の暮らし、そしてバージニア州の史跡などを巡っては更新しています。
どうぞ宜しく!
Commented by kfujiken2 at 2007-02-03 15:08
◆梓の小鳥さん  こんにちは♪

初めまして 今後共宜しくお願い致します。
今朝? いや時間差で昨晩かな \(?。?")ハテ?
私の拙いブログにお越し頂きありがとうございます。
貴女のブログとHPが複雑なので 戸惑いました・・・
千葉のご出身で ご家族でアメリカにお住まいなんですね~

仕事の合間に ブログを読ませて頂いたので
まだ少ししか拝読していませんので 
夜にでもゆっくり読まして頂きます。


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

最新の記事

ノーベル賞レベルの線虫による..
at 2019-02-20 14:11
天皇の神格化
at 2019-02-15 12:46
ホテルのバイキングランチ
at 2019-02-10 09:35
亥年は荒れる・・・
at 2019-02-05 09:46
”西のお伊勢さま” 山口大神宮
at 2019-01-25 10:56
飛鳥時代(7世紀)の代表的な..
at 2019-01-22 09:24
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-20 09:43
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-17 11:16
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-15 14:16
降松神社と鷲頭寺の関連・・・..
at 2019-01-10 13:28
素朴な疑問 ~ 清水寺の謎
at 2019-01-04 10:00
昨年はお世話になりました
at 2018-12-31 21:25
平成の30年間の主な出来事・..
at 2018-12-28 10:35
天皇陛下最後の誕生日会見
at 2018-12-25 09:58
『奈のは』のランチに行きました
at 2018-12-20 10:02
お寺deアート&カフェ
at 2018-12-17 13:17
漁師軍団の女性リーダーが描く..
at 2018-12-12 15:54
明治維新に於ける歴史の変遷
at 2018-12-06 10:38
紅葉と歴史を求めて山口を散策..
at 2018-12-03 09:57
紅葉と歴史を求めて山口を散策..
at 2018-11-29 10:53

ブログジャンル

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27