カテゴリ
風景
歴史

コラム
未分類
リンク
アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~



長州の宰相・・・①

伊藤博文の生涯(1841~1909)
d0061579_13352873.jpg

山口県熊毛郡束荷村(現:光市)に林十蔵、琴子の長男として生まれた。幼名を利助。
萩に引っ越した後、父が伊藤家の養子となったため伊藤姓を名乗り、長じて俊輔、博文と称した。
来原良蔵の紹介で吉田松陰の松下村塾に学び、桂小五郎、高杉晋作らとともに尊王攘夷運動に奔走。
しかし、文久3年(1863年)イギリスに留学したのをきっかけに、開国・倒幕に論を転じた。
明治維新後に頭角をあらわし、
維新の三傑(西郷、大久保、木戸)亡き後は明治政府の中心人物として活躍、
大日本帝国憲法の制定や国会の開設に力を注ぎ、日本近代化の礎を築いた。
明治18年(1885年)初代内閣総理大臣に任じられ、名実とも明治政府の第一人者となった。
第二次伊藤内閣では日清戦争を遂行、戦後は、全権大使として下関で日清講和条約を締結した。
明治33年(1900年)には立憲政友会壮総裁として第四次伊藤内閣を組閣。
日露戦争後は初代韓国統監となり、公爵となったが、ハルビン駅で暗殺された。

旧伊藤博文邸(山口県指定有形文化財)
d0061579_13461426.jpg

明治42(1909)年、博文は遠祖・林淡路守通起の没後300年の法要を行うための
別邸をこの地に建設するように命じ、同年10月14日に満州(現在の中国東北地区)
へと出発しました。
しかし、同年10月26日にハルピンで狙撃を受けて死亡し、完成した別邸を見ること
はできませんでした。その別邸が、現在「旧伊藤博文邸」として保存されています。
d0061579_13483575.jpg

d0061579_1348538.jpg

 ・木造モルタル2階建 293.08㎡
 ・総工費 21,291円38銭(現在の貨幣価値で約 7,500万円)
 ・基本設計は伊藤公
 ・施工は下関の清水組(現在の㈱清水建設)
d0061579_1350557.jpg


伊藤博文生家(復元)
d0061579_13581132.jpg

伊藤博文公(幼名・林利助)が6才まで過ごした家を復元しています。
伊藤公は、天保12(1841)年9月2日林十蔵・琴子の長男として、
この茅葺の家で生まれました。
家の裏には、産湯に使ったとされる井戸や、幼年期に遊んだイチョウの木が現在も
残っています。
d0061579_13593223.jpg


続く・・・



生家内部
d0061579_14622.jpg

一家団欒
d0061579_1464217.jpg

産湯の井戸
d0061579_14222133.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2007-03-07 14:19 | 歴史 | Comments(7)
Commented by genki-saitama at 2007-03-11 00:38
エーッ??熊毛は光市になったの?
それでは、私も胸を張って言おう。
私は1000円札の伊藤博文と同じ出身地ですって。
しかしながら、立派な建物ですねえ。
Commented at 2007-03-11 00:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 梓の小鳥 at 2007-03-11 07:14 x
伊藤公は今気が付きましたが、ジェファーソン大統領とたった二才違いなんですね。
素晴らしい館は伊藤公によるデザインとか~。
これもジェファーソンと共通点があるんで驚きました。
同大統領はフランス大使をしてる時にヨーロッパを回って歩いたんでその時の影響で私邸をはじめいくつか設計してるんです・・・
先日のブログに載せた州議事堂もそのひとつです。

とっても興味深く読ませていただきました!!!

その時の銀杏がまだ残ってるんですねぇ~~
Commented by kfujiken2 at 2007-03-13 06:46
◆ミューおばさん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

>エーッ??熊毛は光市になったの?

「平成の大合併」といわれる今回の合併で
平成16年10月4日、光市と熊毛郡大和町の1市1町が合併して、
新しい「光市」が誕生しました。

>フジケンさん、河上多恵子さんて知っていますか?
はい 私はお会いしたことはありませんが・・・
私の高校の後輩になるんですよ~
私の妹をご存知のようですから間違いありません!
恩師の先生曰く 彼女は女性として最高の秀才だったとか・・・
Commented by kfujiken2 at 2007-03-13 06:58
◆梓の小鳥さん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

>伊藤公は今気が付きましたが、ジェファーソン大統領とたった二才違いなんですね
そうですか それは私も気が付きませんでした。

伊藤公は イギリス・ドイツに留学していたそうですから
海外の洒落た建物を観ていたと思いますよ~
Commented by boquet01 at 2007-03-17 20:29
フジケンさん、こんばんは~
記憶の中では千円札でお目にかかっただけの伊藤博文ですが...
山口県、ゆかりの方なのですねぇ~

著名人の輩出が多い県なのですね。
折角の設計したモダンな家に住まう事が出来なかったのは、
無念な気持だったでしょうね。
Commented by kfujiken2 at 2007-03-29 06:18
◆haruさん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

>著名人の輩出が多い県なのですね。
そうですね 政治家のみならず軍人・作家等
名の知れた人が出ているのに
未だに全国区にならず 田舎なんですよねぇ~
<< 長州の宰相・・・② 春先の山野草 >>




山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします
by fujiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新の記事
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-15 10:29
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-12 10:39
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-10 12:13
一筆たしなんでみました
at 2018-10-05 12:22
美しい時代劇・【散り椿】
at 2018-09-30 09:51
山上の要害・岩国城 
at 2018-09-27 10:18
「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂
at 2018-09-24 16:28
周防大島へドライブ遊覧
at 2018-09-21 09:23
明月上人誕生地・願行寺の彼岸花
at 2018-09-19 08:56
近世の名筆:明月上人
at 2018-09-17 11:24
映画:岡田准一の「散り椿」
at 2018-09-08 09:10
長岡外史を語るとき・・・誕生..
at 2018-09-03 09:04
袖解橋(そでときばし)のいわれ
at 2018-08-30 08:26
「袖解橋(そでときばし)の変」
at 2018-08-26 12:23
山口県立美術館で開催『毛利 ..
at 2018-08-23 10:35
歴史の闇に埋もれた真実
at 2018-08-14 08:26
「毛利秀就公出生の謎を解く」
at 2018-08-08 15:22
何処の町・村にもある伝説や民..
at 2018-08-02 16:32
そ~だったのか戦国大名・毛利..
at 2018-07-30 10:31
退院し我が家に帰って来ました..
at 2018-07-26 09:38
ブログジャンル
フォロー中のブログ
四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
画像一覧
最新のコメント
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57