人気ブログランキング |

2017年 12月 20日 ( 1 )

話題の雪舟と山頭火を探訪  ①

室町時代の水墨画家・雪舟が描き、所在不明になっていた水墨画が84年ぶりに見つかったと、
山口県立美術館が東京都内で発表した。同館は10月31日から開かれた「雪舟発見!展」で公開した。
専門家は雪舟の代表作への道筋を示す、重要な作品と位置付けている。


d0061579_1328272.jpg


見つかったのは、軸装された約30センチ四方の団扇(だんせん)形の作品で、藍や緑などで
彩色を施した「倣夏珪山水図」。水辺に岩や木々が、奥には、なだらかな山脈が描かれている。
同美術館によると、雪舟が中国の名画家に倣って描いた「倣古図(ほうこず)シリーズ」の
うちの1点で、南宋(12~13世紀)の著名な画家夏珪の様式を模した。


◆ 雪舟の生涯

応永27年(1420年)、備中国赤浜(現在の岡山県総社市)に生まれる。生家は小田氏という武家とされている。
幼い頃近くの宝福寺に入り当時文芸で身を立てるには、寺に入るのが唯一の道であり、室町時代は禅僧が学問・
文芸の分野を担っていた。10歳頃京都の相国寺に移り、春林周藤に師事して禅の修行を積むとともに、天章周文に
絵を学んだ。

d0061579_14485760.jpg


享徳3年(1454年)頃、周防国に移り、守護大名大内氏の庇護を受け、画室雲谷庵(山口県山口市天花【てんげ】)を構える。寛正6年(1465年)頃、楚石梵琦(そせきぼんき)による雪舟二大字を入手し、竜崗真圭に字説を請。この頃より雪舟を名乗ったと考えられている。

応仁元年(1467)遣明船で中国に渡り、四明天童山(しめいてんどうざん)で前堂首座(ぜんどうしゅそ)に列せられ、また彩色や破墨(はぼく)の画法を学び帰国しました。

※ 楚石梵琦  : 中国,元末・明初の禅者
   四明天童山: 雪舟の称号
   前堂首座  : 江戸期の大僧堂では前堂首座と後堂首座の二人制を取るところもあった。
          首座(しゅそ)は禅宗の修行僧のリーダーをさす役職名

帰国後も、雪舟は雲谷庵に定住し作画活動と弟子の養成に努めましたが、永正3年(1506)87歳のとき山口で没したといわれています。  明治の廃藩後、雲谷庵は無くなりその跡も忘れられるようになったので有志等が図り、明治17年(1884)に古い社寺等の古材により庵を復興しました。


d0061579_14514289.jpg

d0061579_14521613.jpg


◆ 雪舟庭


雪舟は作庭家しても有名です。
日本水墨画の頂点を極めたは雪舟、彼の美の原点は中国だった。修行のために、当時の明へと渡った雪舟は、
そこで墨の黒を描くことで広がる白の世界と出会う。空白とのバランスで引き立つ美しさ、それは黒味を帯び石と
白砂だけで表現された石庭の美と相通じるものだった。実は、当時雪舟は、庭師としても名を知られていた。
枯山水の庭の心は、水墨画とも共通しており、それと同時に庭造りにも心を傾けていたのだという。
築いたものと伝えられる庭園は各地にあり、医光寺(島根県益田市)、萬福寺(島根県益田市)、
常栄寺(山口県山口市宮野下)、旧亀石坊庭園(福岡県田川郡添田町)の雪舟庭は雪舟四大庭園と呼ばれる。


常栄寺雪舟庭
d0061579_152548.jpg

d0061579_154111.jpg


◆ 雲谷庵跡(うんこくあん)

雲谷庵の場所


d0061579_1551540.jpg


雪舟が明(中国)から帰国した後、永正3年(1506)に没するまで創作活動を行ったと言われる山口県山口市天花(てんげ)にあるアトリエです。

d0061579_1585660.jpg

d0061579_1591576.jpg


雪舟は大内氏の招きにより、40歳頃に山口に来て、48歳の応仁元年(1467)に遣明船に乗り中国に渡りました。帰国後も雲谷庵に住み作画活動を行い、87歳のときにここ雲谷庵で没したといわれています。代表作「山水長巻」もここで描かれたと言われています。 現在の建物は明治17年に建てられたものですが、建物の部材は、一部室町時代のものだそうです。

雲谷庵の勝手口として造られたのか? 大内時代の古材を集めたから一宇を再建したのか?

d0061579_15223397.jpg

d0061579_1532510.jpg


雲谷庵の内部に囲炉裏のある部屋と和室の二部屋がありますが、荒廃してスリッパを履かなければ
上がることが出来ません!!!


d0061579_15403978.jpg

d0061579_1540527.jpg

by kfujiken2 | 2017-12-20 15:45 | 歴史 | Comments(0)


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

最新の記事

大人のうんち学
at 2019-09-18 16:12
参ったな(;´Д`)
at 2019-09-13 10:34
北浦の奇岩・ホルンフェルスと..
at 2019-09-10 09:26
北浦の奇岩・ホルンフェルスと..
at 2019-09-05 11:45
北浦の奇岩・ホルンフェルスと..
at 2019-08-31 17:31
北浦の奇岩・ホルンフェルスと..
at 2019-08-27 09:06
下松スポーツ公園のヒマワリ
at 2019-08-19 07:40
ぱしふぃっく びいなす (P..
at 2019-08-11 08:52
第27回 「サンドアートin光」
at 2019-08-05 07:36
残暑見舞い
at 2019-08-04 08:05
「世襲王国ニッポン」・・・ ..
at 2019-07-28 15:31
「竹久夢二展~憧れの欧米への..
at 2019-07-23 15:13
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-07-19 09:14
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-07-12 09:01
映画 「ある町の高い煙突」を..
at 2019-07-05 10:12
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-06-29 06:56
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-06-24 10:45
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-06-18 08:18
玖珂の鞍懸城主・杉隆泰の系譜..
at 2019-06-14 10:39
周防大内氏第16代当主・大内..
at 2019-06-09 13:41

ブログジャンル

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて🎵
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09
既に辞めている前川さんが..
by kfujiken2 at 10:59
引責ではありません、立派..
by なすび at 09:00