ブログトップ

長州より発信

2018年 03月 14日 ( 1 )

白壁の町並みを散策

先日海防僧・月性さんが創設した「清狂草堂」を訪ねた帰りに、
柳井市の白壁の町並みを散策しました。


d0061579_16235425.jpg

d0061579_16243036.jpg


白壁の町並みは、江戸時代の商家の家並みがそのまま今日も生きており、
妻入形式、本瓦葺、入母屋型の屋根、白漆喰・土蔵作りの商家の家並が続き、
藩政時代には岩国藩のお納戸(押入れ・倉庫という意味でしょうか?)と
呼ばれ、産物を満載した大八車が往来してにぎわった町筋だそうです。
往時の面影をしのばせる町並みで、心安らぐひとときを味わいました。

d0061579_16321427.jpg


「国森家住宅」は、18世紀後半に建てられた商家で、細部まで往時のままに
保存されており、江戸時代の典型的な商家建築として国の重要文化財指定を受けています。

d0061579_16392530.jpg
d0061579_1640166.jpg






























甘露醤油資料館「佐川醤油蔵」は、二重仕込み(再仕込み)という独特の製造法を持つ甘露醤油は、柳井を代表する特産品です。
d0061579_16472142.jpg
d0061579_1647469.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2018-03-14 16:48 | 風景 | Comments(0)