ブログトップ

長州より発信

2018年 03月 18日 ( 1 )

3月も中旬に入り、本格的に春の足音が聞こえ始めました。
山口県内の名所の一つ、防府市の向島小学校内にある山口県指定天然
記念物「蓬莱寒桜(ほうらい かんざくら)」が満開を迎えたとの情報を聞き
17日の土曜日に見てきました。
早咲きの桜として有名で、通常の桜は入学式時期に満開になりますが、
この寒桜は卒業式時期に満開になります。 満開の寒桜に見送られて
卒業するというのも素敵な思い出になりますね。


d0061579_1705118.jpg



寒桜の名称である「蓬莱桜」(2009年命名)の由来は、
向島は以前、瀬戸内海を往来する船舶から蓬莱島と言われていたことからだそうです。


防府市立向島小学校が位置する向島は、山口県の瀬戸内海側のほぼ中央にある、防府市の南岸に、架橋により接する東西5㎞、周囲17㎞、面積7.9㎢の島で、その中央部に標高354mの錦山がそびえています。海に山にと大変環境に恵まれた場所です。
d0061579_1775799.jpg


防府市の向島小学校の校庭で満開の時を迎えた寒桜は、花の姿のかれんさと、高さ約9メートル、根元の幹回り4.4メートルという雄大さを備え、県の天然記念物に指定されている。約百年前に当時の卒業生が植えたという話が伝わっていて、樹齢は約100年とみられている。

d0061579_17194918.jpg


つぼみは紅紫色、開くと淡紅紫色で後にやや濃くなり、3月初旬から中旬に開花します。品種は、寒桜(カンザクラ)とみられます。寒桜は、山桜(ヤマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の種間雑種であるサクラの園芸種で、他のサクラと比べて開花時期が早いのが特徴です。
県内には寒桜の記録はなく、幹囲りは県内の桜では10位以内には入ると思われます。この樹に関する詳細な記録・沿革は不明ですが、約100年前に当時の卒業生が植樹したという話もあります。

d0061579_17225411.jpg


ヒヨドリが蜜を吸いにきていました。
d0061579_17274260.jpg


寒桜とは反対の校庭隅には蓬莱桜二世が移植されています。
二世の移植は台風の被害を避けるためのもので、 募金活動を経て平成21年
1月に移植。

d0061579_1729640.jpg
d0061579_17293013.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-03-18 17:34 | | Comments(0)