カテゴリ
風景
歴史

コラム
未分類
リンク
アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

【21世紀フラワーファーム】

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~



カテゴリ:歴史( 197 )

萩往還の宿場町佐々並市を探訪 Part3

オレンジ色の道路が萩往還で、(緑の円で囲んだ部分)が中ノ町です。Part 1で説明しました【御客屋】跡地(萩往還ふれあい塾」のコーナーから、佐々並川の間を中ノ町といいます。

d0061579_9182579.jpg
d0061579_919063.jpg























◆【中ノ町の町並み】の成り立ち


d0061579_9231319.jpg

中ノ町では造酒屋,油屋,酢醤油屋,肴豆腐屋,穀物屋,薬種商等の各種の商売を営まれており、商業の機能を担っていた。


それでは主な各町家をご案内致します。


◆【はやしや旅館】

幕末には吉田松陰、高杉晋作、木戸孝允たかよし、坂本龍馬など、維新の志士達が萩往還を通り、佐々並市で休泊しました。
萩藩主などが「ささなみとうふ」を好んで食べたことから、佐々並宿の豆腐の味として有名になりました「はやし屋」のとうふ料理は、伝統のある手づくりのささなみ豆腐を使った、素朴な味で皆様に喜ばれています。



はやしや旅館の新館と主屋

d0061579_9403281.jpg
d0061579_9404632.jpg
d0061579_9583355.jpg



「1階が食堂」でささなみ豆腐の料理が名物で、「2階が大広間」

d0061579_9554291.jpg

d0061579_9552258.jpg
d0061579_955562.jpg
























◆【旧小林家住宅】<(萩往還おもてなし茶屋)


江戸時代に人馬や駕篭の調達を行った「目代所」があり、現在は佐々並のご案内処になっている。明治40年に隣地から移築された主屋と、大正期に建てられた土蔵、昭和10年代に増築された離れからなります。かつては旅館を営んでいたことから、主屋の一階の主座敷に加え、二階には萩往還を望む表座敷、佐々並川や周囲の田園を望む奥座敷など、佐々並の魅力を十分に楽しめる建物です。


d0061579_1042078.jpg
d0061579_1044095.jpg
























※ 目代所 : 古代においては国守の代理として留守所に派遣された私設の代官を指した。近世以降、目代はもっぱら駅逓の事をつかさどる地下役として宰判内各駅に目代各一人が置かれ(目代所を設る場合もあった)、人馬駕篭などの準備や用達をなし、その賃銭の徴収するなどの任にあたった。

d0061579_10155387.jpg


主屋の一階の主座敷と当時の大福帳

d0061579_10175343.jpg
d0061579_10181619.jpg





















※ 大福帳とは江戸時代・明治時代の商家で使われていた帳簿の一種。
当時の商業取引の前提として「掛売り」が基本であったらしく、盆・正月の支払いだったらしい・・・


【旧小林家住宅】の見取り図

d0061579_727770.jpg


◆ 【旧椿家住宅】 

江戸期から住み、米・砂糖・塩などを扱い、薬種商を経て、その他雑貨等も扱うようになった。

d0061579_10241847.jpg
d0061579_1024354.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2018-10-15 10:29 | 歴史 | Comments(3)

萩往還の宿場町佐々並市を探訪  Part 2



萩往還の宿場町佐々並市を探訪 Part 1に於いて、【上ノ町の町並みの様子】のコンテンツで【御茶屋】と【御客屋】を説明致しましたので、Part 2・Part 3では【上ノ町の町並み】【中ノ町の町並み】の各町家を紹介致します。


◆ 【上ノ町の町並み】の成り立ち

上ノ町は江戸時代には各町家が商業や農業を営みながら,御茶屋及びその予備的施設(木村家・井本家)である御客屋を有していた。

d0061579_9471326.jpg
d0061579_9465029.jpg


























オレンジ色の道路が萩往還で、(赤の楕円で囲んだ部分)が上ノ町です。
上ノ町は多少傾斜のある道で、上ノ町を北に進み(左から右方向に)突き当たりに御茶屋が角にあり、ここから急カーブして萩往還のアイストップとなる象徴的なところに位置しておる。(イラスト画像のブルー楕円で囲んだ部分)


d0061579_9575632.jpg


※ 萩往還の説明を少々・・・


萩往還は、慶長9年(1604)萩城築城後、殿様の「お成り道」として開かれました。城下町萩(萩市)と瀬戸内の港三田尻(防府市)をほぼ直線で結んでおり全長はおよそ53Kmです。
もとは殿様の参勤交代道として整備された道でしたが、江戸時代の庶民にとっても山陰と山陽を結び陰陽連絡道として重要な交通路となりました。
また、幕末には、維新の志士たちが往来しており、歴史の上で重要な役割を果たしました。


d0061579_102760.jpg


それでは説明できる各町家をご案内致します。


◆  佐々木家

江戸時代から代々「鍛冶屋」として馬の蹄鉄製造業を営んでいた佐々木家。

d0061579_1071661.jpg
d0061579_1073522.jpg





















◆  石田理髪店


江戸時代、「御客家の井本家」が屋敷を構えた敷地の一角にあたり、理髪店「浅川家」を経て現在に至っている。

d0061579_10104940.jpg
d0061579_1011791.jpg





















◆  大野家 

佐々並の戦の火災後、江戸時代末期に建築と推定されている大野家、二代前までは、畳屋だった。

d0061579_10145928.jpg
d0061579_10151746.jpg





















◆ 三浦家


「土山酒造」と号して明治34年の創業以来酒造業を営んできた土山家から、大正2年に「三浦酒造」が譲り受け現在に至っている。

d0061579_1028384.jpg
d0061579_1029422.jpg























【中ノ町の町並み】は後日にご案内致します。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-10-12 10:39 | 歴史 | Comments(0)

萩往還の宿場町佐々並市を探訪 Part 1



平成23年6月20日重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

佐々並市・重要伝統的建造物群保存地区をご案内致します。

d0061579_10562628.jpg


◆ 【佐々並市の概要】

佐々並市は、萩市の南部を占める旧旭村の南縁に位置する農村集落で、かつての萩城下町と三田尻(防府市)を結ぶ萩往還の中間点に位置することから、参勤交替の際などに藩主が休息する御茶屋を中心とした、宿駅機能を有する集落として栄えました。  佐々並市の町並みは、江戸初期に農業を基盤としつつ、萩往還の整備に伴って宿駅機能を備えた町並みとして成立し、近年に至るまで町並みの地割に大きな変化はなく、かつこの町並みの特徴を示す建築物や工作物、環境物件が現在まで数多く残っています。

d0061579_1114596.jpg


佐々並市は,「御茶屋」から萩方面に向かって,上ノ町,中ノ町,久年という3つの町で構成され,江戸時代に各町家は農業を営みながらも,上ノ町は御茶屋及びその予備的施設である御客屋を有し,中ノ町では造酒屋,油屋,酢醤油屋,肴豆腐屋,穀物屋,鋳物屋,鍛冶屋等の商工業を担い,久年は,人馬を提供する駅の役目を果たしてきました。
当時のこの集落は、総家62軒からなる町並みだったようで、そのうちの15軒が商人、47軒が宿人夫馬持ちで農業をしながら暮らしていた。


d0061579_11163134.jpg


◆ 【上ノ町の町並みの様子】

d0061579_11191972.jpg

慶応元年(1865)の1月、長州藩政府軍と高杉晋作が率いる緒隊が現在の美祢市にある大田・絵堂で10日間の戦いをやり、ここはその脇戦の地になり(佐々並の戦)、12軒が焼失していて、その時に建て替えられたそうです。

◆ 【御茶屋】

御茶屋の図面、「旧小林家住宅(目代所跡)休憩所に展示」
d0061579_113151.jpg


萩往還沿いの最も大きい施設の一つとして御茶屋(藩主の旧泊施設)があった。慶長9年、毛利輝元が山口から萩城へ移るとき、旧佐々並使用学校(現佐々並農協木材部)の敷地内にあった長松寺の前身である長松庵で休息したといわれる。それにちなんでこの地に御茶屋が建てられたと伝えられている。670㎡の敷地に本館、長屋門、御蔵、御共中腰掛、馬建、番所があった。

d0061579_11412844.jpg
d0061579_11414362.jpg


























【御茶屋】の跡地

d0061579_11432178.jpg
d0061579_11564477.jpg

d0061579_1157076.jpg


◆ 【御客屋】

後年、往来の通行がひんぱんになると、上級武士が休息・宿泊施設 として御客屋が設けられ、にあった木村作兵衛宅、井本弥八宅があてられた。
広々とした土地に1917(大6)年に佐々並村役場がこの地に置かれ、現在は「萩往還ふれあい塾」になっております。


d0061579_1224294.jpg
d0061579_123279.jpg

























【上ノ町の町並み】は後日に・・・ ご期待あれ!!!
[PR]
by kfujiken2 | 2018-10-10 12:13 | 歴史 | Comments(2)

山上の要害・岩国城 



周防大島へドライブ遊覧のフィナーレとして、以前から歴史的に興味のあった岩国城に行きました。脊椎管狭窄症の手術の後、リハビリを兼ねウオーキングをしてまいりましたが、今まではコルセットの装着をしての歩行でしたが、果たしてコルセットを外してどの位歩けるか、坂道が歩けるか不安でしたが、頑張ってみることにしました。

【岩国城の歴史】

岩国城は、初代岩国領主吉川広家によって慶長13(1608)年に横山山頂に築かれた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山に位置していました。
初代の岩国城は複合式望楼型4重6階の立派な天守も備えていおり「横山城」と呼ばれていたが、築城後7年で幕府の一国一城制により取り壊されました。
山陽道の動静も山上からひと目で分かるように、江戸時代に築城された城郭の多くは平城で、山頂に城郭を築き、防衛を主体とした空堀を築造したものは全国でも珍しいそうです。現在の天守は、三層四階の桃山風南蛮造りで昭和37(1962)年に再建されたものです。


d0061579_9494531.jpg
d0061579_95153.jpg






















長州藩の支藩とみなされるが、長州藩では幕府に岩国領を支藩とする届けを出しておらず、 吉川家は毛利家の家臣であり、徳川家の陪臣であるによって諸侯に非ず(大名ではない)と主張していた。
その一方で幕府からは6万石の外様大名格として扱われるという、極めて変則的な存在が江戸時代を通じて続いた。正式に岩国藩が認められたのは、大政奉還後の慶応4年(1868年)3月、新政府によってのことである。



【不思議な形の岩国城】

岩国城の変わっているところは、建物の上部と下部の作りが異なっていて、下の階より上の階が張りだしていることで、これは「南蛮造」や「唐造」と呼ばれています。上階をその下階より大きく造り、その間の屋根を省略した様式です。
張り出している部分が目立つ「白」のカラーリングであることからより目立ち、さらに不思議な形に思えてくるのです。


d0061579_1013451.jpg
d0061579_1015189.jpg

































【旧天守台】

発掘復元された旧天守台は、現在の天守の裏手にあります。
下1/4ほどが地中に埋まって残っていたことから復元できたという。どこまでが遺構でどこからが復元かは、石を見た目では分からない。


d0061579_1065266.jpg
d0061579_1074071.jpg



















【岩国城展望台から見た錦帯橋と周囲に広がる城下町】

d0061579_10103693.jpg
d0061579_10105699.jpg
d0061579_10111298.jpg


【からくり時計】

ロープウェイ乗り場前の広場にあり、さりげなく吉川家の家紋「九曜紋(くようもん)」が描いてある。数字板も漢数字だ。

d0061579_1016081.jpg
d0061579_10161415.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2018-09-27 10:18 | 歴史 | Comments(0)

「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂



子供心をくすぐる「なぎさ水族館」から向きを変え、
厳粛な気持ちになる「陸奥記念館」へ足を向けました。


◆ ピースシンボルタワー
陸奥とともに命をともにした1121人全員の氏名が記されています。
d0061579_15485676.jpg

d0061579_15492376.jpg


全長200メートル超、全幅約29メートル。1921年に完成したが、第2次大戦中は温存され前線への出陣はほぼなかったという。当時では世界最大規模の戦艦だった。
大正10(1921)年、長門型戦艦2番艦として完成。当時、ワシントン軍縮会議開催中で、米英に廃棄を迫られる中で誕生した。「長門」とともに世界初の40センチ砲を搭載し、両艦は連合艦隊の旗艦を務めた。戦前の教科書にも掲載されるなど知名度抜群で、日本海軍の象徴でもあった。
1943年6月、山口県岩国市の沖合に停泊していたところ、突然爆発、艦体は海中深くに沈んだ。乗組員約1400人のうち1121人が死亡した。爆発の原因はいまも分かっていない。原因は現在も分かっていないが、3番砲塔付近から煙が上がり爆発、一瞬で船体が真っ二つに折れ、死者のほとんどが溺死ではなく爆死だったほどの大惨事だった。



◆ 戦艦陸奥模型

d0061579_167463.jpg


◆ 館内の様子・・・
館内には引き揚げられた遺品が展示されています。
艦長の軍服や破損した士官の短剣など多くの遺品を見ると、爆発による人の死が実感され、遺品を撮影する気にはなれなかった。


d0061579_16141052.jpg
d0061579_161426100.jpg





















当初陸奥の爆発要因は米潜水艦の雷撃によるものだとされたようですがその後撤回されています。原因は諸説あり未だわからないままになっています。ちょうど山本五十六元帥の戦死やアッツ島玉砕など、暗いニュースが続いていた時期と重なり陸奥爆沈のニュースには緘口令が敷かれたために多くの国民がその事実を知ったのは終戦後のことだったといわれています。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-09-24 16:28 | 歴史 | Comments(0)

近世の名筆:明月上人

明月上人は享保12年(1727)周防大島屋代島願行寺生まれ、法名・明逸、字は曇寧、中秋の名月の夜に生まれたので明月のほか解脱隠居・化物園主人などと号したという。15歳のとき来松(四国松山)して円光寺義空に師事、のち京・大坂・江戸に遊学して、服部南郭らとの交友を通じて古文辞学(徂徠学)を学んだあと帰郷して宇佐美淡斎・杉山熊台などを指導、松山におけるけん園学派の先駆者となった。また泉州堺の佐太郎(名は宜周、号南山人)に寄寓して書を習い、南山人から王義之・顔真卿など唐の書風を学び、特に草書に巧みで、越後の良寛、備中の寂巌(じゃくごん)とともに三緇(さんし)と称えられた。34歳、帰松して円光寺住職就任。翌年、藩の反対を押し切って同寺に唐風の楼門(普照楼)を建てた。また、詩文にも秀で、著作に『扶桑樹伝』『通機図解』『西遊記』『明月什』などがあり、ことに扶桑樹伝は光格天皇乙夜の覧に供され、のち唐人町茶屋吉蔵によって開板されると明月の名が高くなった。漢詩に「道後温泉詩」八首などがある。寛政9年(1797)、同寺で没。

※ 佐太郎 : 参勤途上の紀州侯の家臣たちを冷や飯でもてなした堺の豪家
※ けん園学派:荻生徂徠の門に学んだ人たちによって形成された儒学上の一学派
※ 三緇 : 三人の僧
※ 乙夜(いつや): およそ今の午後9時ないし10時から2時間をいう
※ 乙夜の覧 : 中国で、天子は昼間政務で忙しいので乙夜になってから読書をした
※ 開板(かいはん): 書物を新しく出版すること

d0061579_1024536.jpg

d0061579_10324717.jpg
d0061579_1033993.jpg
d0061579_1034213.jpg
d0061579_10344721.jpg





















































冬さびぬ蔵沢の竹明月の書   正岡子規
ふゆさびぬぞうたくのたけめいげつのしょ

前書きに「草庵」とあり、子規庵の室内を詠んだもの。
「蔵沢」は吉田蔵沢のことで、松山生まれの南画家、晩年は画材を竹に絞り、竹の蔵沢として知られていた。「明月」とは円光寺の7代前の住職明月上人。
2人とも名筆で、子規庵に書があり、 明月の書は、虚子の結婚記念に虚子に贈ったとされている。蔵沢の竹の画は子規が晩年に「私の宝物」といい床の間の正面に飾っていた。


d0061579_10374155.jpg











風呂吹を喰ひに浮世へ百年目    子規
ふろふきをくひにうきよへひゃくねんめ

「風呂吹」とは圓光寺伝統の精進料理「ふろふき大根」のことである。


d0061579_1038476.jpg
d0061579_10381974.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-09-17 11:24 | 歴史 | Comments(0)

長岡外史を語るとき・・・誕生の秘話

長岡外史は10才のとき、萩藩士・長岡南陽の養子となり、
明倫館を経て陸軍士官学校(旧2期)卒。明治18年(1885年)に陸軍大学校を一期生として卒業してから、陸軍軍人、政治家として活躍されたことは皆さんご存知と思います。


d0061579_7381264.jpg


しかし、いずれの講演や書物に於いても、生い立ちが明らかにされていない???
何故、暗黙にされているのか図書館に行って調べてみました。
「航空とスキーの先駆者 人間 長岡外史」という冊子の中に、面白い記述を見付けました。


d0061579_7395229.jpg


安政元年に起きた江戸の大地震は、ペリー来冦以上に衝撃を人々に与えた。世は騒然としていた。このような時代に長岡外史が19歳の娘・堀 時の胎内に宿った。父親は隣り村の栗屋村(周南市櫛浜町)の庄屋温品家の二男謙吉である。母の堀 時は都濃郡末武北村(下松市末武)の大庄屋堀三右衛門の妹である。
2人は相思相愛の仲であった。謙吉はのちに山口県上関町室津の小方家に養子に行き謙九郎と名を変え、第二奇兵隊の参謀として活躍する。明治維新後に上関町室津に戻り回漕業や汽船宿を営んで、現在は国の重要文化財に指定されている
四階楼(しかいろう)建てた人物である。


そんな相思相愛の仲であった堀 時と温品謙吉が結婚しなかった、いや結婚出来なかったのは、明治以前の婚姻の形態に理由があったようです。

①.嫁方の家で、婚姻生活のもたれる「婿入婚」の形式がとられていた。
  
②.2人の住まいは末武北村と栗屋村で隣り村の農村のコミュニティではあるが、部落意識の強かった明治以前は、村外結婚を好まなかった。


当時の婚姻の形態を風俗的見解ではなく、歴史的見解で少し説明しましょう・・・

当時はほとんどが嫁方の家で、婚姻生活のもたれる「婿入婚」の形式がとられていた。一般的にいって婿入婚に終生的なものの二種があり、それらは婿が嫁方に住み込むものと、婿が妻問いする通い式の二つの形式に分かれる。
それは貴族社会に限らず、庶民の間でも支配的に行われた。日本では古くは男女が性的交渉をもってから共同生活を始めるまでの間に、相当の期間が存在し、その場合男が女の家に通うのが通例であった。

d0061579_844782.jpg


古典時代の結婚生活の形態は、女はただひたすら男の訪問を待つだけの受動的立場であり、授かった子種をこの世に産み落とすまでは自分の仕事だが、我が子を育てる役割は「乳母(めのと)」に委ねることが多かったし、最初の頃に通ってきてくれたきりで、以後すっかり御無沙汰になってしまう夫も、世の中には多かった・・・なにせ、「妻」は、彼女一人だけとは限らないのだから・・・古典的文物に「待つ身の女の辛さ」を嘆くものが多いのも、むべなるかな、である。

農村の婚姻の形態がこのようなものだったとすると、長岡外史の両親・温品謙吉と堀 時の間柄も同様であったと思われます。2人の家は同じような大庄屋の家柄であったし、距離的にいって末武川をまたいで2~3キロの距離にあった。当人同士は許し合い、それを当然のこととしていても、親と世間が認めなければ、正式の婚姻とはみなされなかった。


本来求婚することを『よばう』(呼ぶの意)といい、若者が夜ひそかに娘の家へ通うことを『よばい』といっている。これに『夜這い』などの字をあて、明治以降は封建的弊風のようにみられてきたが、この風習はほとんど全国の農村にわたっており、それを当然とした時代が久しかった。
当時にとっては、このようなことが唯一の娯楽であり、また恋愛の場でもあった。こうした場を通して相手を知り、意気投合すると、娘の家へ夜這いに通い、やがて結婚へと進むのが通例であった。そして、このような男女交際は若連組の承認の上でおこなわれ、親が反対しても、若連の力で推進することさえあった。昔はこうしたケースが多かったために村内結婚が主である。 部落意識の強かった明治以前は、村外結婚を好まなかった。村の娘が他村へ嫁ぐ場合、若衆が嫁入の行列に向って石を投げたり、水をかけたりしてじゃまをする風習があった。若者組のきずなのきびしい村落共同体においては、若者頭の承認がなければ他の村へ嫁入することができない地方さえあった。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-09-03 09:04 | 歴史 | Comments(0)

袖解橋(そでときばし)のいわれ

今から六百年ばかり前、山口で大内氏が栄えていたころ、秋穂街道は秋穂の港から山口に通じる主要街道でした。この道は別名御上使道(ごじょうしみち)とも呼ばれ、秋穂渡瀬(あいわたせ)をわたって此処から山口の町に入りました。全国各地から山口に登城した侍たちは、ここまでくると狩衣(かりぎぬ)、直垂(したたれ)の袖をくくっていた旅装を解いて身づくろいをして山口に入りました。そこでこの橋の名を袖解橋(そでときばし)というようになりました。

d0061579_7562795.jpg


碑の歌は、明治時代の歌人田辺玄齢のものです。
「旅日地の橋の名におう袖ときて 水に姿をうつしてやみし」 (現地の説明板による)


d0061579_7564667.jpg


大内時代の山口の道路網が、どんなになっていたか詳しく知りませんが、橋といっても見受けられるモノは無く、川にかかっていたものだとは思うが!!!

※ 御上使道とは : 江戸幕府の巡見上使が通った道
※ 秋穂街道とは : 大内氏時代には舟で秋穂に着いた旅人は、秋穂浦にあった橋「髪解橋」でまず髪を解き(整え)、服装はまだ旅姿のままでこの秋穂街道を歩き始め、約5時間ほどの歩き旅で山口の入口である袖解橋に着くと、狩衣や直垂の袖をくくっていた旅装を解いて身づくろいをし、愈々山口の大内氏館へ向かったということらしい。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-08-30 08:26 | 歴史 | Comments(0)

「袖解橋(そでときばし)の変」

井上馨遭難の地

元治元年(1864)9月25日、中河原の山口政事堂で開かれた御前会議で、井上馨は、幕府に謝罪しようとする保守派に対し、武力を備えて幕府に対抗する方針を主張。その後、湯田の自宅への帰路、袖解橋で保守派の壮士数名によって襲撃され、重傷を負いましたが、医師・所郁太郎の治療によって一命をとりとめました。


d0061579_11283080.jpg
d0061579_1129122.jpg
d0061579_11291774.jpg

※ 世外とは井上馨の号で、世俗を脱した境遇を意味する。



d0061579_12134738.jpg












井上馨を助けた・所郁太郎


d0061579_1295562.jpg
[PR]
by kfujiken2 | 2018-08-26 12:23 | 歴史 | Comments(0)

山口県立美術館で開催『毛利 敬親展』

“ 明治150年記念特別展 激動の幕末 長州藩主 毛利 敬親展 ”に行って来ました。

d0061579_102950.jpg


18歳で長州藩主を継いだ毛利敬親は、「俗論党」に配慮しつつ「正義派」の村田清風を後押しし藩政改革・財政再建に成功し長州藩は「雄藩」となった。21歳の毛利敬親は10歳の吉田松陰の御前講義に感服し弟子の礼をとったといい、脱藩事件で家名断絶に処された松蔭に10年間の諸国遊学を許し、ペリー来航後先鋭化する攘夷論に耳を傾け、密航を企てた松蔭が幕府に捕まり萩の野山獄へ投獄されると病気保養の名目で出獄させ「松下村塾」を黙認、遊学奨励や軍制改革などの諸献策を採用し、門人の木戸孝允・久坂玄瑞・高杉晋作らを取立て中央政界へ送り出した。
その生涯を追いながら、長州藩の歩みをたどる展覧会。
混乱の時代にリーダーとはどうあるべきか…。
現代にも通じる発見がありそうです。


毛利敬親の真の藩主たる姿

① 敬親の口癖『そうせい』
家臣から何か進言された時、敬親はいつもこの言葉を口にしていたと言います。つまり、『あなたの思う通りにやってみなさい』という事です。一見すると、すべて家臣に丸投げしているように思える敬親の『そうせい』。幕末を代表する多くの人材を輩出した一つの要因が『そうせい』なんです。
敬親は、立場に関わらず人材の登用を積極的に行ったと伝わっています。そんな若者たちの進言に対し、敬親は『そうせい』と彼らの意思に任せていました。つまり敬親の『そうせい』は、家臣たちが自由に考え、そして自らの意思で行動することを促しているんです。

※ 現代社会に置き換えてみましょう。
部下の仕事に手を出す上司は、一見すると優しく頼りがいのある人物に見えてしまいます。ですがそれは、部下が自分で考え行動する機会を奪っているに過ぎません。
あくまで長州藩士たちの裏方に回り、彼ら自身に行動させる。
その結果、成功すればそれは藩士たちの手柄。
一方、失敗すれば責任は藩主たる自分が背負い、進むべき道を示す!そうせい侯 毛利敬親の振る舞いは、現代社会にも通ずる上に立つ者の心得を示しているのではないでしょうか?


d0061579_10344128.jpg


② 名君 敬親の姿…責任は背負い、道を示す
幕府軍が長州に迫ってきた第一次長州征伐。
このような事態になったのは、自分の意思で行動していた藩士たちの行動が原因です。幕府軍に対抗するため、長州では会議が開かれました。が、意見を出し合う長州藩士でしたが、結論は出ず日が暮れてしまいました。完全に煮詰まった会議の場。
すると、これまで黙り込んでいた藩主 敬親が口を開きます。
「我が藩は幕府に帰順する。左様心得よ」
基本的には『そうせい』と藩士の自由意志に任せている敬親も、最後はきっちりと進むべき道を示しました。


③ 立場や年齢を気にしない藩主

立場や年齢に関わらず、有能な人物から学べることを学び吸収しようとする姿勢。吉田松陰の門下になり教えを受けた。吉田松陰は下級武士の家柄、一方の敬親は長州藩の殿様です。まして松陰先生は、敬親より11歳も年下です。
普通だったら殿様としてのプライドが邪魔して、下級武士に教えを乞うことなど出来ないはずです。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-08-23 10:35 | 歴史 | Comments(0)




山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします
by fujiken
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新の記事
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-15 10:29
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-12 10:39
萩往還の宿場町佐々並市を探訪..
at 2018-10-10 12:13
一筆たしなんでみました
at 2018-10-05 12:22
美しい時代劇・【散り椿】
at 2018-09-30 09:51
山上の要害・岩国城 
at 2018-09-27 10:18
「陸奥記念館」は恒久平和の殿堂
at 2018-09-24 16:28
周防大島へドライブ遊覧
at 2018-09-21 09:23
明月上人誕生地・願行寺の彼岸花
at 2018-09-19 08:56
近世の名筆:明月上人
at 2018-09-17 11:24
映画:岡田准一の「散り椿」
at 2018-09-08 09:10
長岡外史を語るとき・・・誕生..
at 2018-09-03 09:04
袖解橋(そでときばし)のいわれ
at 2018-08-30 08:26
「袖解橋(そでときばし)の変」
at 2018-08-26 12:23
山口県立美術館で開催『毛利 ..
at 2018-08-23 10:35
歴史の闇に埋もれた真実
at 2018-08-14 08:26
「毛利秀就公出生の謎を解く」
at 2018-08-08 15:22
何処の町・村にもある伝説や民..
at 2018-08-02 16:32
そ~だったのか戦国大名・毛利..
at 2018-07-30 10:31
退院し我が家に帰って来ました..
at 2018-07-26 09:38
ブログジャンル
フォロー中のブログ
四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
画像一覧
最新のコメント
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57