ブログトップ

長州より発信

カテゴリ:未分類( 190 )

参院の予算委員会では、晋三さんの最重要法案である「働き方改革」が、官邸と厚労省の壮絶バトルの結果、「営業職」や「管理職」の一部に裁量労働制の適用拡大を法案から全面削除することを決めたという時点で、財務省の森友学園との国有地取引に関わる決裁文書の書き換え疑惑問題に話がすり替わりました!!!


【裁量労働制】とは何ぞや??? を調べていると、労基法改正案には、「高度プロフェッショナル制度」だけではなく、「裁量労働制の拡大」も盛り込まれる予定でしたと記載されている。

労務管理のスペシャリストでなければ、【裁量労働制】とか【高度プロフェッショナル制度】等は知り得ない・・・

d0061579_16263440.jpg


労働基準法とは、労働者が人たるに値する生活を営むために、最低限の労働条件の基準を定めた法律であることは大抵の人が知っていると思います。

労働時間には大きく分けて「法定労働時間」と「所定労働時間」の2種類があります。
『法定労働時間』: 雇用者は労働者に休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
雇用者は1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない。
『所定労働時間』: 労働基準法で上限として決まっている週5日・1日8時間の基準内で、企業側が自由に設定できる時間のことです。


裁量労働制は労基法の適用範囲内で労働時間にだけ自身の裁量で決める事ができる働き方であり、高度プロフェッショナル制度は、労基法の適用除外にする制度です。



d0061579_164253100.jpg


※ 【裁量労働制】は、実際に働いた時間でなく、あらかじめ決められた労働時間に基づいて、残業代込みの賃金を払う制度。それ以上働いても追加の残業代は出ない。仕事の進め方や時間配分をある程度自分で決められる働き手に限って適用できる。研究開発職など専門性の高い仕事か、企業の中枢で企画・立案などの仕事に就く人が対象。

※ 【高度プロフェッショナル制度】は、「残業代ゼロ法案」とも「脱時間給制度」や「ホワイトカラー・エグゼンプション(頭脳労働者脱時間給制度)」とも呼ばれている制度で、年収1075万円以上の金融ディーラーなどを労基法による労働時間、休日、深夜の割増賃金等の規制の対象から外す(残業代の支払いが不要になる)制度です。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-03-08 16:50 | 未分類 | Comments(0)

サラリーマン川柳

第一生命保険が例年開催している「サラリーマン川柳コンクール」の第31回の全国優秀100選を発表した。2017年11月に発足した第4次安倍内閣では、「生産性革命」の鍵となる施策として「IoT・ビッグデータ・人工知能による産業
構造・就業構造変革の検討」を掲げており、その影響を受けてか、今年は“AI”や“IoT”など、テクノロジーの進化を詠んだ句が多い。

高齢化社会での「夫婦(男女)編」での女性上位や流行語・話題を詠み込んだ句を採り上げてみました。

d0061579_12494734.jpg


○ 『定年後 妻のトリセツ 子に習い』(クサツマンポ)
○ 『妻いない この日は朝から プレミアム』(ゆずいろ)
○ 『「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」』(中っ端)
○ 『減る記憶 それでも増える パスワード』(脳活)
○ 『何事も 妻ファーストで うまくいく』(よみ人知らず)
○ 『記憶にない 夫のどこに ほれたのか』(まるこ)
○ 『「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう』(そら)
○ 『胃袋へ 証拠隠滅 パパの分』(ずみ嫁ともぞー)
○ 『お腹出た? 「内部留保」だ 気にするな』(一粒子)
○ 『年ごとに スーツと妻が キツクなる』(島根のぽん太


d0061579_12512236.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-02-16 12:52 | 未分類 | Comments(0)

節分って何???

あなたは節分に豆まきをする理由や、「鬼は外! 福は内!」の意味についてご存知ですか?
知っているようで意外と知らない、大人も子ども気になる節分のあれこれ。


節分とは、「季節を分ける」という意味があります。言いかえると、季節の変わり目ということです。
日本には四季(春、夏、秋、冬)がありますので、季節の変わり目というのは年に4回あります。
各季節の始まりは、立春、立夏、立秋、立冬が季節の始まりです。それぞれの前日が節分と呼ばれています。
ということは、節分も年に4回あることになりますが、現在の節分は2月3日の1回ですよね。
その理由は、旧暦では、立春が一年の始まりとされており、その前日の節分が一番メジャーになったと
考えられています。現在で言うところの、節分=大晦日、立春=元日だった訳ですね。
これから始まる新しい1年の前に鬼を払い、不幸や災いのない一年になるようにの願いを込めてこの時期に
節分が行われるのです。節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、新年を幸多き年として
迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われます。
追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、
文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうです。
それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになりました。


d0061579_10423946.jpg



【節分の日の慣わし】


■ 豆まき
豆を撒く風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからという説があります。炒った豆を、年男や一家の主人、
厄年の人が「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら豆を撒き、邪気や災厄を祓います。
炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないと
いわれているからです。豆撒き後は、自分の年の数、または自分の年の数+1の豆を食べ、一年の無病息災を願い
ます。


■ 鰯の頭と柊木(ひいらぎ)
鰯を焼いた時の煙と臭いが厄を祓うといわれ、節分の日には家の入口に鰯の頭を柊の枝にさしておく風習があります。
鬼の嫌がる鰯の臭いと、柊の葉の棘に痛がって、鬼が近寄らないので鬼門封じや厄除けになると昔から言い伝えられています。地域によっては、にんにくやとべらなどの臭いのあるものをそえるところもあるようです。


d0061579_10495462.jpg

d0061579_10502243.jpg

d0061579_10503724.jpg


■ くじら料理を食べる風習もあります。

これは主に山口県での風習の様で、大きいものを食べるということが縁起が良いと
されていることからと言われています。古く鯨は大きいものの代表であり、

・志を大きく
・心を大きく(広く)

などと大きな幸福を願う意味で食べられています。

d0061579_111485.jpg


■ 巻き寿司のまるかじり

関西を中心に、その年の恵方(年神様のいらっしゃる吉の方角)に向かって無言で太巻き寿司を丸かぶりし、
新しい年が良い年でありますようにと願いながら食べるという風習があります。
巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」からで、切らないのは「縁を切らないために」といわれています。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-02-02 11:00 | 未分類 | Comments(0)

ものもう‐す

 平成30年(2018年)に明治改元から150年を迎えるに当たり、明治維新胎動の地である
郷土山口県への県民の誇りと愛着を一層深め、今後の地域活性化に向けた機運の醸成を図る
とともに、これを我が国全体の発展を目指す機運の高まりにもつなげていくため、全県的な取組の
推進を目的として明治150年記念事業山口県推進協議会設立された。
 県及び県内全市町の関係課等により構成される、イベント一覧に「萩・長門エリア」「山口・防府エリア」「下関・美祢・宇部エリア」「岩国・柳井・周南エリア」とあります。エリアに入ってない光市には
「伊藤博文生家・伊藤公資料館」があり、室積には第二奇兵隊創設の地・「専光寺や普賢寺」が
あり、北前船に関する資料などを展示している「光ふるさと郷土館」があり、長州藩撫育方室積会所跡と言って長州藩の金蔵・撫育方(ぶいくがた)と呼ばれる裏金作りの機関等が存在した。
山陽小野田市は、江戸時代の毛利氏の一門家老のひとつ・厚狭毛利家が存在し、居館跡や厚狭毛利家歴代墓所・洞玄寺などがあり歴史を巡るには事欠きません。


d0061579_11323369.jpg


 しかし、山口県の13市の一つであります下松市はどうでしょう!!!
下松市だけ蚊帳の外、下松市は明治150年記念事業に参画していないのでしょうか?下松市は門前宿場町として栄えた花岡・旧山陽道の散策ですか? 歩いてみて下さい・・・整備されていません。下松市の近隣の市町村には歴史博物館・歴史資料館・美術館等がありますが、無いのは下松市だけです。歴史上の史跡がない著名人が少ないということは言い訳にはなりません。私が考えるに行政の歴史観といいますか、郷土史に関心が低いのか?他の自治体と比べ、郷土史に対する学識が低いのではないでしょうか。

d0061579_11441299.jpg


下松市には徳山毛利藩が財政改革の一環として、推奨した三白政策の一つの塩田事業に関わりを持った磯部家を調べ顕彰しないと風化します。始祖は南北朝の時代ですが、磯部屋・五代目磯部好助が東豊井村の地の開作に着手し宮洲開作を築立した。磯部家の長者ぶりは、周防においてだけでなく広く西日本一帯に知れ渡っていたようで、徳山藩の財政再建に貢献し幕末には藩札発行や、その他の資金繰りに援助した。つまり、下松は磯部家の塩田事業の成功から維新後の歴史が始まったと言っても過言はないでしょう!又、明治維新よりさかのぼりますが、徳山毛利藩の前身の
下松藩(下松藩陣屋敷)に付いて詳しく調べるのは如何ですか?
又、大阪大学の文学部教授が調査に来られたという、大阪の適塾に於いて大村益次郎の先輩で適塾の塾頭を務めたという下松出身の天才医者“飯田柔平”についての調査は如何でしょう・・・

d0061579_120590.jpg


郷土史は掘り起こしたぐれば、色んなことが明らかになり、勉強にもなり面白いものです。
興味があるかヤル気があるか否かの問題だけでしょう!!!下松市(教育委員会)はもっと郷土史の調査・顕彰に力を入れて欲しいものです。私は単に歴史好きで、特に郷土史に興味をもっております。しかし、一人で幾らもがいても資料を捜すことが出来なく、市より御触書・委嘱状を貰っている訳でもないので、個人保護法という法律が立ちふさがり、中々立ち行きません。市が起ち上がらないのならばメディア様に協力して頂き、探索・調査・研究すればと考えており、又、仲間を捜しています。

[PR]
by kfujiken2 | 2018-01-22 12:03 | 未分類 | Comments(0)

初詣と蝋梅

遅ればせながら3日に降松神社(くだまつじんじゃ)に初詣に行き、
暖かかったので冠梅園に蝋梅の開花状況を観に行って来ました。


拝殿の横にある駐車場に車を止め、先ずは拝殿に行き手を合わせました。
山門は確か昨年には改修をしていたが、綺麗に改修が終わっていました。


d0061579_13501995.jpg
d0061579_13503374.jpg


※ 降松神社は若宮(旧 下宮)、中宮、上宮の3つの施設からなり、鷲頭山(わしずやま)全域に広大な神域をもっています。普段、市民が参拝することが多いのは若宮です。

d0061579_1473230.jpg

神事の際、特殊な断ち方をして折った紙を縄に挟み込んだものを、
下松辺りでは御幣(ごへい)と言うけれど、正式には紙垂(しで)と呼ぶそうです!!!
神社も寄進された方を白いちょうちんに名前を書き、紙垂の変わりにコードつけて垂らすとは、
参拝者の目を引き演出が上手いなぁ~ 感心しました。

d0061579_14102392.jpg

d0061579_14103967.jpg

「北辰妙見社」から鷲頭山に上宮・中宮を、更に赤阪の地(現在の地)に若宮を遷移せた流れを
少し説明しましょう・・・


飛鳥時代の推古天皇3年(595)、都濃郡鷲頭庄青柳浦の一松樹に大星が降り、七日七夜輝き、
「吾は天之御中主尊なり。今より三年ならずして、百済国の王子来朝すべし。其の擁護のために天降りし」と
託宣があった。同5年(597)、大内氏の祖先、百済国璋明王の第三王子琳聖太子が来朝し、桂木山に大星の
御神霊を祀り、北辰妙見社と称へ、鷲頭の庄の氏神とした。以来、青柳浦は降松と改められる。推古天皇11年(603)、
高鹿垣(茶臼山)に社殿を遷し、同17年(609)、鷲頭山に上宮・中宮を建立する。大内広世公は、鷲頭山の麓赤阪の
地に若宮を建立した。大内義弘公は防長などの七国の守護となり、南北朝時代の明徳3年(1392)、中宮に五重の塔や仁王門を新たに建立する。また、七国の各地に北辰妙見社が勧請され、鷲頭山は、妙見本宮として広い信仰を集めた。江戸時代の慶長13年(1608)、火災にあい、中宮本殿のみ焼失を免れ、現今の本殿は戦国時代の大永3年(1523)、大内義興公の再建による。中宮楼門は、江戸時代の文化4年(1807)、氏子中の再建による。大内氏滅亡後、毛利氏の厚い信仰を受け、江戸時代の元和年中(1615〜)には、赤阪の若宮を今の地に遷し、現今の若宮は明和4年(1767)、毛利就馴公の再建による。明治3年(1870)、「降松神社」と改称し、昭和3年(1928)県社に列する。




ロウバイはまるでロウ細工のような黄色い花を咲かせる、中国原産の落葉低木です。
中国では、ウメ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれています。
江戸時代初期に日本へ渡来し、ほかの花木に先駆けて咲く香りのよい花が愛され、
生け花や茶花、庭木として利用されてきました。

d0061579_1426298.jpg

d0061579_14261489.jpg


ロウバイの香りは甘くフルーティで、微かに石鹸のような清潔感がある香りが特徴的です。

d0061579_1427929.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2018-01-04 14:33 | 未分類 | Comments(0)

謹んで新春のお慶びを申し上げます
ブロッガーの皆さん 昨年はお世話になりありがとうございました
拙いブログでありますが、今後とも変わらぬお付き合いをお願い申し上げます


d0061579_18551141.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2017-12-31 18:56 | 未分類 | Comments(0)

住み良い街に陰りが出る・・・遂に時期が来たかという気がします。

昔元首長さんと席を共にする機会があり、下松を住み良い街という根拠は何ですか? 
と訪ねると彼曰く大型店が多く出来ると、市民の皆さんは買い物がし易いのではないかと自慢されていました。
つまり、「利便度」が高いというカテゴリーのみ指摘されるが、私の見解は違っています!
大型店が増えるということは、既存の小売店は淘汰され、明日の生活を如何しようかと泣いています。
これが「住み良い街」といえるのでしょうか?
因みに、東洋経済が発表する「住みよさランキング」では、総合評価とともに、「安心度」「利便度」「快適度」
「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーにおいてランキングを行っている。


仲間内では、下松で中核店舗の西友ザ・モール周南店が傾くと下松の景気は悪く
なるだろうと話していましたが、イズミ・ゆめタウンが後を引き継ぐとのことなので
一安心していいのか???


d0061579_11161584.jpg


話が逸れましたが、本題に戻しましょう・・・

下松市のザ・モール周南がイズミ・ゆめタウン(山西泰明社長、本社・広島市東区)に売却され、
来年8月1日から“ゆめタウン”の店舗に衣替えすることが決まった。2月1日に西友とイズミが
売買契約に調印し、5月15日から改装のため全館休業する予定で、ザ・モール周南は1993年の
開店以来、25年で姿を消すことになる。

鉄筋コンクリート5階建てで、1~3階の売り場面積は28,620平方メートル。中核店舗の西友
ザ・モール周南店、ザ・モール周南専門店街、食遊館、市出資の第3セクターの下松商業開発が
運営する地元の商業者ゾーンの星プラザで構成。隣接の周南市に流出していた買い物客を
回帰させてきた。

市文化施設のスターピアくだまつや市保健センターとは建物が一体化しており、99年に映画館の
MOVIX周南、2000年にヤマダ電機テックランドザ・モール周南店も開店した。
店舗前の中央広場はくだまつ総踊りや花と緑の祭典など市や民間の多くのイベントが開かれ、
周南地域全域から集客してきた。

ザ・モール周南の商業施設部分はもともと下松タウンセンター開発の所有だったが、現在は西友が
所有。売却の方針は25日にスターピア会議室で開かれた下松商業開発の取締役会で説明された。
売却額は不明。専門店街や星プラザのテナントには今後、説明していくという。
星プラザゾーンは廃止されて全店舗一体の形になる可能性が大きく、下松商業開発の存続も注目
される。同社を基盤に活動してきたくだまつ観光・産業交流センターや下松フィルムコミッションの
今後も未知数だ。一方、同じ建物のスターピアくだまつも3月1日から8月31日まで大規模改修工事の
ため休館する。


d0061579_113521100.jpg

[PR]
by kfujiken2 | 2017-12-29 11:31 | 未分類 | Comments(0)

楽しみにしていた加来耕三先生の維新150周年によせて「乃木希典と児玉源太郎」の講演会を慢性化したギックリ腰が起こり、残念ですが拝聴することが出来ません
 ((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!


d0061579_105356.jpg


睡眠には、レム睡眠・ノンレム睡眠があります。
レム睡眠・ノンレム睡眠は睡眠中に交互に現れます。
レム睡眠・ノンレム睡眠を合計で4回ずつくらい繰り返すのが、通常の睡眠です。

深睡眠は、これとは別の分類方法です。
深睡眠は睡眠の最初の3~4時間くらいに多く見られる深い睡眠で、ノンレム睡眠中に見られます。特に1回目のノンレム睡眠中に現れます。つまり、深睡眠とノンレム睡眠は別物という訳ではなく、ノンレム睡眠の一部が深睡眠という位置づけです。
このため、レム睡眠が深い睡眠という訳ではなく、最初の方に現れるノンレム睡眠で深い睡眠が訪れるという方が適切です。


深睡眠は、具体的にはいくつか特徴があります。

・成長ホルモンの分泌が最大になる
・脳が最も休んでいる睡眠


成長ホルモンとは、タンパク質の合成を促すホルモンです。
筋肉を付けたい、お肌を元気にしたいなどの場合はとても重要なホルモンです。
そのため、この深睡眠の時間を「お肌のゴールデンタイム」と呼ぶこともあります。
また、深睡眠は脳が最も休んでいる状態です。
睡眠の役割として、脳の疲労回復があります。
脳内の疲労物質やストレス物質の除去が最も効率的に行われるのが、
この深睡眠です。
だからと言って、深睡眠だけとれば脳の回復が十分ではありません。
最適な睡眠時間は、深睡眠後にもしっかり眠る必要性を示しています。


若年者と高齢者における睡眠の一般的な状態

横軸が睡眠時間、縦軸がノンレム睡眠の深さを示している。濃い青がレム睡眠、薄い青がノンレム睡眠。高齢者のグレーは目が覚めている時間だ。なお、ノンレム睡眠のステージ1と2が浅い睡眠で、ステージ3と4が「深睡眠」と呼ばれる。深睡眠を2時間以上取るのは10歳頃までで、それ以降はどんどん減る。一方レム睡眠の量は一生を通じてそれほど変わらない。

d0061579_959791.jpg


高齢者や老人は若者と違い、睡眠リズムが乱れやすくなります。その理由は、高齢になると中途覚醒が増えるため、睡眠中に何度も目覚めてしまうようになるからです。中途覚醒が増える理由は、年をとると過活動膀胱になることが多く、寝ている時でもトイレに行きたくなるためです。
人間には体内時計が備わっていますが、年をとると体内時計の周期がズレてしまい、24時間周期ではなくなってしまいます。そのため、早朝覚醒をすることが増えてしまい、朝までぐっすりと眠れなくなります。

[PR]
by kfujiken2 | 2017-10-29 10:02 | 未分類 | Comments(0)

乃木希典と児玉源太郎

10月29日(日)ホテルサンルート徳山にて、加来耕三先生の維新150周年によせて
「乃木希典と児玉源太郎」をテーマの文化講演会があります。

応募したら招待券が送って来ました。どんな話をされるのか楽しみです。


d0061579_11531181.jpgd0061579_115409.jpg





























































因みに乃木希典と児玉源太郎の紹介を簡単に・・・
乃木希典は、嘉永2(1849)年11月11日に、長州藩の支藩である長府藩の藩士・乃木希次(馬廻、80石)の三男として、江戸の長府藩上屋敷に生まれた。

d0061579_1202972.jpg


児玉源太郎は、嘉永5(1852)年2月25日に、周防国都濃郡徳山村(現・山口県周南市)に、
長州藩の支藩徳山藩の中級武士(百石)児玉半九郎の長男として生まれる。


d0061579_12130100.jpg


二人は長州藩の支藩である長府藩と徳山藩士の子供で、3歳違いの長州人の先輩・
後輩の関係です。



二人の逸話を簡単に!!!

児玉源太郎は満州軍総司令官大山巌の承認を得て、第3軍司令官・乃木希典大将の指揮権に介入し、作戦を成功に導いたとされる。源太郎は、歩兵のみでは二〇三高地を落とせないことを理解しており、
砲兵兵の柔軟で集中した運用を図ります。
一般に知られている説によれば、明治37年(1904年)12月5日、源太郎は乃木が攻めあぐねていた203高地に対し、火力の集中という要塞攻撃の常道を行うため、もともと海岸防衛用の恒久据え付け
砲で移動が困難な28センチ榴弾砲を、敵陣に接近した場所まで1日で配置転換を行うという、
奇抜な作戦を取ったとされる。
そして重砲の援護射撃の下、歩兵による突撃を同時に行い半日で陥落させた。
さらに203高地に弾着観測所を設置し、砲兵の専門家の助言を無視して203高地越えに、
旅順湾内のロシア旅順艦隊に28センチ砲で砲撃を加え、敵艦隊は壊滅した。

[PR]
by kfujiken2 | 2017-10-24 12:12 | 未分類 | Comments(0)

ドローン女子

昨日NHKの “シブ5時” で 「増えるドローン女子」という面白い番組を放映して
いました。


d0061579_11432599.jpg


『ドローン女子』とは何でしょうか?

『ドローンに興味がある女子』を総称して、そう呼んでいます。

女性の方だけでなく、男性の方にもかなりドローンの魅力、興味がそそられたのではないでしょうか?

d0061579_11462017.jpg


■見たこともない景色を見たい!

私達よりも何メートルも何十メートルも高い空を飛ぶ鳥たち。
鳥はどんな景色を楽しみ、そして何を思って空を飛ぶのでしょうか。
「ドローンを思い通りに動かし、飛ばしてみたい」
「自分がまだ体験したことのない世界を見たい」
と思う方は多いと思います。
ドローンの魅力を考えると、まず頭の中に浮かぶのはそういった
非日常的な体験です。

■何事も慣れが必要
もちろん自由自在に飛ばせるようになるにはある程度の慣れが必要となります。
はじめはうまく操縦できずにもどかしい気持ちにもなるかもしれません。
それを乗り越えて、うまく操縦できた時や空撮した映像を見た時の感動は特別なものであることは
言うまでもありません。
実際に空を飛んだような、鳥にTなったかのような素晴らしさがあるのです。
機体によっては、初心者向けで飛ばしやすいものもあります。
あなたもドローンにチャレンジしてみませんか?

◎資格や免許は不要です。誰でも扱えます!
航空法という名称や、複雑そうなルールなどから誤解を与えやすいのですが
ドローンを飛ばすこと、それ自体に資格や免許が必要というわけではありません。

ただし、以下の点は注意しましょう。
・日中の飛行(夜間はNG)
・目視できる範囲で飛ばす
・人や物から30m以上の距離を保つ
・人が集まる上を飛ばさない
・物を輸送、あるいは落下させない

[PR]
by kfujiken2 | 2017-10-18 11:53 | 未分類 | Comments(0)