カテゴリ:コラム( 108 )

天皇の神格化



今年4月30日に天皇陛下が退位され、5月1日に皇太子殿下が新天皇に即位され、元号が改元されるに辺り、天皇とは日本国民統合の象徴たる地位で、天下人で雲の上の人という意識位しかなく、天皇の称号の由来と歴史を知らず、余りにも無知だったことに気付き少し調べてみました。


◆ 歴代天皇の確定

歴代天皇を確定するための基準が定まったのは、大正時代末期のことである。このとき示された基準によって、歴代天皇は初代神武天皇から今上天皇まで125代・123人という現在の歴代天皇の形が確定している。
この125代のうち、第37代斉明天皇は第35代皇極天皇、第48代称徳天皇は第46代孝謙天皇、それぞれ重祚(ちょうそ)(一度退位した天皇が再び位に就くこと)であるため、総数は123人となっている。
ところが実在だったのか伝説もしくは架空の天皇なのかがたびたび議論されています。 単純に神武天皇と欠史八代を抜かしてもそれ以降の天皇にどれだけ実在性があるのかどうかわかりません。系譜の明確性や在位期間の明確性などの考証を天皇の実在性含めるとさらにややこしい事になります。
初代神武天皇~9代開化天皇までは、「実在の可能性は低い」と言われています。歴史学的に実在した可能性の高い最古の天皇陛下は、10代崇神天皇です。15代応神天皇以降は、実在の可能性が高いとされています。


※ 欠史八代 (けっしはちだい)とは:『古事記』・『日本書紀』において系譜は存在するがその事績が記されない、第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までの8人の天皇のこと。

※ 古代天皇の寿命が100歳越えと異常に長いのは : 1年を収穫時期でカウントしていたので、
2倍年歴としていたので今の1年が2年に該当する。
10代:崇神天皇 119歳  11代:垂仁天皇 139歳  12代:景行天皇 143歳
16代:仁徳天皇 143歳


d0061579_12265197.jpg


◆ 天皇の称号の由来と歴史


古代日本では、ヤマト王権の首長をオオキミ(大王)といったが、天武朝ごろから中央集権国家の君主として「天皇」が用いられるようになった。
奈良時代~平安時代には政治・祭祀の頂点だったが、摂関政治・院政・武家の台頭により政治的実権を失っていった。
室町時代には多くの宮中祭祀の廃絶もあり劣位となったが、「江戸時代末に尊王論が盛んとなり、王政復古、明治憲法における天皇制へとつながった」という。
大日本帝国憲法では第4条で「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬(そうらん)」するとの明記があったが、現行の日本国憲法には元首の規定はなく、
そのため元首について様々な見解がある。象徴天皇を元首とする説、実質的機能を重視し内閣(または首相)を元首とする説、元首は不在とする説等がある。
学説の多くは、条約締結や外交使節任免および外交関係処理の権限をもつ内閣を元首とするか、行政権の首長としての内閣代表の内閣総理大臣を元首としている。

日本の歴史においても天皇の祖先の記載ははっきりしない。初代の神武天皇は天照大御神の子孫で、紀元前660年に即位したとされているが、
実際に文献が登場するのは第10代の崇神天皇からである。日本の初期の歴史に空白があることから、日本や海外の歴史家の間では天皇の祖先は現地人ではなく、中国人あるいは朝鮮人だとする見方が有力だ。中国にも、「神武天皇は秦の始皇帝が派遣した徐福だ」とする説が存在する。

日本という国は神々がこの地に降り立った「天孫降臨」から始まりますね。
天照大御神が瓊瓊杵尊を遣わして国造りを命じた。
神々が紆余曲折乗り越えてようやく国を造り、初代天皇が即位した。
神武天皇が即位した日が日本の始まり、つまり建国の日となり現在の「建国記念日」になりました。
日本神話において、天孫の邇邇藝命(ににぎのみこと)が、天照大御神の神勅を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原から日向国の高千穂峰へ天降(あまくだ)ったこと。
邇邇藝命は天照大御神から授かった三種の神器をたずさえ、天児屋命(あまのこやねのみこと)などの神々を連れて、高天原から地上へと向かう。
途中、猿田毘古神(さるたひこのかみ)が案内をし、邇邇藝命は筑紫の日向(ひむか)の高千穂に降り立ったという、『記紀(古事記と日本書紀)』に記された日本神話である。


d0061579_12392796.jpg


◆ 天皇の雑学

皇室の歴史を見てみると神武天皇が実在しているか?という議論もありますね。日本の天皇家は世界で最も長い歴史を持つ王室ですが、私たち日本人のほとんどが皇族に日本以外の血が入っているって考えたことはないと思います。
ですが以前、陛下が会見の席で歴代の中に朝鮮の血を引く女性を生母持つ人がいたと語ったことで、日本以外の国をルーツに持つということが表面化したのが始まりで物議が起きたのです。
それは第50代桓武天皇のことなんですが、実のお母さんが百済の武寧王の子孫だそうです。そんなことが露呈すると日本の皇室のルーツが韓国にある!という話が浮上したということなんですが、実際にはこれは事実ということで続日本紀に記されていると。このお母さんというのは渡来系氏族の和氏の出身で高野新笠というそう。
737年(天平9年)生れの 「桓武天皇」の母君 高野新笠(たかの の にいがさ)様は百済系渡来人の家のご出身です。


◆ 天皇に舐めた事言ってんじゃないよ
韓国の文喜相国会議長が慰安婦問題をめぐり、天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べたことに際し、謝罪することではない。私がした話は持論であり、根本的な解決方法だと今でも考えていると述べ、日本政府が求める謝罪と撤回を拒否しているのは、特に理由があるのか?

天皇陛下について「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」とも述べた。
日本国および日本国民統合の象徴でいらした昭和天皇と天皇陛下への誹謗は、日本の国と国民を中傷することでもある。それが分かっているのか?

日本軍は占領地域において,軍規の維持や兵士による性犯罪の抑止のため,慰安所を利用した。慰安所は中国各地に百数十~二百数十,フィリピン,ビルマ,インドネシアなど東南アジアにも 100以上が設けられたとされる。慰安所の建設,経営,監督,衛生管理,そこで将兵の相手をする慰安婦の募集・渡航などに日本軍が関与したと指摘され,問題となった。
慰安婦は当時合法とされた公娼であり民間業者により報酬が支払われていたこと、斡旋業者が新聞広告などで広く募集をし内地の日本人女性をも慰安婦として採用していたことなどから国家責任はないとの主張がある。
日本における慰安婦とは軍と契約した慰安所のプロの売春婦であることである。 当時は公娼制度があり、法律で認められた管理売春が合法的に存在した。

慰安婦募集広告には「月収300円以上」と書かれています。当時、一般日本兵の月給は15円~20円、陸軍大将の月給は550円。いかに高額だったかが分かります。

日韓条約と共に1965年に締結された「請求権の解決並びに経済協力に関する協定」により5億ドル(無償3億=1千80億円、有償2億=720億円)の経済協力資金が韓国に供与されたが、従軍慰安婦の補償には一銭も宛がわれなかった。
その理由の一つは、日韓国交交渉で従軍慰安婦問題が議題に上がらなかったことにある。
日本政府は韓国政府が設立する元慰安婦を支援するための財団(「和解・癒やし財団」)に10億円拠出することを約束し、2016年8月31日に履行した。「和解・癒やし財団」は日本からの拠出金をもとに、慰安婦への現金支給を行った。2016年10月時点で、存命中の慰安婦46人中36人が支給済または支給の手続き中で、既に死去した慰安婦に対しては、35人の遺族が引き取りを表明した。

by kfujiken2 | 2019-02-15 12:46 | コラム | Comments(0)

平成の30年間の主な出来事・社会ニュース



あと3日で今年も終わり、又、平成時代から新しい時代【2019年(平成31年)4月30日】へと変わります。人類の歴史がまた1つ刻まれていくわけですが、平成を振り返るとあなたにはどんな時代だったのでしょうか?良いことも悪いこともあったことでしょう。懐かしさや、知らなかったことなど、私達が生きてきた平成時代を改めて心に刻んでいければと思います。
1989年に昭和天皇が崩御され平成の時代が幕を開け、2018年は、実質的に平成最後の年になります。出来事ランキングではなく、私の独断と偏見で年度別出来事を選んでみました。


d0061579_1027549.jpg



平成1年(1989年) 消費税導入
平成2年(1990年)  バブル経済が崩壊
平成3年(1991年)  雲仙普賢岳噴火
平成4年(1992年)  東京佐川急便事件
平成5年(1993年)  自民党が初の野党転落
平成6年(1994年)  松本サリン事件
平成7年(1995年)  阪神淡路大震災が発生
平成9年(1997年)  山一証券破綻
平成10年(1998年) 冬季長野オリンピックが開催
平成13年(2001年) アメリカ同時多発テロ事件が発生
平成14年(2002年) 拉致被害者の一部帰国実現
平成17年(2005年) 郵政民営化
平成20年(2008年) リーマン・ショック
平成21年(2009年) 政権交代、鳩山政権発足
平成23年(2011年) 東日本大震災
平成24年(2012年) 山中伸弥教授がノーベル賞を受賞
平成25年(2013年) 第2次安倍内閣・アベノミクス
平成26年(2014年) 御嶽山噴火事故
平成29年(2017年) 森友・加計問題
平成30年(2018年) 米朝首脳会談


d0061579_10292661.jpg

by kfujiken2 | 2018-12-28 10:35 | コラム | Comments(0)

天皇陛下最後の誕生日会見

天皇陛下は23日の誕生日を前に、皇居・石橋の間で記者会見に臨まれた。85歳になられた天皇陛下にとって、平成最後の誕生日会見です。即位から30年の日々を振り返られ、皇后様や国民に対する思いを語られる際には、時折声を詰まらせながらお言葉を述べられたのに感銘を受けました。

今回の会見には個人的見解ですが、三つの要点があるのではないかと思います。

① 日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方
② 「皇后様へ、心から労いたい」と最良の伴侶に感謝
③ 私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝


d0061579_9152619.jpg


天皇が苦慮されたという「象徴」という言葉は、抽象的な概念をより具体的な物事や形によって表現することと記されていますが、漠然とした日本語・翻訳語で意味がはっきり理解出来ないと思います。

◆ 日本国憲法における象徴天皇について


小泉信三が明仁皇太子の教育参与として携わり、「象徴天皇」のあるべき姿を説いたと聞いています。
自分の良心に忠実で、他人のことを思いやる精神『忠恕(ちゅうじょ)』という言葉に結実し、新時代の皇室のあり方に大きな影響を与えた。日本国憲法第1条は、天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」と規定する。その地位は、主権者(主権在民)たる日本国民の総意に基づくものとされ、国会の議決する皇室典範に基づき、世襲によって受け継がれる。天皇の職務は、国事行為を行うことに限定され、内閣の助言と承認を必要とする。国政に関する権能を全く有さない。


◆ 「象徴」の由来

吉田茂の側近として白洲次郎は、GHQ草案の翻訳と日本政府案の作成に当たった。日本国憲法の「象徴」がどのように生まれた言葉であるのかを次のように述べている。 白洲次郎はGHQ草案の英語をGHQの一室内で外務省の翻訳を担当する官僚と一緒に缶詰になっており大急ぎで和訳をしていた。
原文に天皇は国家のシンボルであると書いてあった。翻訳官の一人が「シンボルって何というのや」と聞かれたから、私が彼のそばにあった英和辞典を引いて、この字引には「象徴」と書いてある、と言ったのが、現在の憲法に「象徴」と字が使っている所以であるそうです。

by kfujiken2 | 2018-12-25 09:58 | コラム | Comments(0)

歴史の闇に埋もれた真実

強制慰安婦どころではない!終戦時蛮行の限りを尽くし凄まじかったソ連軍兵士の強姦・残虐行為・・・

第二次世界大戦敗戦とともに崩壊した「満州国」では、地獄絵図としか表現しようのないほど、飢えと暴力、そして絶望が蔓延した。孤立無援の満洲開拓団は次々と、集団自決に追い込まれていった。
そのとき、ある開拓団の男たちは、ひとつの決断を下した。現地の暴民による襲撃、ソ連兵による強姦や略奪から集団を守り、食料を分け与えてもらう代わりに、ソ連軍将校らに結婚前の乙女たちを「性接待役」として差し出したのだ。
犠牲となった「彼女たち」は、日本への引き揚げ後もこの忌まわしい記憶をずっと胸の内にとどめていたが、70年が経ち、その重い口を開いた。


d0061579_8175026.jpg


※ 「満州国」とは
満州事変の結果,大陸進出の前進基地,さらに中国革命の波及を阻止する拠点として,日本が中国東北三省および熱河省につくった傀儡国家(かいらいこっか)、中国から見れば、表向きは中華民国から独立した独立国であったが、実際には関東軍の謀略により作られた国で、つまり形式的には独立しているが、実質的には他国によって操られている政権であった。



第二次世界大戦敗北とともに、「満州国」はもろくも崩れ去る。1945年8月9日ソ連の満洲侵攻、6日後の日本の無条件降伏――。約27万人の開拓移民らは、突如、異国となった荒野に取り残された。満州国より「強制退去」を命じられる。
福岡市の博多港に139万人の日本人が命からがら引き揚げてきた。そのなかに、満州でソ連兵らから性暴力の被害に遭い、妊娠した女性たちが多く含まれていたことはあまり知られていない。引き揚げ船から海に身を投げた女性も少なくなかったという。
また、「二日市保養所」という中絶のための施設も国が関わり、秘密裏に作られた。治療の際に、医師や看護師が泣き声をあげた赤ん坊の命を奪うこともあったという。当事者の女性たちもずっと口を閉ざしてきた。

二日市保養所

d0061579_8255165.jpg

by kfujiken2 | 2018-08-14 08:26 | コラム | Comments(0)

取引価格が路線価より大幅に高く!? 新バブル到来?

金融緩和であふれたお金が不動産市場に流入しています。投資家からお金を集めて不動産を買い、
賃料収益などを分配する上場不動産投資信託(J―REIT〈リート〉)で、最近取得された物件の
価格水準が、相続税などの基準となる路線価の平均2・6倍となっていることがわかった。
目安とされる1・5倍程度より高く、一部では10倍超の物件もあった。日本銀行の金融緩和で
あふれたお金が不動産市場に流入し、東京の2017年分の最高路線価はバブル期を超えている。
取引価格も高めになっており、「新バブル」の懸念も出ている。


d0061579_1425130.jpg


今度のバブルでも、もちろん東京、大阪、名古屋の地価上昇が、全国の地価上昇を引っ張っていることには違いがないのですが、地方都市では、九州の福岡市や中国地方の広島市など、ごくわずかの地方中核都市しか上がっていないことが平成バブルのときとの大きな違いなのです。


80 年代のバブルを振り返って見ると、日本全国至る所で地価の上昇が見られた。
一方、現在の地価の上昇は地域による差が大きく、バブルと言うには物足りない。
外国人観光客の増加に伴うインバウンド需要や東京オリンピックに向けたホテル需要が
見込まれる地域、ファンド等による投資が見込まれる地域に限定される局地的な上昇で
ある。政府は地方創生を掲げ、地域活性化に向けた様々な取り組みが行われている。
そうした取り組みは、地方都市の地価にどのような影響を与えるか、東京との地価水準の
格差は縮まるのか。現在の地価の上昇はいつまで続くか、今後1、2 年の動きに注目したい。


d0061579_14103016.jpg


※ 景気の動向

「いざなぎ景気」は、1965年(昭和40年)11月から1970年(昭和45年)7月までの57か月間
「バブル景気」は、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間
「いざなみ景気」(戦後最長の景気回復)は、2002年2月~2008月2月までの73か月間
「アベノミクス景気」は、2012年12月(平成24年)から2017年(平成29年)3月までの52か月間


 「いざなぎ景気」: 1965年の証券不況で、金融緩和による金融政策だけでは改善せず、
政府は補正予算で第二次世界大戦後初の建設国債の発行を閣議決定した事で建設需要が増し、
いざなぎ景気がはじまりました。
1970年の八幡製鐵と富士製鐵の合併による新日本製鐵(新日鉄)の誕生など、貿易や資本の
自由化への対応のために、国際競争力の強化をめざして規模拡大のための企業の大型合併が
多数実現した。トヨタ・カローラや日産・サニーといった低価格の大衆車の発売によって
マイカーブームが起こり、東京オリンピック(1964年)を機にカラー放送が本格化したことから
カラーテレビの普及率が急速に高まった。
所得水準の向上によって、エアコンの購入も増加し、車 、カラーテレビ が新・三種の神器と呼ばれ、
消費の大幅な伸びも見られた。いざなぎ景気の間に日本経済は大きく拡大し、世界第二の経済大国と
なった。

◆ 「バブル景気」: 1980年代後半には、テレビ等のマスメディアの必要以上の毎日繰り返された
不動産価値の宣伝により、地価は異常な伸びを見せる。日経平均株価は1989年(平成元年)12月29日の
大納会には、史上最高値38,957円44銭を付けるなどし、資産価格のバブル化が起こっていた。
バブル景気による過剰な経済拡大期があり、その後にはその反動としてバブル崩壊による大幅な
資産価格下落や金融収縮などが起こり経済問題が多数噴出することとなる。

◆ 「いざなみ景気」: 2001年からのゼロ金利政策に代表される金融緩和政策が主因で、
2004年の大幅な為替介入で、実質実効為替レートが下がったことによる円安、北米の好調な需要により、
輸出関連産業を中心に多くの企業が過去最高売上高・利益を記録しました。
いざなみ景気は日本の戦後最長の好景気だったにも関わらず、 意外にも誰もそれを実感していませんし
知りません。新聞などでは「かげろう景気」などと呼ばれことからも想像がつくように、好況が
長く続いたとはいえ、たとえばGDP成長率、賃金上昇率などをみれば明らかなように、高度成長期の
好況とは比べものにならない低水準である。実感なきまま進んだ好景気は、2007年アメリカで
起こったサブプライムローン問題によって、アメリカ国内の投資と消費が急激に縮小したことで、
後退していきました。そこに追い討ちを掛けたのが、2008年9月のリーマンショックです。

◆ 「アベノミクス景気」: 2012年12月に始まった「アベノミクス景気」が、1990年前後の
バブル経済期を抜いて戦後3番目の長さになった。世界経済の金融危機からの回復に歩調を合わせ、
円安による企業の収益増や公共事業が景気を支えている。ただ、過去の回復局面と比べると内外需の
伸びは弱い。雇用環境は良くても賃金の伸びは限られ、「低温」の回復は実感が乏しい。


by kfujiken2 | 2017-09-13 14:21 | コラム | Comments(0)

「忍びの国」

久々歴史時代劇と思い「忍びの国」を観て来ました。

史実に基づいた天正伊賀の乱(伊賀国で起こった織田氏と伊賀惣国一揆との二度に渡る戦いの総称)を
題材とした小説を映画化したのには違いありません!
3Dを駆使したアクションや格闘のシーンは迫力ありましたが、「映画 怪物くん」の主演・嵐の大野智さんが
演じているからと言うの訳ではありませんが、まんがチックな、アニメチックな映像が多かったです。
天正伊賀の乱が時代を動かしたというメジャーな事件&出来事ではないので、知る人ぞ知るということで、
背景がよく分からないため歴史映画というより、正に戦国エンターテインメントです。


d0061579_10434955.jpg

d0061579_10441219.jpg


伊賀忍者の詳細は、後世には今ひとつ伝わっていません。
いま風に言うと 「忍者の人材派遣会社」 のようなものだったようです。
各地で戦乱が起こっている戦国時代、各勢力が他の勢力に援軍を求める事はよくありました。
伊賀には 「忍術」 が発達していましたから、伊賀に依頼される援軍には、
当然 「忍者」 としての活動が求められます。
「潜入」、「諜報」、「かく乱」、などなど・・・
伊賀忍軍は依頼に応じてそれらの仕事をこなし、そして報酬を貰うと言う勢力になったようです。
ある意味 「傭兵」 的なのですが、忍者の仕事は戦うだけではなく、むしろ戦いを避けつつ行う
裏工作を行うのがメインでしたから、やはり 「傭兵」 と言うよりは、「人材派遣」 というか
「仕事人」 というか、そんな感じだったようです。
伊賀忍者たちは、「上忍三家」と呼ばれる服部・百地・藤林の三氏によって統率されていたと
言われています。
徳川家 に仕えた伊賀忍者たちは、徳川幕府 が開かれた後は 「伊賀同心」 と呼ばれ、
忍びの技術を持つ侍として、その後も警護や護衛などの職務を務めました。
第8代将軍・徳川吉宗のころには、御庭番という幕府の役職で将軍から直接の命令を受けて
秘密裡に諜報活動を行った隠密をさした。

by kfujiken2 | 2017-07-04 10:49 | コラム | Comments(0)

「前川の乱」は官邸と文科省のけんか

前川の乱は、前文科省事務次官・前川喜平氏が「総理のご意向」などと書かれた文書は、私自らが、担当課から説明を受けた際に示されたと証言したことに端を発しますが・・・
この勇気ある告発は、官邸の謀略への反発だと推察します。


d0061579_1223811.jpg

d0061579_12233399.jpg


天下り問題で、官邸のパフォーマンスに利用されたという思いがある。
つまり、前川前次官は悪の権化のように扱われ、自主退職を強要されたわけだ。
この程度のことで懲戒免職なんてことは絶対にないのが霞が関。自主退職させる
としても通常の人事異動の時期まで待つのが普通だそうです。
安倍政権の厳しい対応には、加計学園問題で官邸の意向に逆らった文科省への
見せしめ懲罰という側面があったことも確実だ。
文科省は、正論を貫こうとしたら、力ずくで抑え込まれたという被害者意識を持っている。
前川氏が、行政が歪められたという趣旨の発言をしたのはその証拠です。
文科省側に、強烈な反感が芽生えたとしてもおかしくない。
今回の前川氏の行動は、完全な個人の単独行動なのだろうか。
前川氏には省内に多くのシンパがいると言われる。当然退職後も部下たちから、
官邸に対する恨み節を聞いていたはずだ。
文科省という役所の行政が官邸の横やりで歪められ、強大な官庁と違い、
ひとり天下りで悪者扱いされた。このままでは、文科官僚の誇りも自信もズタズタにされたままだ。
加計学園問題が本当に政権を揺さぶる事態になるのかどうか。
その行方を占うカギは、文科省の現職官僚の中から「四十七士」が
登場するかどうかに掛かっている。


理解し難い問題が2つ・・・

◆ 菅官房長官は前川氏が文科省の天下り問題で引責辞任したことに触れ、「当初は地位に恋々としがみついていた」と述べた。

しかし、前川氏は文科省の違法な天下り問題を受けて「引責辞任は自分の考えで申し出た」、「官邸からも大臣からも『辞めろ』とは言われていない」と述べている。

前川氏に対する「個人攻撃」を繰り返し、同氏の証言の信ぴょう性を低下させる狙いがあるとみられる。


◆ 前川氏は「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた。公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられた」と主張。自身については「非常に疑問を感じていたが、まっとうな行政に戻せず、結局押し切られた責任は大きい」と陳謝した。

それに対し、自民党の竹下亘国対委員長は記者団に、非常に疑問を感じていたならば「(前川氏は)現職の時に対応すればいいものを今になって何を言うのか」と不快感を示した。


時事通信社 特別解説委員・田崎史郎氏曰く、「3年前に、内閣に人事局が設置されて、総理と官房長官が、霞が関の局長以上の600人の人事権を握るという形になっている。
官僚たちは、人事権を握っている人になびくから、官邸の方を向いて仕事をせざるを得なくなっている。それが現実」と話している。
つまり、現職の時告発していたら、免職処分は必至だ!!!

by kfujiken2 | 2017-05-31 12:44 | コラム | Comments(4)

「ロストシングル」

「ロストシングル」という言葉をご存知ですか?

私がこの言葉を知ったのは、つい最近のこと。

夫や妻、パートナーと死別して、ひとりぼっちになってしまい、
立ち直れないまま精神的にボロボロになって暮らしている人を
「ロストシングル」というそうです。
そういう人が増えていることが、深刻な社会問題になっているらしい。


d0061579_8524021.jpg


パートナーの死後の悩みで、「話相手がいない」は、女40%に対して男は100%。
d0061579_8542638.jpg

「一緒に行動する人がいない」は、女20%に対して男は80%という数字がある。
d0061579_8551842.jpg

男の方が立ち直りに時間がかかり、死亡率も高まるという。
朝日新聞の調査によれば、配偶者に先立たれてからの平均余命は、
女性の場合22年、男性の場合は5年なのだそうだ。
(ただし、調査対象は65歳以上の夫婦である)


問題の多くは、食事・飲酒・家事・孤立など様々なものがあるようですが、
話し相手がいないというのが最も大きいようです。
趣味を持ちカルチャーセンターなんかに行き、グループに入るなどしなければ、
コミュニケーションがなく孤独感にさいなまれる結果になってしまいます。

男の場合、仕事にかまけて地域との“ご近所づきあい”をおろそかにしている人が多い。
そのため、子どもが独立し、妻に先立たれてしまうと、誰とも口をきかなくなってしまい、
うつ状態に陥ってしまうことが多い。
配偶者に先立たれると、「希死念慮(きしねんりょ)」を抱く人が多いという。
「希死念慮」というのは、「早く死にたい」、「早く逝きたい」という想いのことだ。
俳優の仲代達矢さんも、奥様を癌で亡くされたあと、「後追いもあるかな…」と考えたそうだ。

配偶者が健全な人には、「ロストシングル」に陥る人の精神状態は理解出来ないと思う。
いずれは誰もが一人になることは考えておかねばならないことで、
少しでも自分で出来る様になっておかねばならないのは必須でしょうね。

by kfujiken2 | 2016-10-06 09:06 | コラム | Comments(0)

「豊井を知る教室」

昨日豊井公民館に於いて、公民館活動の一環として行われる「豊井を知る教室」を、
【とよい今昔探訪クラブ】」の1回目の講演・我がふるさと豊井というテーマで講演をしました。
講演というより発表と表現した方が的確かも知れません!

d0061579_9492795.jpg


【とよい今昔探訪クラブ】とは、豊井公民館内に発足したクラブで、会則に目的がサークル活動を
通じて、会員相互の親睦を図るとともに、地域の歴史・文化・産業に触れ地域社会に貢献する
学習活動を行うことを目的とすると硬い言葉で定義されていますが・・・
分かり易く言いますと豊井地区の今と昔とを思い比べ、昔のさまを現場に行ってさぐり歩こう
というクラブなんです。現在メンバー15名が毎月第3火曜日午後1時30分より月例会を開催して、
頑張っております。


さて講演(発表)の話に入りましょう・・・
一部「豊井風土記」・二部大谷渓谷の自然と歴史的意義 ~ 下松近代化の礎-大谷農工遺産 ~の二部構成で発表しました。
清木会長の挨拶に始まり、豊井今昔探訪マップを基に、プロジェクターを使いスクリーンに画像を映しながら、
一部・武居悟氏が豊井風土記と題し、歴史・大谷ダムの文化遺産・神社仏閣・自然・産業・施設等諸々を
説明しました。

d0061579_10154423.jpg

d0061579_1016372.jpg

d0061579_10165284.jpg


休憩を入れ、二部・戸取征二郎氏が約300年前のとよい絵図「地下上申絵図」や、70年前の米軍が撮影したとよいの航空写真や、大谷渓谷を甦らせようというポスターを使い説明しました。
d0061579_10211621.jpg

d0061579_10213190.jpg

d0061579_10214319.jpg


過去郷土史の色んな発表会を聴講に行きましだが、勝るとも劣らない発表会でした。
第2回目が何時になるか分かりませんが、現在桂木山や磯部家や大谷円筒分水工などを
研究・模索していますので、近い内に発表できるのではないでしょうか?


看板を立てたいが予算がない、写真をブリント拡大したいが費用が掛かる、
大谷円筒分水工の周辺を整備したいが金がない、下松市や教育委員会の支援というか
援助が欲しいもんです。

by kfujiken2 | 2016-09-05 10:25 | コラム | Comments(0)

「天皇陛下のおことば」に対し、あなたは如何に思われますか?

憲法改正がとやかく言われている中、先日発表された「天皇陛下のおことば」の中で、
年をとるに従い象徴の務めを果たすことが難しくなるとする一方で、大きく公務を減らしたり
代役を立てたりすることには否定的な考えを示されました。
そのうえで、象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことを願われた。
この「天皇陛下のおことば」は、「生前退位」には直接言及されないものの、
天皇陛下の生前退位の意向が強くにじむものものではないか?


生前退位の世論調査で「生前退位を認めてよい」が94.3%という結果が発表されました。
つまり、国民の多くが理解を示しているということです。




◆ 【皇室典範】とはなにか? この皇室典範がややこしい・・・
憲法ではないが、 大日本帝国憲法とともに1889年2月 11日に制定された法律で、
改正には国民や帝国議会は一切関与できないものとされた。
新「皇室典範」は第二次世界大戦後、旧皇室典範は廃止され日本国憲法と同時に施行され
普通の法律と同じになった。現在は改正は国会が行う。
日本国憲法第2条及び第5条に基づき、皇位継承及び摂政に関する事項を
中心に規律した皇室に関する法律である。


一番の問題となるのが皇位継承でしょう!!!
現皇室典範 第一条:皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する。
現在の皇族において、若い男性皇族がおらず、敬宮愛子内親王誕生後、
皇室典範の改正が議論されるようになったが、平成18年(2006年)9月に、
悠仁親王が誕生し、「典範改正」の議論は沈静化している。
皇族男子の誕生は41年ぶりであった。


さて、天皇陛下の生前退位の問題ですが、皇室典範は恒久法であり、現在の皇室典範では
天皇が崩御した時のみ、皇太子が世襲で即位することが定められており、それ以外の方法で
退位や譲位が行われることは想定されていない。
皇室典範とて法治国家日本においては法律の一つに過ぎない。国会の承認があれば、その改正は可能だ。
ところが、問題はそれほど簡単ではない。そもそも皇室典範に生前退位の定めがないのは、
政府にできればそのような事態を避けたい理由があったからだった。
一般には生前譲位が可能になると、天皇が退位後も上皇や法皇などの地位から政治的な
影響力を持つことになる恐れや、逆に本人の意思に反して強制的に天皇が退位させられる
ことも可能になる恐れがあることなどが、指摘されている。
大正天皇のように退位はせず、のちの昭和天皇が「摂政宮」となってすべての政務を代行すると
いう方法はありますが、生前譲位が行われない限り天皇は天皇で、摂政宮は天皇ではない。


※ 男系の男子とはどういう意味ですか?詳しくは分かりませんが、
現在までは男系で引き継がれております。しかし、これは、必ずしも天皇の子である男子とは限りません。
直系に男子がいなければ、分家から出しています。昔のように何人もの側室をはべらしていた時代とは
違うんです。一夫一婦制となった現在では産まれなければ仕方ないではないですか。
ここでハテナ?と思ったことが、これも絶対想定外とは言えないと思います。
明治時代までの一夫多妻だったら、後妻・再婚を考える必要はなかつたでしょうが、
一夫一婦制となった現在では、天皇の再婚ってあるのでしょうか?


◆ 『女性天皇』と『女系天皇』は全く違います。
『女性天皇』とは読んで字のごとく、女性の天皇のことです。
『女系天皇』とは女性天皇と民間男性との間にできた子が天皇になった場合のことを言います。
今上天皇は125代目ですが、過去一度も男系を外れたことはありません。歴史上では天皇の娘が
一時的に天皇に即位したことがありましたが、いずれも緊急避難的な措置であって、必ず男系男子の継承者に
即位させています。この『女性天皇』は歴史上10代・8名が存在したと聞いています。


もはや理由などどうでもよいではないですか? 男子の跡継ぎがいなければ女子でも
いいではないですか。皇室典範改正をしないで、憲法改正を強行しようとするは間違っている!!!

by kfujiken2 | 2016-08-26 09:35 | コラム | Comments(2)


山口県の歴史・風景・花や世相のトピックをお届けします


by fujiken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

風景
歴史

コラム
未分類

リンク

アクセスカウンター


クリックして貰えると幸せます

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
クリックして貰えると幸せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして貰えると幸せます。

春葉のブログ~心の声を墨にこめて~

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

最新の記事

散りぎわの美・ 五色八重散椿..
at 2019-03-25 11:29
あなたも新元号の予想をしてみ..
at 2019-03-17 11:55
古墳時代の『後井古墳(ごいこ..
at 2019-03-12 10:50
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-08 13:03
大梅山通化寺~遊撃軍の本陣 ..
at 2019-03-06 16:26
江戸城の歴史と皇居の謎
at 2019-03-03 14:58
天皇とは何か?・・・不謹慎な..
at 2019-02-27 11:48
一足早く春の訪れを知らせてく..
at 2019-02-24 09:57
ノーベル賞レベルの線虫による..
at 2019-02-20 14:11
天皇の神格化
at 2019-02-15 12:46
ホテルのバイキングランチ
at 2019-02-10 09:35
亥年は荒れる・・・
at 2019-02-05 09:46
”西のお伊勢さま” 山口大神宮
at 2019-01-25 10:56
飛鳥時代(7世紀)の代表的な..
at 2019-01-22 09:24
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-20 09:43
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-17 11:16
菅原道真公が筑紫(大宰府)へ..
at 2019-01-15 14:16
降松神社と鷲頭寺の関連・・・..
at 2019-01-10 13:28
素朴な疑問 ~ 清水寺の謎
at 2019-01-04 10:00
昨年はお世話になりました
at 2018-12-31 21:25

ブログジャンル

歴史
中国

フォロー中のブログ

四季の風景
6ワン’s mom
つれづれなるままに
四季折々
より美しく!より健康に!
季節の花々に癒されて
時の流れのままに
風に吹かれて~♪
月の沙漠を
hiroshijiji1...
おいしいマイニチ
一期一会 ~あけぼのフェ...
♪Princess Cr...
農園のドタバタ奮闘記
俺の心旅
言の葉の優しさに・・・

画像一覧

最新のコメント

態々ご連絡ありがとうござ..
by kfujiken2 at 10:03
もちろん、私も適正な補修..
by なすび at 13:04
なすびさん おはようござ..
by kfujiken2 at 07:34
案内所になっている建物、..
by なすび at 17:22
>単なる鄙びた村というか..
by kfujiken2 at 10:08
私も佐々並には行きました..
by なすび at 18:08
>会津生まれ まるで韓..
by 再び明治維新が必要 at 19:04
アリエスさん おはようご..
by kfujiken2 at 08:18
>また、毎年9月日本史を..
by 白虎 at 23:42
貴方が言われていることも..
by 会津生まれ at 20:27
おいでませ、長州より発信..
by kfujiken2 at 15:57
早速 探しました。 すぐ..
by りこ at 11:05
私はブログをやっていませ..
by なすび at 21:01
なすびさんのサイトを紹介..
by kfujiken2 at 09:05
戦争ができないとヤバいで..
by なすび at 11:48
ご指摘痛み入ります。 ..
by kfujiken2 at 10:28
会津の人間です。 記事..
by あかべこ at 05:24
貴殿は気づかれていないよ..
by なすび at 13:09
既に辞めている前川さんが..
by kfujiken2 at 10:59
引責ではありません、立派..
by なすび at 09:00